日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【905】月不見の池 純米大吟醸SP 五百万石45 直汲み中取り無濾過生 28BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

ツキミズもつい色々買ってしまって何本か手元にあるのですが、そのなかから熟成。

これもSPではあるのですが、普通のツキミズってあんまりやってなくて。
数年前までは新潟の酒には珍しくかなり甘口テイストだったんだけど。
最近は俺が飲むSP系は比較的スッキリ系になってきているので。
これはどうなんでしょうね。

28BYです、製造年月日は2017.02。
糸魚川市早川谷産五百万石45。
この蔵のハイスぺ系は初めてなのでどうなんでしょう。
超低温貯蔵庫で1年熟成だそうです。
ちなみに越淡麗38もあります。


20180328_233158~0120180328_233220~01


おお~こっち来ますか。
こういう熟成になるんだ。

西のお酒っぽい味の出方を、スッキリ軽快にという感じかな。
王禄とか好きな人は好きだと思う。
やっぱり謙信の熟成に近いとこもちょっとありますね。

酸味がはっきりと。
そこに軽く熟成したエキスっぽさが乗って旨さを感じさせます。
さらっと乗ってくる甘みはサイダーのようでもあり、極めて甘さ控えめのこし餡のようでもある。

酸タップリの王禄系な味わいなんですが、フルボディにパワーで押していくんじゃなくて。
さらっと捌けるのは面白いですね。
中盤の味わいもしつこくなくて、独特の甘み。
軽ーく渋み、苦味があるかなという感じですが、ほうじ茶のような熟成感は出ないですね。
それでいて上質なお茶っぽいライトな収れん性というか。
余韻も変に味が残りすぎずに良いです。

軽くまだガスが生きていて、そんなバシッと決まる感じではなくミネラル感。
さらっとパウダリーに溶けていく感じでしょうか。


面白い育ち方してますね。
これがウメェ、最高だ!って言われても俺もなにこの変態……としか思わないけど。
バリエーションとしては面白いですし、普通にスイスイ進んじゃいます。

まだ通常の商品も結構変わって言っている最中の蔵なので。
この辺の熟成の商品ももうすこし煮詰まってくると楽しそうですね。
あーでも最近のライト系の設計なのかな。
すこしエキスが出てきてるけど、フレッシュゆるシャキのぶんここで止まってるのか。
それで甘みが育ってきたたと。
なるほどなるほど。





関連記事
スポンサーサイト



Comments 0