FC2ブログ

日本酒感想日誌

【878】山形正宗 純米吟醸 雄町 袋採り直汲み 29BY

  0   0


思っていたよりちょこちょこやっている山形正宗
一昨年やった雪女神、あとはずーっとまえのコレなんかは良いイメージ。
ぎゃkぅに出羽燦燦とブログ始める前に飲んだ純吟赤磐雄町なんかはいまいちな印象が残ってるけど。
その辺も今やったら違うのかなあ。
赤磐雄町なんかは今はヴィンテージ展開やってるんですよね。
これが良かったらやってみますよ。

今回は雄町55の袋吊り直汲み。
イメージとしてはバナナ、マスクメロン系でこの蔵っぽいすっきりもありつつ、この蔵の中では味が出ているイメージ。
出羽燦燦なんて僕の昔のイメージだと甘みゼロのグレフルって感じでぜんっぜん物足りなかったんだけど。
ちゃんと出て美味しかった記憶があるのです。
4年ぶりか。

袋採り直汲み。
酵母14号(金沢)らしいですがマジかあ。
過去の記憶の味ではあんまりそんなイメージではないのだけれど。


20180224_230304~0120180224_230314~01



上澄みから。
あー確かに金沢っぽいな。
もっとさらっと水っぽいイメージだった、記憶では。

それなりに味でてますよね。
雄町だもんね。
ふわっとバナナはやっぱりあります。
クリアーでいい意味の水っぽさもあります。
そこに金沢っぽい酸が入りますね。
カラフル系でジューシーなんですが、ちょっと厚みがあるんですよね~金沢の酸は。
それが少しエキスっぽかったり、軽く苦味渋みみたいに感じる人もいるみたい。
薄く作って寝かすのがいいと思うんだけどな~金沢は。
いや醸造にかんしては素人なのであくまでイメージです。

まあまあまあ。
全然悪くはないですよ。
ちょっと酸のところだけ記憶の中と違ったもんで。


攪拌してみましょうか。
あー言ってなかったか。
そういうもんだと思っていたのであれですが、薄濁りです。
すっごい濃いわけではないですが、直汲みとか袋吊りでナチュラルに絡んだというより、意図的にしっかり入れてるうすにごり。

まあでもいいですね。
でもいつもより味が出てるんじゃないの?
そんなことない?
さらっとした甘みはやっぱりバナナ。
でも純米酒的に野暮ったくはなくて、うまく少し水っぽくしたように伸ばしてくれるんですよね。
この水のタッチがこのお酒の記憶です、もっとあれなイメージでしたがちゃんとあります。
冷たくて澄んだ湧き水の感じというか、ごく薄く繊細にミネラルも感じてね。

あとは酸味。
そんな尖ったものではないですよ。
たおやかに流麗とかといういうのよりは少し厚いですが。
柔らかさのところはうすにごりのさらっとやらかいパウダリーが補填しますんで。

まあしつこくないジューシーですね。
きちっと甘みもありつつ、溌剌とした酸の鮮やかさがフィニッシュまでシュッといってくれます。
前述のいい水のイメージも感じさせつつ、軽く渋みで締めつつというフィニッシュでしょうか。
渋みなんかもとげとげしくなくて、モダンな演出になってます。

そんなにバナナバナナもしてなくて酸の分すこしブドウもあるような。
入りは柔らかいけどきりっとしてるねえ。
そんなに太くはないけど、しっかり骨格のあるテイストで。
かすかなコクに、酸が旨い感じも乗って、いい感じの旨味もふわっと漂わせます。


いいと思いますよ。
ゆっくりやってみてください、いろんな良い表情が見えると思います。
あーやっぱすこしグレフルもでてくるなあ。
でも砂糖まぶしの少しコクっぽいかんきつみたいな甘みも出てくる。
たとえばワイングラスでやるなら、あえて白用のソリッドな奴じゃなくて、ブル用の大きいやつでやるのがおすすめ。
何となく。

すこし気分と違いはしたのですが、しっかり楽しませてくれるお酒でございます。
美味しいですよ。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2170-f311c0d9