FC2ブログ

日本酒感想日誌

【954】木戸泉 AFS SP 28BY

  0   0


ひさしぶりに木戸泉でも行きましょうか。
AFSのオリジナルタンクということです。
酸っぱいやつです。
もともとリリース時期も遅くて、またウチでも少し寝てるので、どうなってるでしょう。
あんまり練れてないでスカッとしてるといいなあと思います、今日の気分的に。


房の舞65の純米酒。
酵母は7号系。
スパークリングとか、生原酒とかバリエーションのあるお酒なんですが、これは火入れでしょう。







いい色してますがこれは寝かせというよりは、元からでもありますので。
とろっとしてるのと、なんかキャラメルバニラハチミツみたいないい香りしますね。

不思議な味わいなんですが、飲めますね。
そんなに酸っぱい!って感じでもないし、甘みも特別甘いわけでもないです。

まあでも酸っぱいか。
とろっとしたテクスチャからすかっとした爽快な酸味。
ほのかに甘みも湛えていますが、ややドライでもある。
ややタニックなような渋み苦みがわきを固めて、スッとしたしたフィニッシュは足が速い。

まあ仙禽のナチュールとかあっち系になるんですかね。
いやこっちが元祖なんですが。
変わり種ではありますし、かといってすごくキュートでポップなスタイルってわけではないんだけど。
進みますよねえ、とくに夏なんか最高。
酸味、しみ込む感じやすかっとした爽快感。
重すぎず軽すぎずななかに、かすかに純米酒的なルックスも残していて。
食べながら飲んで、進むお酒。
酸味の中の優しい乳酸的な甘みやコク、そのあたりの絶妙なフレーバーやーハーモニー。
こっち系が好きな人ははまってくれるはずのお酒です。

すこーしハチミツのようなコク感が漂うんよね。
それでいて酸もシトラスだったりプラムだったりもするし。
変にこってりし過ぎないバランス。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2336-3bba5680