FC2ブログ

日本酒感想日誌

【884】米鶴 純米大吟醸 雪女神 生酒 29BY

  3   0



これとかもうぶっちゃけなんで買ってんだよって感じですが。

今年2本目の米鶴
雪女神は山形の新しい酒米ですが、ここまでそんなに回数は多くないものの何となく好印象であります。
いちおう大吟醸用というか、ハイクラス用を想定したお米みたいですね。

米鶴さん的には今回はじめてというか、お試し試験醸造的らしいです。
高畠というのは米鶴さんのおひざ元ですがお米の産地としては非常にいいところで有名みたいです。
蔵王のふもと、といっていいのかわかりませんが、ワイナリーなんかも名が通ってますね。

スペックは磨き50。
酵母は18号と7号を使っているようです。
日本酒度-1、酸度1.7という構成。
まあ何となく最近のお酒はこれくらいが一番よくある数字になってますよね。

唯一の不安があるとすれば日陰に段ボールとはいえ、冷蔵庫に入らずけっこうな期間屋外保存してたこと。
悪くなってたらごめんね。
でも長期保存でもしなきゃ結構いけるって。
秋冬は一軒家ならレマコムなんていらんよなー。



20180304_013831~01


瓶口からは可憐なカプでイチゴ系。
行ってみましょう。

あらあ、これは良いですね。
ニュー米鶴、3本目ですが、その中ではこれがベストです。
やっぱ雪女神かなり行けんじゃね?

さらっとふわっとエアリーなタッチで最後まで行きます。
さぁっと細かく均一な粒子か溶けていくさまが美しい。

香りもいい具合ですねえ。
成分はカプ、ただし優しくふんわりちょうどい香り方。
やはりイチゴにちょいミルク、あとはバナナメロンって感じ。
ラベンダー?わからなくもないな。
温まってくると極々絞ってコントロールしたフローラルにいい意味で若い青いようなね。
すこしハーバルなのかなあ。
それもいいですよ。

しっかりスイートでキュートなんですが清楚、上品、可憐。
とにかくお嬢様テイストとしか言いようがない。
そして酸もはっきりとありますが、エッジが立つ鋭いものや、ビビッドに厚みのあるものではなく。
たおやかに程よく練れた印象の酸でございます。
ただ酸の放つ輝くが、きちんと優しいイチゴミルクなスイートさにアクセントをつけて。

そして酸がリードしてくれてのピッとした、キレ感。
きびきびとしたフィニッシュで微かに薄皮一枚辛い雰囲気が、かえって余韻に鮮やかに前半の風味を残すような。


問題の屋外保存、どうですか。
もしかしたらひと月くらい寝かせてたんじゃなかろうか。
村内破綻は感じない、もしかしたら少し香りのところで練れていて育っているようなニュアンスはあるので。
それがお外の温度の変動がある中での熟成のせいかな。
味わい的には破綻はしてないし、かえっていい具合に育ってるかもね。
オススメはしないけど、そんな無茶苦茶なことにはならないよ。
あくまでもほぼ陽の当らない日陰ですが。

まあしかしコレはグッドですよ。
米鶴、まだまだこれからどんどん良いお酒出してくるかもしれませんね。

まずしっかりスイートなのが良い。
ここまで軽く少し霞んだような乳酸テイストは感じていたんだけど。
これは一歩進んで、しっかりミルキーでスイートなんだけど。
それがやりすぎてなくて絶妙、もちろん香りもね。

スマートさ、少し青くクリーンさも出てくるんだけど。
それもまたいいニュアンス。
その辺は温度で調整してよ。

さらにそこからしっかり瑞々しさとか7号の酸がでて。
それも激しくなくて、たおやかな流れですが、きちっとブライト。
ぱっと光の影が散った後は、さっと溶けて、辛いまで入ってないけど極々わずかに辛い雰囲気も出る鮮やかなキレ。

大変結構なお手前で。
ぶっちゃけある程度美味しいことはわかったうえで、そんないは期待していなかったけど。
これhが大変素晴らしいお酒でございます。

ガス酒が好きな僕がいうのもなんですが。
別に酸とか、軽さとか、流れとか抑揚とか、フィニッシュの雰囲気で。
しっかりスイートであっても、しっかり演出効かせて、飲み心地もいいお酒がここまで造れるんだぞと。
可憐で品があってフィニッシュも鮮やかな、スイート&ミルキー酒。
これこそ花見で。
いや空気が春めく日が増えてきて花見気分なだけなんだけどさw
いまなら春酒もイケるかもしれない。

ピュア&ミルキーで。
微妙に練れた旨味も感じ。
兎に角やさしくて清楚に可憐なイチゴミルクがねえ。
これは良い。
米鶴というもともとしっかりした蔵と、矢崎さんのケミストリー。
これはまだまだ高まっていきそうですね。


2日目。
うん、相変わらずよくできたカプエチ。
あえて言えば昨日より普通に18号の酒っぽいか。
いやいやいや。
それでもやっぱり軽やかにイチゴミルクで。
すっごい軽いって感じじゃないけど、溶けは良好。

あとは流行り中なんで刺す昼の陽光のような酸。
鋭くもなく、厚くもなく。
ぱっと明るい光がさすという。
それがあるからこそ、ミルキー感も明るく溶け良くイチゴミルク。
明るい白さ。
うまいっす。







3 Comments

甘口酒 says..."No title"
待ってました(^^

良さげですね~。
日本酒度も-1で個人的には安心材料です(笑
今度、秋〇さんにでも寄って購入してみます♪
まだ在庫あるかな…。

先日、新政 エクリュ 2016を入手したので飲んでみたのですが
初日は特徴が無い(^^;
あまり日本酒飲んでる感が無くて飲みやすかったのですが、
何か物足りない…。
2日目で甘みが出てきて、3日目で苦みが。
燗をつけてもパッとせず。
ベストは2日目でしたが、う~ん。
ベーシックなのを飲んでみるべきなのかな…。

今回もためになるインプレありがとうございました~(^^♪
2018.03.05 07:16 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 甘口酒さん"


その名の通り、甘口好きならこれはマストといっても過言ではないですね!
ちょっと言い過ぎかw
でも良い仕上がりで素直に楽しめました。
ぜひ早めに確保しておいてください。
最近秋〇さんいってないな~久しぶりにいかなきゃ。

2016だと28BYですよね。
新政のカラーズ(火入れの木桶)はまだそっけないと思いますよ。
特に甘口すきならなおさら(笑)
あれは2年3年くらい寝かせたほうが面白いですね~。

たぶんNo.6(こっちのシリーズは生酒)のほうから入ったほうが良いです。
僕は嫌いじゃないんですが、No.6でもそれほど派手でもないので、合わないと思ったらスルーもありだと思いますけどね。
もしかしたら陽乃鳥(貴醸酒)のほうが楽しく飲めるかもしれません。
貴醸酒としてはスイスイいけるほうですしアレは好きですね。


2018.03.05 15:25 | URL | #- [edit]
甘口酒 says..."No title"
なるほど。
次回購入出来たら寝かせてみますね。

新政と言ったらNo.6かな~とは思っていたのですがなかなか
見かける機会が無くて…。
秋〇さんとこも扱い始めたので寄った際にあれば店員に相談して
みます。

貴醸酒は笑四季しか飲んだことないので、新政を含め
他の蔵も飲んでみようかな。

情報ありがとうございました(*^^*)
2018.03.06 07:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2181-11ede44b