FC2ブログ

日本酒感想日誌

【936】川鶴 純米吟醸 雄町58 生原酒 29BY

  3   0


川鶴って基本的に四国に行ったときに飲めばいいやって思ってるからあんまり飲まないんですよね。
わりと好きなんですけどね。
たしか3年前くらいに女性の社員杜氏になったんだったかな?
四国初の女性杜氏ではなかったかなと記憶しておりますが。

なんとなーく買っておいた雄町58の純吟生。
程よく練れて味が乗ってるのが良いイメージのある銘柄なので、やや高めの温度で少しだけ寝かせてみました。
その辺考えたら雄町は良いチョイスだったね。







香りはシンプル系。
さらっとブドウの香りがちょっとそっけない程度に。

悪くない。
相変わらず割と好きだし、安定感があるなと思います。

ちょっとミンティというか、清涼感強めなのが気になるかな。
らしい柔らかさもあるんだけど、骨格がしっかりしていて、その辺が雄町なのかもなあ。

軽いって感じではなくミディアムですが、柔らかさは出ています。
やはりブドウ系の香りに乗って、甘いって感じでもないけど、甘み旨味酸。
混然一体感のある味わいがゆったりと広がります。
ミルキー感もありつつ、上っ面だけじゃない良いコク感だなあと思います。

一方でぐっと力強く、味の流れる方向に芯が通ってる。
少し辛口のテイストなんですね。
辛味、ビターさ、ミンティさなどで、わりと男性的にぐっと力強くフィニッシュへと推進していきます。
ややミネラリーでスッとした名刀の切れかな、辛味は鮮やか。

あとはねー。
あー酸度1.8か。
酸が高めなんですけど二面性のある酸。
前半の味わいがふわっとたおやかに、どちらかというと横方向に広がるときにはどのイメージの中で酸味の表情が出て。
逆に後半はぐっと中心に向かうような凝縮感、力強くやや野太いようエネルギー感もあるという。
なかなか面白いです。

暑くなってきた時期だけど、ぬるめのお燗なんかつけてもいけそうな雰囲気だな~。
僕、あえて夏のお燗推奨してるので。
あれ体に優しいし、かえって汗がひっこむような感じさえして、けっこういいものですよ。

あっ、一呼吸置くとかなり良くなってきましたね。
あんまり冷やさないでぬるめが室温に近いくらいがいいかも。
より一体感が出てきました。

ミルキーなニュアンスの甘みに酸が優しく効いて、すごくいいコク感とともにふわっと優しく蕩けだす。
すごくたおやかで優美なんだけど、ちょこっとガスが溶けてるのかミネラルなのか縦方向の立体感があって。
ふわ~っと蕩けつつも、芯にぐっとトルクと、スッとした辛味感。

あーーコレ旨いね。
すごく良いわ、Sでもいいくらい。
蕩ける~って感じもありつつ、シュッといってくれるこの感じ。
ミルキーも、酸も、辛い雰囲気も絶妙。
どんどんバランス最適化されてきた、めちゃめちゃいいわ。

この手の系統だと、生原酒的なビターに代表される雑味とか、あるいは横に広がって引っかかるエキスとか。
そういったのが出がちなのですが、ベースの溶液がクリアーで。
蕩けるミルキーさと、ミネラルの硬質さのバランスよ。
その間をつなぐ酸味の質感と、絶妙な嫌みないコク感。

これは良いっすわ。
Sっすわ。
長陽福娘の純米が好きな人、どうぞ。
あの直汲みまでのガス感はないですが、疑似的なミネラル感はあります、
グレープと、透明感と、最高のミルキー感。
明らかに出来のいい年の長陽福娘純米。
好みによっては凌駕してくるかもね。

2日目。
今日は全体的にちょっと濃醇かなあ。
それでも柔らかく練れた味わいに、程よく酸が絡んで、シュッと勢いもある。
総じてレベルの高いお酒です。








3 Comments

says..."No title"
こんにちは。
先月、偶然にも同じものをいただきましたが、残念ながら個人的にはイマイチでした。
決して悪くはないんですが、後半モタつくというか、徐々にクドくなってくるんですよ。
よくある重たい無濾過生原酒のあの感じです。ちょっと押し出しが強すぎるなあと。
もしかしたら店の保管状況の問題で、自分が飲んだのは旨みが育ち過ぎてた可能性もありますね。それかロット差。
2018.05.07 13:44 | URL | #- [edit]
アイオライト says..."No title"
ああ、すいません。名無しになっていました。先ほどのコメントはアイオライトのものです!
2018.05.07 15:26 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: アイオライトさん"

おっとこれはナイスタイミングでレポありがとうございます!
アイオライトさんでしたか。


実は僕も予想以上に味が太く出ているなあということは感じたんですよね。
川鶴はもう少し軽やかなイメージだったのでそこは気になって、火入れのほうが良いのかなとか、寝かせないほうが良かったかなということも考えました。
ただそのあと2杯目3杯目くらいはバランスが取れてかなり光るものがあるなーと感じた次第です。


ただ無濾過生の重さはわかります。
実際2日目は、1日目ほどは光らず、無濾過生っぽいなーという感じでした。
味が出ているというのは間違いないと思いますよ。
僕自身、川鶴は程よく練れた柔らかな味わいが、もうすこし軽快に来るイメージだったので。
この太さなら火入れかなってのはわかります。
もう少し味の薄い商品で、少し寝かせてやるっとのが本来のイメージだったんですけどね。


なかなか書ききれなくてスイマセン。
こういったレポは大変参考になるのでありがたいです。
これに懲りずにまたお願いします!


2018.05.08 00:44 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2299-ee110087