日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【931】姿 純米吟醸 愛山 直汲み 29BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

最近やむを得ず瓶を横にして保存しているのですが、けっこう漏れますね。
まあ横にすんなよって話なんでしょうが、これなんか口元がべたべた。
そう思ってチェックしてみると、ツキミズのおりがらみなんて明らかに中身減ってんじゃねーか!
このあいだレマコムがべたべたしてたのはコイツか?
しかしさすがに漏れるのはどうなんだよって気がしません?
ちょっと気をつけなきゃなあ……。
味が変わってんじゃないかってのも気になりますよね。


それはともかく姿です。
愛山は初挑戦なのか?
直汲みはうえもさん限定みたいですね。






んっ、ただこれ味わいは良いな。
さすが姿だ。
小ぶりでキュートながら、清々しく清楚。

カプなんですが、抑え目の香り。
ぶわっとこないし、カプエチ系でひっかかる独特の要素が極めて表に出てこない。

味わいもほんとにミニマムで静か。
含んだ瞬間に少しおやっと思うくらい。
普通のカプと比べたらかなり異質です。

すっごく小ぶりながらしっかり純度のある濃い甘み。
それでいて煩くなくて、酸味も静かに入っています。
そこからベリーのような香りが広がって、ちょっと愛山っぽいような酸味が表情つけてますね。

ガス感ははっきりある感じではないですが。
シュッとしたくちどけ、キレの良さはあります。
苦味も気にならずバランスが良い。


さすが、姿
やはり上手だな~と感じます。
気になるのは小ぶりなのが、漏れのせいなのかどうかというくらいでしょうか。

いやでも素直に美味いですね。
香りも甘みもやり過ぎてないんだよね~。
カプカプでも可憐で清楚。
やっぱかなり落ち着いてんなあ。
ふわっとしつつも、シュッとしたミネラルの筋とね。
それでいて、アロマの表情の多彩さ、表現の繊細さち密さが他のカプバカとちゃう。

あとは愛山っぽいって時に甘さのほうをイメージする人も多いと思うけど。
酸のちょっとアンニュイというのか、あるいは妖艶なのかそこは難しいとこなのか。
そこの表情が最近特徴として感じられちゃうんですよね、僕は。

そこのところでいうと、これなんか酸のたおやかで豊かな広がりが明らかにある。
それでいて甘みも絶妙。
そういったなかで、これ全体にどこか小ぶりというか、奥まったような味わいなんですけど、それが最適。
これがもう1歩前に出てくると、ミンティな部分とか苦味アタックとか、全体の味わいの要素とカプがケンカする部分が目立って。
畢竟そこが最近カプNGなとこなのですが。
少し後退させたような感覚で、全体をうまく整えてますよね。
3D4Dというか、この全体に1歩遠ざかった感じでバランスとってくるって感覚はやっぱりそう多くはない。
非凡な力を感じます。

圧倒的な世界観ってわけではないけどね。
甘酸のハーモニーも絶妙で、良い表情出してきます。
カプなんだけど、ギリ嫌な要素が目立たないボリュームコントロールなんだよねえ。
これは結構すごいと思う。
やっぱりこの蔵は商品によっても変わりますけどセンスは一級品。
カプ系の蔵では間違いなくトップクラスのセンス、テクです。
惜しむらくはカプカプの人からしたらこの絶妙さ理解できんだろうし、カプNGの人からしたらあくまでカプというとこw
ただすこーし冷やしめから勝負してくださいね。


2日目。
あれれ、あれれえ?
今日は嫌なニュアンス立ちますね~。
苦い雰囲気というか、クセっぽい感じ。
甘くて苦い柑橘というかね。
これはあまりよろしくないかなあ。
かなり強くてはっきりと感じるんですよね。

甘みも昨日よりはっきり出ていて、濃いシュガー感。
酸の表情はあるような気がするが、とにかく昨日のバランスは崩れている。
昨日はよかったんだけどなあ。
ちょっと残念。



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0