FC2ブログ

日本酒感想日誌

サントリー 白州 12年

  0   0


白州12年と響17年が終売とかいう話があったのですが。
あれは結局マジなのですか?
まあ白州18年と響21年が残ればそれでいいっちゃいいのかも。

そんな話で思い出して、といってもだいぶ前だけど。
12年のミニボトルがあったので開けてみます。
もちろんフルも1本ストックしてますがね。






どうなんかなー山崎とかも数年前にくらべてもだいぶ変わってますしね。
ただ白州はNAでもそれなりに美味しいと思います。
というかNAなら白州が好き。

青りんごのような爽やかな香りだ。
含むとややドライかな。
かなりスムースな入りから乾いたウッディネスと、白コショウのようなスパイス感。
そのあとにまたまたリンゴで、これはコンポートのような香りが少し。

バランスもいがいささかライトだな。
爽やかな甘さや、やや青い、森の香りなんて言われるようなちょっとハーバルなニュアンスもわかるんだけど。
なんかニートでもロックで飲んでるみたいな薄さ。

香りなんかは良いけどね。
ほろ苦いオレンジピールから、ややバニリーに、古木っぽいなどといわれる甘さも確かに感じる。
ビターさ、ドライ感は暖かで湿った質感。
ジューシーさも出てくる。

まあ美味いか。
飲みやすい。
けどまあ俺がウイスキー飲もうというときに飲むにはややインパクトに欠ける。
まあ無くなってもそんなに困らんな。
ひと工夫してハイボールとかにしたら邪道だけど美味しいかもね。

ワンドロップ加水はなかなか。
程よくヨード、酸味のあるジューシー感がでて、爽やかな甘さとドライ感が良い。
定価いくらだっけ1万近くするんだっけ。
なんともいえんな。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2278-cff9ae1a