FC2ブログ

日本酒感想日誌

【960】長陽福娘 生もと 純米 直汲み 29BY

  0   0


リクエストが読者さんから来てたのでやっときます。
今年はかなりの本数飲んでいて乗り掛かった舟でもあるし。
正直飽きたなーという感じはありますが。
3本のんだはずだけどあんまり印象に残ってないなあ。
来年はやらないと思います。

今年タンク1本だけ立てたみたいですね生もと。
数値的には同銘柄の辛口に近い感じなんかな?
山田60。







けっこう味出てんだよなあ。
今年の長陽は何となくそんなイメージ。

すーっとしみ込むとかそっち系ではなくて。
むしろ味わいを比較的豊かに出して、あとはお決まりの長陽メソッドでというようなイメージかな。
いや、うまいか?
年単位じゃなくてもちょこっと寝かせて美味しくなりそうなのはこれかな~。

こうやって見るとけっこうバリエーションついてんだよね。
辛口のグレープ感とか、9Eなんかはまた違った香味だし。


けっこうチャーミングに、軽く脂のってて、美味しい肉つきだなってくらい味わいが出ています。
甘み、酸、旨味、どれがが出てるって感じよりは同じくらいで拮抗してる。
特筆すべきはクリーミィなニュアンスで、それが非常に素晴らしい。
お米の味もすんのかなあ。
あとは細かいガス感でシュッとね。
余韻までいい味が残ります。


これは良いかもしれない、生もととかまったく関係なくね。
いくつか思い浮かぶ銘柄があります。
たとえばソガなんかはこれと比べるとやや下品な感じがして、さすが日本酒蔵の面目躍如。
あとはやはり澤屋まつもと、九平治とか、ちょうど冷蔵庫にあるけど篠峯の櫛羅とか。
大まかにいえばそっちの方向でしょう。

辛口のドライでソリッドなグレープ感はまだ思い出せるけど、純米9Eはおぼろげ。
その中で、細かいバランスはともかく、一番今の好みになり得そうなものは感じます。
ゆーて純米も好きだし、長陽は良いんだけどね。
どれ飲むか迷うってだけで。


うまいなあ。
味の出方のバランスがいい。
あえて言えば少し華やかなパフューミーさというかお化粧感。
さらっと表面的に軽い甘みが出てきて、個人的にはもう少しボディがあってもいい。
だから個人的にはもう少し寝かせたら、また細かいとこが伸びてくんのかなと思うんだけど。
そのためにはガスを残すような形で火入れしてもらったほうがいいかもなという塩梅。

ややフェミニンなんだよなあ。
そのあたりは、ベースの味はともかく、風の森なんかと考え方は近いのか?
個人的にはもう少し滴るジューシーさのほうが欲しくなるのですが。
やや都会的に軽く、フラワリーかなあ。


ただ間違いなく美味しいです。
生もととか本当に意識しないで、普通に速醸の商品より好みって人もいるんじゃないかな。
僕も予想を裏切られました。
軽すぎる仕上がりは嫌だなあと思っていたのでそれは本当に良かったです。
立ち香は香らんけど、含むとけっこうフラワリーなんだよなあ。
ボディの張りはそんなにないけど、でも味はあるか。
ビターはそんなd芽生ないけど沈む低音みたいな旨味はだんだん出てくるし。

ビビっとくるオーラはともかく、間違いなく美味しい。
チャレンジタンクではあると思うので、はまればもっと伸びるはずです。
しかし今の生もとでなぜこれになったんだろう。
その辺は聞いてみたい。
芯の軽さとか、表現はある気はするけど。


はて、1日あけて3日目でございます。
ちょっと趣向を変えてちびっとした杯で。

やはりかなり味が出てますね~。
スッとした伸びのとこで軽さも感じないでもないですが、速醸の酒なんかよりもよっぽど味が出ています。
濃厚な甘み、そこに酸味が入って果実をかじっているようなイメージですが、やや苦みが強めですね。
ガスも随分と弱くなっており、1日目とは味のラインは変わりはしないですが、だいぶ進行しています。
とろっとした濃さもあるし、ほかの速醸の長陽よりも、むしろ華やか系な流行りっぽいのに近かったりします。
不思議。

飲んでみて損はないと思いますよ、お好きな方。
来年以降も楽しみですね。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2359-adfb5427