FC2ブログ

日本酒感想日誌

【912】千歳鶴 柴田酒造店 純米吟醸 生酒 29BY

  0   0


どうもペースが上がりませんが、北海道シリーズからあけますか。

柴田酒造店とかってなっていて紛らわしいのですが、千歳鶴という銘柄の醸造元のお酒らしいです。
大昔に合併してできたおっきな準大手みたいな会社のようで。
余市ワインとかみそとかその他もろもろ手掛けてると。
そのせいか醸造元と販売元が分かれていて2社表記されているのですが、これは販売部門を別法人格にしてるってことなんでしょうね。
それくらいおっきな会社なんでしょう。
で柴田酒造店ってのは前身の名前と。

ちなみに北海道酒の中でも比較的有名な国士無双(高砂酒造)もこのグループの傘下なんですか。
北海道の業界事情もいろいろあるのですね。

しかしググるとまるめちさんとこが出てくる。
さすがですね。

うーむここまで調べると味わいのほうはちょっと怖いです。
吟風55の生酒らしいですが。
日本酒度+5の15度~16度か。
北海道で最高品質とされるJAピンネ新十津川学園地区で契約栽培をしている北海道最高峰の吟風、らしいです。
でほんとかどうかわかりませんが、コメの格付けがすでに済んでいる、というのは面白いですね。
ゆめぴりかをアレだけ売った北海道だから、この辺もきちんとブランディングしてけば面白そうだけど。





吟醸香って感じでもないですが。
少しクセっぽい柑橘が砂糖をまぶして、というような立ち香。

うーんこれはアカンw

濃いねえ。
甘みもあるけど全体に濃いという印象。
苦味や辛味もあり、全体に厚みのある味わい。
しかし濃いなあ。

ぶよつくようなエキス感。
含み香もクセが強く、もちゃっとしたようなとこもあって。
やっぱちょっと古いな、というお酒ですよね。

酸味もあるし、ちょっとパイナポーだったり。
あるいは味は多いので、甘みが良いなとか、ミルキーさがとか、ごつっと旨いなって瞬間もあるけど。
これこそ薄めるか、あるいはお燗のほうが良いのかな。

BとCの間くらい?
うーんまあCかな。
ゲロマズだぜとはいいませんが、早々に次の酒を開けたくなるというのが正直なところであります。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2237-8e2ba169