FC2ブログ

日本酒感想日誌

【965】天の戸 天黒樽熟成 純米 28BY

  0   0


すでにお気づきの方もいらっしゃるでしょうが、最近はイロモノ好きなんですよね。
秋田の天の戸さんから黒麹仕込みの純米でオーク樽熟成というかなり面白そうなお酒が出ていたので飛びつきました。
どうもぐぐると昨年も出してたみたいですね。

黒麹のお酒はブログでも何度かやっています。
基本的には焼酎用で、なんでかというとクエン酸を多く生成するらしんですね。
そのために雑菌の繁殖を抑えることができ、南の地域で造られる焼酎造りに用いられたと。
日本酒にすれば当然すっぱくなるのでしょう。
これまでの黒麹商品もそうでした。

さらにこちらは小布施ワイナリーのシャルドネ樽に詰めて熟成と。
こちらも同様の商品をなんどかやっていますが、樽熟成ものは個人的にはすごく可能性を感じていて。
まさに俺得な商品でした。

その他スペックは秋田県産のほしあかり60、自社酵母。
日本酒度-7、酸度3.7と数値的にはかなりなことになってます。
ことしのものははっきりわかりませんが、去年のものは常温で樽に詰めて9か月貯蔵だったらしいです。





色は黄金というかハチミツというかけっこうついてますねえ。
香りからは酸はそんなに感じませんね~酸のキレというかヌケ感みたいのは感じ取れます。
樽香なんかも強くはないですが、微かに洋酒っぽいようなニュアンスは漂います。


頂いてみると……大人向けでアダルティ。
そしてやはり天の戸さんっぽさもありますね。

もちろん酸味は感じますが、酸っぱい!という感じはありません。
先端は丸くなっており、柔らかく、またすっきりしたテイスト。
甘さもラムレーズン的な香りとともに雰囲気として感じるかなーくらいではっきり甘いお酒ではないです。

柔らかいタッチに、酸味が小気味よくきいて、独特の香りを穏やかに。
おおむねそんな構成でしょうか。
酸味もあるのと、すっきり系で飲みやすいですね。
中心部はクリアー。
フィニッシュにかけて、柔らかなエキスみたいなものを感じて、その辺は天の戸さんらしいのかな~なんて思ったり。
控えめなバランスで、食べながらでも行けるスタイルになってるのもそうかな。


なかなか楽しいですね。
おもいっきり甘酸っぱいか、あるいはどうしても樽での熟成の分まったりしてきそうなもんですが。
杯を重ねれば重ねるほどすごくさわやかですね。
とげのない酸味がスカッとヌケよく、それと穏やかなフレーバードされた香りがマッチしています。
ノイジーなところもなくて、完成度高いですね。
ただ甘いパンチのあるのを想像すると肩透かし食らいます。
すっきり系で、この手のフレーバーが好きな人にはおすすめ。
それなりに高いからね、間違って失敗しちゃわないようにお気を付けください。
あっ、でもだんだん甘さも出てきてかなりい感じかも。
あんまり冷やさないほうがいいお酒かもな。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2370-a9aa0302