日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【908】総乃寒菊 OCEAN99 特別純米 凪 spring 29BY

日本酒
  • comment4
  • trackback0

相互リンクさせていただいてるろっくさんのインスパイア記事でございます。

じつはその数日前にうえもでチラ見して、まったく知らないのとインパクトあるラベルで気になっていたんですよね。
九十九里のど真ん中にある蔵元なのですが、あんなとこにも酒蔵があるんですね。
千葉も特に南のほうは自転車で走ったりして、マイナーな蔵も目にしてはいるつもりでしたがノーマークでした。
ビールなんかも造っているようで、いよいよ日本酒のほうも本腰入れて改革というとこなんでしょうか。

しかし商品名がとっちらかっちゃって押しの強いこと(笑)
オーシャンダブルナイン凪スプリングってもうむちゃくちゃだよw

でラベルがやたらピンクで春酒カプエチボンバーかと思いきや。
酵母9号で雄町、磨き60の特別純米表記と。
この時期わざわざ千葉の蔵が岡山の雄町で9号で春酒ってのは微妙に攻めてるような。
面白いですね。

蔵元の地下より汲みあげたちょっとミネラル分のある中硬水を使っているそうで。
またさらに表記はないですが直汲み仕上げだそうです。
期待できますね。


20180331_001419~0120180331_001431~01


おっ。

なるほどこっちだったのかろっくさん!
ここでこの邂逅はなかなか面白いですね。
やっぱりこういうのが受け入れられる流れができつつあるということなのか。

最初に浮かんだのは白老ですよ。
というか白老ですね。
香りやや甘め、テンポslowly、ガスはありますが弱め。
あとは良くも悪くもエキスっぽさと、それをミネラル&ガスなちょっと辛口テイストで切らすタイプ。
でもやっぱりこの設計が美味しいんですよ。
白老とともにこういう銘柄が出てきたのは、個人的にはすっごく興味深くて面白いです。

バナナリンゴでもあるんですが、ややチャーミングに桃とかイチゴなイメージ。
やや重めにエキス感があって、良くも悪くも粉っぽくパフューミーなんですが。
それをミネラル感とガスが、もたつかせずに舞い上がらせる、立ち上げるようなイメージ。
それが旨いんですよね。
さらにそこに高めの酸が入るのも必須なんでしょう。

この方程式が白老以外でも出てきたのは良いですね。
僕としてもコレ、ひとつの路線として、成り立つんだという。
なにかこれを絶賛してたのが間違ってなかったんだという確信を得ました。

前述したように、白老と比べると、ガスがやや静かな分、エキスの重みでスローなテンポ。
ただその分じっくり腰を据えて旨いですね。
黒潮のような重厚さ。
それでも少し、香りがチャーミングな分モダンさもでてていいバランス。
そして微妙にメローで柔らかく、色っぽいというか華やかさがあるというか。


いやいいね。
ただこの味わいをこのラベルで出すのはチグハグだけどね。
その辺はまあ我々がちゃんと紹介してあげますよ。
酒屋仕事しろ。

いやこれクラシックなんですね。
エキスっぽさと、辛口テイストなわけです。
ただそれを、ガスとミネラル、そして派手ではないけど香り仕立てでモダンに仕上げている。

昨今の流れだとクラシック&モダン(⇔華やか甘いカプ)だとライトに、フレッシュジューシーだけど落ち着きあるお酒が多くて。
たとえばそれこそ新政、あるいは九平次や澤屋まつもととかその辺なんだけど。
それと少し違うクラシックモダンで。
ライトじゃなくてフルボディ。
クラシックモダン&フルボディが成り立つ路線がこの設計だったんだと。
そりゃ軽けりゃいいって言う馬鹿どもにゃわからんだろうけど。
やっぱり12度のワインと違って、17度~19度の日本酒にしか表現できない世界もあるわけですよ。

こーれはうまいね。
ここで意見が合うのは嬉しくなるね。
さすがですわろっくさん。

鈍重でまったりなエキス感。
そしてざらついて、辛めなテイスト。
でも旨いんだよな~酸と、香り。
爽やかな柑橘の香りがあって、そこに絶妙に混ざる甘やかさ。


いやいいっすわ。
白老に加えて、これが出てきて一つ感じたのは、
この設計で、火入れして軽く仕上げたらどうなのか。
あるいはそれを秋口まで引っ張ってもいい。
ほんとなら澤屋なみに繊細な詰めでガス残してほしいけど。
水由来のミネラルがしっかり生きてるならガスなしでもイケるでしょ。

とにかく可能性が広がりました。
クラシックフルボディ、エキス&酸&ミネラルガス辛口×すこーしだけモダン華やか演出。
これまだやってる蔵そんな多くないはずですよ。
微妙ななバランスの調整でまだまだ化けるよこれは。

