日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【930】梅乃宿 アンフィルタード・サケ 山田錦 29BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

蔵元の看板商品ですよね。
かつて、現玉川蔵のフィリップ・ハーパー杜氏が蔵人として勤めていて。
そのことがあってこの英字表記の商品がというながれだったとの記憶があります。
最近は雄町とかも出てたような。

梅乃宿蔵は、たしか4年前くらいに、まだ30代の娘さんに社長交代したんでしたっけ。
そのあとラボシリーズとか出して、だした当初はアレでしたけど最近は聞きませんねえ。
業績のほうは知りませんけどねえ~。
好きなくとも日本酒ラヴァーの間で酒質が向上したとかは聞かないねえ。
別に造り手じゃなくて経営ってことなんでしょ?
出身大学、帝塚山大学?w
きいたことねえ~別に学歴厨じゃないけどさ(笑)

まあ何はともあれお酒のほうです。
ほんとに有名なお酒なので、僕もむかーし飲んだことありますが、イケるなと思った記憶。
山田錦50、自社培養酵母でその名の通り無濾過生と。







うすにごりってわけでもないですが。
超極わずかにうっすらとあります。
攪拌。

あーどうだろなあ。
ブドウバナナって感じの香りですが、少しエキスっぽくて重そうなニュアンスも。
どうでしょうねえ。

いただきます。
うん、やっぱりブドウバナナの香り。
ほどほどの甘みに酸。
ややエキスがまったりに広がりそうなとこで、やや辛い雰囲気でスカッと切らすタイプ。
さすがに悪くないですね。

これは悪くないと思います。
少しエキスっぽいとこと、スカッと行くとこは好みだろうけど。
酸なんかもいいし、引っかかりなくスムースに言ってくれる。
さすがによくできたお酒です。
これくらいの全国区の看板商品になるとさすがに方程式が煮詰まってるんでしょうね。

最近飲んだな。
白老のガスがない、立体感がないバージョンかな。
そこは好みですよね、そっちのが飲みやすいって人もいるし。
少しまったり系で、僕はあまり好きではない9号のほうの白老。

流行り最先端って感じではないけど、昔は率先していろいろやってきたんだろなーって蔵。
その分クラフト的な面よりも、やや商売っ気のが強いのかな。
今後はすげー酒だ!ってのは出てくる感じはしないけど、そう外す蔵でもないのかなあとは思います。
つーかひと世代後だけど、風の森が微妙に後を追ってる気もしなくもないw
なんだろう、奈良の県民性なんだろうか。




関連記事
スポンサーサイト



Comments 0