FC2ブログ

日本酒感想日誌

【914】澤屋まつもとSHUHARI 純米大吟醸 雫 澱酒 29BY

  6   0


これ29BYなんすね~。
おなじみの澤屋まつもとのちょっと特別な限定シリーズ。

この雫のおりは去年も出てたと思うけど買いそびれちゃったのよね~。
おりがらみ、しかも裏ラベル見ると活性タイプですが、どっちも澤屋まつもととしてはレアです。
生酒自体も結構レアな蔵なんですけどね。

今年は雄町×山田が圧倒的な仕上がりでした。
たしか五百万石の生を買ってあったと思いますがまだ開けてません。
これはどうでしょう。

東条産特A地区の山田錦40です。
どうなんだろう、うるとらの雫のおりってことなのかな?






久しぶりのガチ活性か?
スクリューじゃないので、上から抑えながらくるっと外して、手を放したところで尋常じゃない勢いで栓が飛びました。
ただ噴き出す感じではないっすね。
まあ気を付けてください、素直にアイスピックでいいかもしれませんね。

上澄みから行きます。


いいね。
どう見ても最高だよね。
うめえわ。
なにこれ。

ガスはもちろんありますが、通常の澤屋まつもともあるから、それを考えると超強いって程じゃない。
ひやしててもあんだけ瓶内のガスあったから、おちつけたら溶けるのかな~。
届いたばっかだったからね。
とりあえずもう1本買っといてよかったわい。

しっかしヤバいね、ヤバいとしか言いようがない。
生ってこともありますし、もとの酒のせいでもあるんでしょうが、すこーしだけ華やかめ。
その辺は雄町×山田にも通じるけど。
その他のバランスが面白すぎてこっちのが上なんじゃないかってくらい。

酸高め。
いつもよりピンと張った、力のある酸味です。
それを少し柔いフルーティかんというかしゃっきとしたニュアンス、液感で包んでいる感じ。
ガスとともに、強めにミネラル香が立つんですがコレ最高。
なんか他のニュアンスも少しあんのかなあ。
柑橘のアロマが重なってくるようなイメージ。

さらにオリの分、ややお米の味わいが出てるんですがこれまた旨い。
酸や、強めのミネラル感、ガス感と調和して兎に角うまい。
味は少し太めなんだけど、ピッと切ってくれてフィニッシュ。
クリーミィな旨味が嫌みなく、ほのかに長く残ります。
炊いたお米のようでありつつ、そこまで田舎臭くない。

相変わらずえぐい酒つくってくんなー。
もう少しだけ上澄みで行きましょうか。

いやあー。
酸もありますが、フルーティな甘みもちゃんとあります。
ピュアな透き通った水のきれいさ。
ミネラル感とともに、またフルーツも立ち上って。
フルーツから、ややエキスっぽいミルキーな旨味へ。
上澄みといってもかすかに絡んではいて、当然普通の澤屋まつもとよりもエキスっぽいけど。
それがまた旨いんだよねえ。

強めのシャープなナイフをなめるようなミネラルと。
酸、柑橘のアロマがよく調和してる。
柑橘だけじゃなくて、わずかにマスカットなんかのニュアンスも感じさせつつ。
ちょっと粉っぽいくらいに、美味さもありつつ、ピっと潔く切ってくれる。
これはヤバいね。

やっぱどう見ても今、このくらいの塩梅が好みなんすね~。
好みは移りゆくものなので、そのうち変わる可能性はありますが。
今は澤屋まつもと大好きです。
別格に旨い。
レギュラーとも、あるいはほかの手書きシリーズでも。
ちゃんと同じなんですけど、細部が違う。
しかしこれは極まった旨さですね。


攪拌して。
いやすごいね。
たしかに少しトロっともするし、粉っぽいクリーミィさ、エキスもですけど。
大筋崩れないもん。
酸味と、ナチュラルな甘みまとって、ミネラルのぶわっとした立ち方。
その立つ中での旨味感。
すこーし硬い米味もあるんだけど。
ほんとに良いっすわ。


2日目。
どうかなー昨日の感じではまあおり混ぜても良いんだけど、上澄みのほうがいいなって感じだったけど。
やっぱやや酸強めで、エネルギーもあるけど、表情もあるなという感じ。
その酸と、程よい甘みフレッシュさ、その辺が少しボリュームが多い。
一方でふんわりした旨味の出方、薄衣纏うようなミルキーさなんかは、熟成のものに近いかな。

もっと本来のものはシャープに研いで、そのうえでそこを膨らませてるので。
幽玄な雰囲気とか、スポットライト感とか、ガスも含んだ粒立ちが気持ちよい感じは熟成のが上。
それでもやっぱり同じお酒なんだなあと思わせてくれます。

それを見ると少し味が多いのかなって感じもするんだけど。
やっぱり目指す方向は同じですよね。
こっちのが好みの人も多いと思いますよ。

旨みの立ちかた、さらにそこからのミネラル感の立ち上り方。
この辺はもう超絶というほかない、別格の他で無い質感なんですよね。
一級品の日本刀の波紋、その怪しいゆらめき。

おり混ぜて。
クリーミィさは出るが嫌みは出ない。
少し硬いおりの米感と、ミネラル感のハーモニー。
これはやっぱりこの感じは龍力なんですよね。
だから米なんでしょうね。
それを丁寧に仕上げてるという。


まああんまり褒めても嘘くさくなるだけかな。
最近酒を買いすぎて、雑に飲み散らかすような感じになっちゃってますが。
やっぱり良いお酒は1本きちっと空きますよ。
これはやっぱりちゃんと一滴残さず空いちゃうお酒です。







6 Comments

アイオライト says..."No title"
うわー、これ気になりますね。最近の好みはかなり日誌係さんと一致してるので間違いなさそうです。
でも、お高いんでしょう…?

