日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【900】金鶴 純米 拓 29BY

日本酒
  • comment2
  • trackback0


続けて新潟酒ですが、全く違うお酒です。

2年前かな、佐渡一周をやっって、佐渡酒にちょこっとフィーチャーしたことがありました。
佐渡島には5蔵あるにですが、有名なのはYK35の北雪、あとは最近だと至ですか。
あとは天領盃と真野鶴と続いて、おそらく一番マイナーなのがこの金鶴だと思います。

ただ佐渡に行ったときにカップ酒ですけど、飲んでいいものを感じて。
ちょっとちゃんとやってみたいなと思いました。
佐渡産のお米に拘ってるみたいで、つーか全量佐渡産米らしいっすね。
このお酒はいわゆる有機栽培的な製法で育てたお米で造っているらしいです。
包み紙に栽培レポートが書いてあって面白いです。

五百万石のものもありますが、今回はあえてたかね錦のものを選びました。
良くも悪くも、カプとか無濾過生とかそういう蔵ではないので、素朴な良さに期待です。

これも出荷は30年1月何ですが
はたして新酒なのかどうなのか。
火入れの純米の定番ですからね。
大吟があるくらいで、純吟すらないんだから、生なんてあるわけないんだよ。
でも新酒らしいっす。




20180318_234128~01


まずは冷やでね。

あー癒し系。
いやでも旨いんだよこれマジで。

バナナ系の香味ですね。
ただまったりした感じ、古臭くて田舎臭いような感じはしないと思います。
僅かに柑橘系の雰囲気も入って、静かに酸味も感じさせながら、きりっと行ってくれます。


いいねえ、これを求めてた。
軽いバナナ、やさしくシュガーな甘やかさは、ややカスタードっぽくもあり。
火入れ、加水的なフラットさ、スムースさはあるが、薄くはない。
優しい甘み。
酸のきりっとしたとこもあって、最後にほんの少しビターや辛味があるかといった感じで、すこしドライな雰囲気なのかな。
フルーティではないが、シュガーな甘みをちょうどよく感じさせつつ、もたつかない。
優しい素朴な味わいと、辛くないキレの良さ。


ゆるゆると、なんぼでも飲めるお酒ですね。
今の状態でも十分ですが、これからまた育っていくでしょう。
その過程も楽しみなお酒で。たぶん2年3年、全然いけますよ。
野暮ったさや嫌なニュアンスがないなあ。


ぬる燗。
というには少し熱めからスタート。
あーいいっすねえ。
純米バナナ的な甘みと、ほどよいドライさのバランスが5:5で絶妙。
ちゃんと旨いんだけど、ノーストレスにしみわたる。
新酒なのか熟成なのかわからんけど、程よいコク感もちゃーんとある。
やわらかくて、そんでもってキレもいい。
切らしすぎるんじゃなくてね。


包み紙を読むと、農薬や化学肥料を使わない、さらに田んぼを耕さない自然な農法で4年コメ作りを地元生産者の方と共同でやっているようです。
いうのは簡単ですが、いろんな工夫をなさっているようですね。
お米の収量も限られるようで、白米1150kgの小仕込みになっているみたいです。

俺はこの酒売れてほしいなあ。
久しく飲んでないけど、勝駒が売れているんだったら、これだって売れてもおかしくないと思うんだけど。
ところであれが売れてるのはなんでなの?
なんかで取り上げられたの?
特吟がすごくおいしかったりするの?
久しぶりに飲んでみようかな。


こういうお酒こそ都内の酒屋さん売りなよ。
カプだけじゃなくてさ。
意識高そうなやつに売れんだろ。
それで旨くなかったら駄目だけど、これはうまいよ。
これ飲んだ後にキングオブモダンライト飲むと、良くも悪くもカプだなあってなるもんn。


2日目。
常温グレンケアンでいってみっか。
柔らかくて、軽い!
でもちゃんと繊細な甘み、酸、旨味。
それぞれきちんと立ってる。
いくらでも延々と飲めるやつですね~。

火入れ純米のいいやつって感じ。
微かな香り含めて嫌なとこ皆無。
いまの状態でもパーフェクトに良いけど、1年成長に付き合いたいお酒でもありますね。
当て言えば地味な静岡系かな、練れ感とか。

今の流れから言えば特徴なく味のない純米なんだろうけど。
カプとか、かあるいはカプじゃないけいけど酸出してモダンとか。
それだけじゃないんだよ、日本酒は。
モダンモダンばっかのやつは2流だよ。
クラシックも最高!

クッソ拘った米で、あえてハレの日向けじゃなくて、普段用の酒つくるこの男気?
いいわあ~。
もしかしたら、これって日本のどの地域でもその辺に普通にあるの、ちょっと出来のいいやつなのかもしれないけど。
最近の日本酒ムーブメントに毒され気味な我々としては、次に開拓すべきはこの辺かな。

ほんとに醸造家の考え方ひとつよね~。
愚直に伝統を守る人もいれば、最新技術を追い求める人もいるし。
ただモダン系の伝道師は多数いるのでモダン系を知りつつも土着クラシックど地味系の伝道師がいてもいい。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

nao
No title

はじめまして。いつも楽しく拝見しています。
金鶴、地味だけど美味しいですよね。
例年通りなら、初夏に純米吟醸の生も出ますよ。
もし機会があれば。

新潟在住なので、最近新潟のお酒がupされていて嬉しいです。
また更新楽しみにしております。

  • 2018/03/20 (Tue) 12:53
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: naoさん


はじめまして!
コメントありがとうございます。

金鶴ものすごーく地味ですけど良いですね。
なぜか好きになってしまいます。

生のものがあるとは知りませんでした!
ちょっとイマドキっぽい商品も飲みたかったのでこれは素晴らしい情報に感謝です。
チェックしてみます。

今年は新潟酒多めですね~。
新潟のお酒もどんどん変わっている最中で面白いです。
まだ何本か控えておりますのでお楽しみに。
これからもよろしくお願いします。




  • 2018/03/20 (Tue) 21:28
  • REPLY