FC2ブログ

日本酒感想日誌

【970】ヒミツのお酒

  2   0



出所がわかっちゃうと酒屋さんとかそこのファンにご迷惑をおかけする場合はこういった記事になります。
一応今年から試験的に。

ガッツリした熟成酒。
2006ってなってるけど、出荷2006.11だし米は2005じゃあないのかなあ?
まあもはやそのあたりもどうでもいい感じはありますけどね。
なんてたって10年以上前ですから。






こういうガッツリした古酒を飲むときなんか、もしかしたらリーデルの新しいグラスなんかいいのか?
ここまでの古酒だとその辺のチョイスも迷うところ。
よらむさんリスペクトでグレンケアンみたく行くのもアリか。

なるほど。
軽く古酒の玄米やほうじ茶的なニュアンスもある一方で、元のフルーティさの残滓も感じ取れます。

正直絶賛するほどの仕上がりではないのですが、やはりポテンシャルのあるお酒ですね。
表面は円やかに整っていますが、けっしておとなしい味わいではない。
さらあっとした表面の中に、しっかりぎゅっと酸味も生きています。
すこーしビターもあるんですが、これくらいの熟成期間となるとそれはもう旨味や複雑性の一環としてとらえるもの。
さらっとした甘みもありつつ、少し粉っぽいくらいのミネラル感も芯に感じ。
やや苦み走ったアタックはじーんと響かせつつも、するるんと流れてくれます。

古酒好きの人にはたまらないお酒でしょうね。
甘み酸味旨味が響きます。
ベースのきれいさもあるんでしょうねえ、まだクリア感じますよ。
しっかり味はあるお酒なんですけどね。
常温に近いくらいでたまらなく旨い!
ふわっとした軽さ、しっかり骨格のある旨さ。
まだまだ先がありそうなお酒。
さすがですねえ、好き。
お燗つけたりもしつつ、ゆっくりやっていきまーす。



3日目。
まずは冷から改めてです。
いいね、いいね。
滑らかな表面のテクスチャ。
ふんわり少しミルキータイプの練れ感、熟成感で、少しイメージが違ってきました。
より上品な甘口に、クリアーなボディと程よい酸味。
中身はスカってるとかではなく、むしろややギザギザとしたような粗さというかそういったら悪いか。
噛み応えのあるようなイメージったらいいのかな。
けっこうやんちゃなんですが、この辺もこの蔵の蔵癖なんでしょう。
軽いほうじ茶の雰囲気と同居する華やかさの残滓。
まあどう見ても美味いね。
高級系の熟成酒の味わいです。


ちょこっとお燗。
やはりイケないわけがない。
ドライな風合いがたつも、熟成によって育った甘さがしっかり感じられる。
ただやや苦いので、ぬるめに丁寧につけてやるのがよさげ。






2 Comments

リンゴ酸 says..."No title"
おおっと!それを飲まれましたか!
僕も去年購入させていただきましたが、概ね一緒の感想です。
僕の漠然と感じて言語化できなかったものを、しっかりと的確に表現されておられて、さすが!の一言です。
そうそうと、言いながら文章を読ませていただきました。

それにしても残念なのは全て冷酒で飲んでしまったことです。
もう少しいろいろ試せばよかったなぁ。常温でおいしいですか。。。

ちなみに、購入されたお店で、心酔って購入されましたか。
2013年もの一升瓶を購入させていただいたのですが、香りは穏やか(というかほとんどせず)、旨味と酸味で攻めてくるタイプのお酒でした。寿司との相性が完璧で、よい塩梅の熟成感が出ておりました。
もう蔵の方ではつくっていないようで残念です。その蔵の純米吟醸のラインナップを整理した際に、なくなってしまったようですが、もったいない。結構エッジのかかった酒ですので、外されたのもわかるんですがねぇ。
2018.06.14 23:01 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: リンゴ酸さん"


そうそう。
たしかリンゴ酸さんとの話で出たんですよね!?
だいぶ前に買っておいたのですが、遅くなってしまいました。

日を置いて改めて飲んでみてもよいですね。
表情は変わりますが、ベースがしっかりしているのか、楽しませてくれます。
冷やすよりは常温くらいのほうが粗さがなく、まろやかで極上の味わいかもしれません。
たぶんコレぬる燗はいけると思うんですけどね~。

いやあこの銘柄もいろいろ飲んでいて手が回らないんですよねえ。
あそこで手に入るうちに色々飲んでみなきゃと思っているのですが。
まあここの熟成は多少のバランスの違いはあれど、やってくれるはずです。
たしかに基本酸味が程よく生きているので、寿司のお酢感とはとてつもなくマッチしそうですね!
久々にチェックしてみます。





2018.06.15 01:07 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2381-0520a263