あ、ちなみにうえもさん、ocean99は売り切れでした。4月下旬~5月上旬に次のバージョンが入荷予定だそうです。
2018.04.09 10:41 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: アイオライトさん"

たしかに最近アイオライトさんとは好みがかみ合ってますねー!

これは良い出来でしたよ。
澤屋まつもとの生がちょうどいいぐらいの味幅で旨いんですよね。
おりは別になくていいんですけど。

たしか5000円しないくらいだったかな?
でも昨日見たらやっぱりすでに完売になってましたね。
本数が少ないのもあるんでしょうが、去年コレ飲んでたらそりゃ今年も買うだろうな~って味わいです。
ゴリ買うなら高くても絶対こっち(笑)


オーシャン99売り切れてましたか。
うえもはマイナーな酒は結構いつまでも残るんですけどね、やっぱリピートが入ったんでしょうか。
渋谷駅すぐの東急デパート酒売り場で売っていたので、もし渋谷に行く機会があれば。
でも次のバージョンもすぐ来るんですね。
楽しみです。

情報ありがとうございました!



2018.04.09 15:04 | URL | #- [edit]
ろっく says..."No title"
横からすいません。ろっくです。



オーシャン99、新しいの出てましたよ。つい買っちゃいました。。

ブルーラベルで夏酒ですね。青海summerですって笑
そして夏酒リリース早すぎ。

磨き60五百万石(千葉)、酵母77号、日本酒度-17、酸度3.2、アルコ14度、裏ラベルより。
ソーダ割りやロックで飲むタイプでしょうか。

ひと月くらい引っ張ろうかと思います。



白老も買いました。

日誌係さんにアドバイス頂いたので7号酵母の槽場直汲みをチョイスしました。
ただ磨きが75で辛口タイプです。コレもひと月くらい置こうかと。
いろいろとご教授。ありがとうございます。


澤屋まつもとも飲みたいっす。
2018.04.10 00:27 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: ろっくさん"

まじっすかw
あー出てますね~ふ〇やさん。
他のところも出てるのかなあ。


夏酒速すぎでしょう。
まだ四月も10日ですが、もうこれは各蔵早い者勝ちで競争ですね。
でも桜も過ぎれば25度近くなる日も出てくるので売れるのでしょうね~。


しかしまた変わり種で来ましたね。
リンゴ酸ですか、飛良泉がたしか出してましたね77号。
どういう仕上げになってるのか気になりますね~。
春の酒で良かったところが特徴として、前ラインナップに引き継がれているのかどうか……。
でもとりあえず直汲みで出してくれるとこは個人的には嬉しいです。

白老。
白老は基本辛口スタイルで、磨きが変わってもどれも大体同じなのでその点はご安心を。
ただ75は僕も飲んだことないのでどうですかね~、すこし重くなりがちではあるのであまり重くないことを祈ります。

澤屋まつもとは、限定っぽいもの、機会があればぜひ飲んでいただきたいですね。
情報感謝です!!




2018.04.10 00:44 | URL | #- [edit]
ろっく says..."No title"
自分は近所の酒屋にバーボンを買いにいった時にふと見つけました。
99ピンクのときも同じパターンですw
渋谷東急にもあったのは意外。


夏酒、早いですよね~笑
うっかり買っといて言うのも何ですが、売り手側の商売に易々と乗っかるのもどうかと。
でも今頃、雪見酒を飲んでいたり。。そして結局、自分は美味しく飲めれば何でもよい事に気付きました。。


夏酒の99は微妙かもしれませんね。
飲んでいて飽きそう。
一升瓶を買っちゃいましたよ。どうしよ。



白老は期待大です。
基本、重厚なお酒は平気ですが、まったく苦手な濃いタイプもあります。
白老早めに飲まないと。遅くても来月中には。


まつもとも飲まないと。限定のやつ欲しいですねー
2018.04.10 02:18 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: ろっくさん"

バーボンいいですね!

美味しけれりゃなんでもOKですよね~。
まあ4月から夏酒はやりすぎな気もしますが……。
北のほうじゃ桜もまだ咲いてるでしょうに。
ある意味地域密着なのかな?

一升瓶とは思い切りましたね。
変わり種なだけに、ちょっと怖いかも。
できたら甘酸っぱい、だけじゃなくていい具合にドライだったりすると嬉しいのですが。

白老はかんり好みは分かれると思います。
なんじゃこりゃ、こんなのがいいの?って人も半分くらいはいると思われます。
美味しくなかっらた文句言ってください(笑)


2018.04.10 14:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2242-681494c7