FC2ブログ

日本酒感想日誌

【962】篠峯 Vert 亀の尾 純米吟醸 無濾過生 28BY 1年自家熟成ver.

  0   0

なんか周りの人がみんな櫛羅やってていいよーっていうからそっちやろうかなと。
思ったんだけど、その前に2本くらい寝かせてる篠峯からこちら。

昨年の田圃ラベルシーズの亀の尾、vertです。
1年、もう1年半くらいですか。
生ver.で亀の尾55を9号みたい。






あっ、いちおう氷温です。
-5までは行ってないけど-3くらいはキープしてるはず。

けっこう熟してそうな感じの香り。
飲んでみましょうか。


やっぱ熟成は難しいねえ。
ガスははっきり生きている。
一方でやはりすこーしナッティなニュアンスが育ってますね。
甘みも酸味も悪くない具合なんだけど、やっぱもう少し温度下げたほうがいいのかなあ。

まあ普通のほかの酒に比べれば全然平気というか。
飲めるレベルです。
ベースは軽やかなラムネですが、ややバナナっぽさも感じますね。

溌溂とした、涼やかな酸は健在。
ガスが溶けていてシュッとしたシュプール、この辺もさすが。
甘み、軽く熟成した旨味はややしっかりめに出ていて。
紅茶というよりは少しほうじ茶、その間くらいまでは育ってる。
高貴な複雑性、でもあるんだけど、そこまではまってない感じはある。
悪くないんだけどね~。

この辺はかなり微妙なとこ。
酔っぱらってきたからまた明日だな。


2日目。
おおん?
なんかバナナ系の香りというか、ちょっと味たっぷり系の西の酒見たくなってますね。
王祿とかあっち系。
それでも酸がスパッとしていてクリアーで、そこに軽ーく霞みのようなミルキーな甘み感。
多少の熟成感はあれど、飲める強さはさすがです。
シュッとしたシャープさ、ミネラル感はありますが、ほそく糸を引くようで逆にもう少し欲しいような。
亀の尾ってやっぱなんかちょっと変わったお酒って感じしますよね。
野趣というか、野太さ。
洗練はされていますが、白老なんかもちょっと思い出しますね。
フルーツもあるけどシッカリ甘ウマいのでお燗もありかな。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2363-c5aea93b