でもこれはスプリングだの凪だのわけわからんこと言ってピンクラベルで出すお酒じゃない。
濃紺、深い蒼の海流、それでいいじゃない。
そこに花びらというイメージですね、僕的には。


また面白いのは海の流れを感じる愛知知多と、房総でこれが出てきたと。
山じゃなくて海の酒なんですよね。
水なのか魚なのか、塩なのか。
もしかしたら高知とか少し探せばこのテイストあるのかな。
あともう10年も飲んでないけど、相模灘。
近いのか違うのかわからんけど、なぜか思い出したので飲んでみようと思います。


3日目。
そういや渋谷の東急にうってたこれ。
あんまり調子よくないのですが、それでもやっぱいいですね。
酸、エキス、ミネラル&ガス。
それでも少しだけ甘い雰囲気の香りが絶妙。
ちょpっと赤系果実のイメージもあって。
甘さも感じるんだけど、潤いとともに、岩清水の甘さというかね、そこまで言うといいすぎだけど。
辛口、辛口ですよ。
だけどモダンでちゃんと甘さ香りもある。
で、軽くないといか、軽くさらっと飲めるのが良いお酒とは限らない。
たしかな手触りを残す良い意味でのゴワゴワギシギシ感で。
いやおれはこれをゴワゴワやギシギシというよりミネラル感と厚い立体感、味わいの立ちあがりだと思うんだけど。
これは僕は面白いお酒だなあと思います。

ほんとに調子悪くなってきたのでこの辺で。
喉痛い。

















関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

ろっく
No title

勉強になりました。ろっくです。
ありがとうございます。

同じ年度の同銘柄をご一緒できて嬉しいですし、いつも大変に参考になるレビューですので、そのまま自分のスキルアップにもなっている気がします。


クラシックモダン&フルボディ。ですか。ホント勉強になります。。
そして、そこまでの白老との比較のくだり。とても面白くて。
いやいや、何度も読み返しています。



ラベル&ネーム関しては奇抜というか、やや狙い過ぎというか。
言われてみれば、確かにちょっとイタいノリ感が。
しかし、酒屋で目立って事は確かです。

ピンクの次は有るとすればグリーン、夏酒でブルー、秋口には褐色系でしょうか。予想は容易い感じです。


それから、最後の海の酒というのも興味深いです。
そういう視点からの考察も、やっぱり日誌係さんスゲーわってつくづく思いました。


99は今後も気にかけていきます。
そして白老は飲んだ事ないので、コレはやらねばなりませんね。
何かおススメあったら是非とも教えてください。
相模灘も僕も久しぶりに飲みたくなってきましたよw


お酒の勉強はまだまだつづきます。


追、
脱兎、買えました。12月の新酒なので早めにやらねば。

  • 2018/04/01 (Sun) 00:48
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: ろっくさん



いえいえこちらこそありがとうございます!
しょせん酔っ払いの戯言なんでお恥ずかしいです……。

ただこれは美味しかったですね!
僕は素直に白老と同じ系統だな~と思いました。
こっちのほうが香りとか甘みとか、少しだけチャーミングにまとまっているのもグッドでしたね。
今後もチェックしていきたい銘柄です。

白老ですと、華やか目の千本錦あたり以外は大体どれも同じかなーと思います。
槽場直汲はマストで、個人的には9号酵母より7号のものが好みです。
あとは磨きが良いものができたらいいかな~ってくらいでしょうか。

相模灘は本当にやらないといけないのですが、冷蔵庫があかないとなあ……。
もう4月で、ぼやぼやしてると生酒の時期も終わっちゃいますし。
良いタイミングで良さげなお酒に巡り合うことに期待しましょう。


脱兎もレポ期待しています!


  • 2018/04/03 (Tue) 11:53
  • REPLY
アイオライト
No title

毎度です。
これなかなかいいですよねー。飲み屋で一杯やっただけなので、深いところまでは分かりませんでしたが
バランスの良さとほどよいミネラル感があるなあと。クラシックモダンという表現はなるほどと思いました。
今週末、うえもさんに行こうと思ってるので4合瓶買ってみます。ついでに井乃頭と日輪田あたり買おうかな。

  • 2018/04/04 (Wed) 17:52
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: アイオライトさん


いや~アイオライトさんも相変わらずチェックはやいですね~!
めちゃ飲み歩いてますね(笑

これは僕も最近の中ではなかなかのヒットでしたね。
派手じゃなくて昔の純米酒っいのがベースにあって、それを今っぽくアレンジしてるのかなと推察して。
その辺をクラシックモダンと何となく言ってるだけなのでお恥ずかしいですが。

うえもさんはこの辺の変な銘柄をフットワーク軽く仕入れてくれるのがいいですね。
4合飲んでみても変わらず美味しいことを祈っておりますw


  • 2018/04/05 (Thu) 17:38
  • REPLY