FC2ブログ

日本酒感想日誌

GM カリラ 1999 リザーブラベル シングルカスクFor JIS 58.1%

  0   0


本日3本目の抜栓。
昨年末リリースのJIS向けカリラ。

輸入元が激オシ!みたいな感じで即完売したのですが。
各方面の評価は全くイマイチで、どうも硫黄とかミーティさがあるってことで、前評判からすると全くの不評でした。
ただ北海道で余市をやってきて、俺サルファリーは全然いけるわ!という思いもあって。
その辺たしかめたいなーという理由での抜栓でございます。




18年。
いい色したシェリーで飲み頃だと思うんですけどね。
まあたしかに最近のJIS向けは信用できないみたいな話は聞きますから。
リザーブラベルってことで完売したのかな?

ああー。
まあカリラなんで煙い。
そら別にいいっすわ。
問題は他とのバランスやね。。
少し硬くてウッディかなあ。
バニラもあるけど。

ああ、含んでもやっぱり硬いな。
たしかに硫黄ありますね~なるほどなるほど。
これ自体は別にいやだあ、ってほどNGではない。
これなら日本酒における苦味とかのほうがよっぽどNGなこと多いけど。
そいでたしかにちょっと硫黄っぽいニュアンスですが、別に個人的にはウェルカム。
つーかそれ自体はマルセルダイスシュネンブルグじゃないけど好きなくらい。

ところがしっかしこりゃ不味いなw
そりゃこれを激オシとかいってたら???ってなるわ。
味が兎に角硬い、渋い、苦い。
甘みなくウッドテイスト。

ええー。
これをリザーブラベル!激オシ!とかいって売ってたらそりゃ瓶で頭かち割られますわw
せいぜいピートでハイボールにしてどお?ってレベル。
寝かせたらうまくなるか?って話にしても2年3年じゃ無理で10年15年の話でしょ。
それしてもうまくなるとは思わないけどねえ。


まあ確かに、フルーツの甘みも出てきますよ。
でてくる、それは悪くない。
そしてその甘みとの硫黄のコラボは余市のようで、超好みですらある。
しかしまったく物足りない。
ベリーっぽい感じに出汁感。
少しウッディに渋い感じが抑えられて、ちゃーんと甘きゃ全然いいですよ。
いやあ渋い、栓が細い。


評判がイマイチだったのも納得である。
硫黄のニュアンスはウェルカムだが、あくまで全体のバランスで美味しくなきゃなあ、と。
押しとか言ってちゃ、これは酷い……ってなりますよね(笑)
また一つ勉強させていただきました。
サルファ大得意な俺がこうなんだから、ダメだったらねえ。

まあ問題はこれは2万のボトルということなんだよ。
まあしょうがないんですよ、それはね。
俺は麻痺してるから別に……って感じだけど、そうじゃない人もいるわけで。
こんなもんを絶賛されて乗ってみたら……人も多いと思う。
正確に伝えなきゃ。
こんな感じだからウイスキー業界は、話題のボトルは完売するけど、他はさっぱりってなるんだね。
もっと樽を厳選してほしいけど、そうもいかない事情もある。
市場がショボすぎるんだよね、かといって急に増産が効くものでもないし。
となると、やっぱ異なるジャンルからの参入ですかね。
体力があるところが、副業だからこそ、厳選した樽だけ扱うというような。
日本酒屋さん、どうですか?
たとえば、はせがわ酒店とか、本気で独自にボトラーズやってみてよー。

いやマジでサルファリーは好きなんやな。
もっと甘ければ。
これだってベリーっぽいようなドライフルーツな甘みあるよ。
でもさらにその上から締め付ける収れん性、ウッディたっぷりなドライさ。
どーしようもねえw

うーん。
市場が超狭いってこともあんのかなあ。
例えば日本じゃサルファリー×ベリーとかいったら絶対売れないでしょ。
俺はこれでウッディが弱かったら全然いけますよ。
でも今の日本のボトラーズ市場じゃそうはいかない事情がある。
市場が狭い、ぶっちゃけ飲み手のレベルもワインどころか日本酒に比べても未発達、悪く言えば低レベル。
ところがどっこい、広がったら広がったで、業界自体がつぶれるレベルの品薄さだしね。
だからやたら布教するわけにもいかないしね。
それこそジャパニーズみたいに売れて、アホにNAをハイボールとかやっても本末転倒だし。
難しい。
今の価格、あるいはそれ以上を維持しつつ、酒好きや富裕層の間で世界が深まるのをまつというほかないのかな。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2273-9a449748