FC2ブログ

日本酒感想日誌

【975】呉春 特吟

  2   0


いや29BYなのか?
製造年月日は今年の3月9日になっています。

大阪は池田の呉春
はっきりって僕の勝手なイメージでは越乃寒梅なんかと同じカテゴリだったりします。
それを何故やるかというと、正雪の杜氏だった山影さんがここに行ったから。
もう御歳ですし、山影の名前で何かやろうって感じではなくて、お友達と大好きな酒造りで余生をということなのかもしれませんが(笑)
なにかの時にために、基本を確認しておこうかなと。

池田酒という普通酒
本丸という本醸造
今回の磨き50の特吟
この3つが基本のラインナップです。
もう一つ年末限定で磨き40の大吟醸も出しているそうですが。

お米は赤磐雄町。






ううーん(笑)
面白い味わいのお酒なんですけどね。

もちゃっとした、古い銘柄にありがちなニュアンスが出ています。
熟成なのかな~熟成感なんだろうな。
それとも火入れ的な話なんだろうか。
俺は嫌いじゃないし、これはこれでアリではあるのだが、今っぽくはないわな。
違うジャンルという話になってくる。

そのほかの味わいは嫌いじゃない。
端麗的ではなく、きちんと味のあるお酒。
酸味が結構はっきり主張します。
それも瑞々しさと色彩を感じて好ましい。
そこに円やかさ、甘みや旨味が出てきて。
円熟と、フレッシュな弾力が不思議な拮抗を見せつつするりと。
程よい甘うまみを残していきます。

美味しいは美味しいかなあ。
ただしあくまでオールドスタイルな日本酒なのでね。
それこそブレンドとかそういうことなのか。
ただの熟成なのかなあ。

もちゃっとしたチ感じのある熟成感がねえ。
熟成酒って言われれば別に文句はないけどさ。
俺は嫌いじゃないし、普通に出てきたら、おっ旨いねえっていうと思うけど。
イマドキのメインストリームである、素人がこれが日本酒!?っていうようなお酒ではない。
最近は飲み手もそっちに毒され過ぎな気もするけどね~俺も毒されているってことなんだと思う。
雄町使ってるくらいだし味を出したいってことなんだろうけど。
あえて言えばフレッシュコンディションを飲んでみたいかな。
その商品があれば、逆にいまの流れでもこの商品も映えてくるんじゃないかなあ。


常温にちかいほうがいいか?
質と純度の高い、砂糖菓子のような甘みがぐいぐいきます。
旨味と、軽い酸味と、軽い辛味っぽい演出。
多少熟成感はあるが、熟成酒として飲めば全く気にならない。
うまい。




そういえば越乃寒梅リニューアルしたけどどうなの?
昔の飲んでないから比較のしようもないので俺はやらないが……。





2 Comments

P太郎 says..."No title"
こんにちは。

私も春先に大阪へ行った際に、やはり山影さんの件が
気になり、呉春の同スペック(29BYかは不明ですが)
を飲みました。

正直、そんな印象に残るようなお酒ではなかったので
日誌係さんの記事を拝見して、あぁ確かそんな味わい
だったなぁ…と思い出しました。

固定客が確立していて地元流通で捌ければ良いと
いうスタンスならこの路線でよいのでしょうが、折角
山影さんが行ったのだから、何らかの別スペックを
期待しちゃいますけどね。
2018.06.19 11:55 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: P太郎さん"

やっぱり飲んでみたくなりますよね~!


お酒としては十分美味しいと思いますが、いかんせんオールドスタイルというかクラッシックというか。
いまどきのお酒に慣れている人が飲んだら、なんじゃこりゃで終わると思いますね(笑
熟成酒、味わいたっぷり系ですーっていって出てくればアリかなあ。
やはり山影さんに期待をしたくなるのは僕も同感です。

2018.06.20 17:17 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2390-6c96a9aa