日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【978】有磯曙 初嵐 純米 無濾過生29BY

日本酒
  • comment6
  • trackback1

相互リンクをさせていただいてるろっくさんのブログからインスパイアです。
いつも全く知らない銘柄を紹介してくれるのでありがたいです。

富山県の氷見から有磯曙という商品です。
正確には有磯という銘柄で、曙というのはシリーズ名らしいですがまあセットでいいでしょう。
取り扱いがそんなになくてあちこちから何本か買ってみたのですが、普通に伊勢丹で売ってました。
商品は違うやつだけどね。

富山の日本酒といえば満寿泉、勝駒、羽根屋なんかありますが、全体的にはあまり存在感なかったんだけど。
玉旭とかコレとか、ニューウェイヴきてるかなという感じ。
これなんかもあの樹脂の怪我しにくい栓とめ、瓶もネックが細くなるかっこいいやつで凝ってるなと。
少なくともこだわってるんだぜ、がんばってるんだぜ感は伝わってくる。

まずは富山県有機栽培富の香70の純米、14号酵母、生というスペックから入ります。
まずは生ということ、酵母も色々やってるみたいですが北陸ということぜ金沢系。
僕自身最近14号のお酒好きなこともあるしちょうどいい入口かなと。
酒屋にはやや濃い目で、熟成すると伸びてきそうなんて書いてありました。






あー面白いですね。
いいですね。
これはなかなか無いなあ。

滑らかで澄んだ入り。
最初はすっきり系?と思うんだけどそこからじわじわ味が出てくる。
その味のボリュームの上がる曲線がめちゃめちゃ質が高くて気持ちいい。
タッチも粗くなくてね。

クリアーさにきらっと明るいが輝きがあり。
ほのかに乳酸系っぽい雰囲気の甘さがほのかに、そして金沢系の若いのらしく酸が入りますが、凛々しい雰囲気。
それでも液体としては滑らかなのがいい。

じわじわと出てくる旨味というか味わいの総合体は複雑。
若い金沢系にありがちな少し硬くてごわごわした感じでもあるので人によって受け取り方は変わってくるかな。
ややタニックのような感じですね。

ここは寝かせてほぐれてくるし、この味わいだとガッツリ育てても凄い熟成酒になりそう。
いまも美味いんだけどね。

ガジガジするんだけど、無味でなくてあとからまた酸味とか乳酸的な甘みとか絡んできて旨いんですよ。
そして質が悪いんじゃなく液体としては軽やかできめ細かい。
生酒なんだけど、濃すぎずに程よい軽やかさがあって。
味もうまい具合に出てるんだけど、しつこくなくほどけて、気持ちの良いドライな風合いも。
最後ほんの少しウッディなニュアンスと、まったり感が残るけどそこまで気にならないかな。
まったりなんかはいい熟成酒なってきそうーな雰囲気。


あーなるほどなるほど。
古いようでモダン。
ビターテイストが旨いんですね。
乳酸飲料的な、低精白のお酒なんかでたまにある甘みの雰囲気。
それが程よく練れて、かるいハチミツ、かるい熟成感(ばり新酒だけど)。
酸が入ってレモンティー。
ローストは樽っぽさか、でほろほろ程度にビターなミネラル。
極エアリーなバナナのニュアンスもありつつ、辛口なテイストでミネラルは次第に強まり。

スペックは違いますが、ろっくさんの記事の表現がめちゃめちゃわかります(笑)
甘いとか華やかとかじゃないので、はっきりって上級者向け。
でもあまり無い味わいで、独特の世界観、表現があります。

小気味よい、するする飲める滑らかさ。
とろみもあるけど、トロっとし過ぎず、ちょうどよくごくごく飲める。
生でこの表現がまずすごくいい。

酸がシトラス系にきいて。
タニックにビターがくっと入るけど、ミネラル感があって、ドライなクリーミィさ。
軽いバナナと一緒に、ピルクル的な雰囲気のある甘い雰囲気も漂い。
それがハチミツで、酸と渋みでレモンティー。
ドライな辛口も適切や。


いやあこりゃいいね。
飲めば飲むほど光る絶妙さ。
居酒屋で1杯これを提供されて発掘できる自信はないな、コンディション最高ならぎり。
エアリーなバナナと、酸味の切り替えし。
そこにややざらつくタニックなドライさがきて、そのはざまに柔らかな甘いニュアンスが漂う。
うめえ~。
すごい所ついてくるな。
あと、冷やでもいいけど、これ夏のお燗もよさそうだな~。
こういうこというのは微妙だけど、このあたり理解できるかどうかは日本酒上級者かどうかいい踏み絵になるかも。
べつにどっちが上とかじゃなくてね。
いろんな世界があるってことです。
かすかに木香っぽいのは酸かなあ~、俺は大好物だけど。

立ち香はしらん。
今日はそういう器で飲んでない。
ベースはクラシックで古いんだけど、ちゃんとモダン。
旨いな~今スペックでも酒だけで飲んで旨い。
そして旨いけどするする飲める。

もう逆に華やか、ガス、甘々とか飽き飽きなんだよな。
そういうのが飲みたいときもあるし、出来のいいのだって両手で足りないくらい銘柄上がるけど。
俺としてはそんなのはいつでも飲めるし、選び放題だよという感じ。
そういうのとは違う世界観、絶妙な配分を見せてくれるお酒が一歩抜け出す時代になってきた。
古臭いだけはNGだけど、そういうエッセンスも生かしたイマドキの酒っていうかね。
なんだろうね~一歩間違えば苦くて渋い酒なんだけど。
本当に僅かなところのテクスチャ、タッチ、質感、ニュアンス、表現。
普通の純米といえばそうなんだけど、美味しい純米。
ほめすぎたかな?
でも間違いなく旨いよ。


お燗。
思った以上に乳酸系の甘みがたつな。
もっとドライ系になると思ってた。
そしてその甘みに酸味がつややかに生き生きと入ってジューシー。
冷酒より燗酒のほうが初心者に親しみやすい味わいじゃないか?
これは面白いな。
もちろんビターさから腰の据わったドライ、生っぽいような重さはあるけど。
どうみても出来のいいお酒。
我こそはという人には挑んできてほしい(笑)


2日目。
レモンティーはやはりある。
ただ上級者向けってのも間違いないな。
少しもたっとした、熟成酒?みたいなニュアンスすらある。
その辺のバランスはけっこう難しい、ほかのも飲んでみないと。
つまりお茶感、かるい渋みはあるってこった。
そこにキリっと酸味があって、そのはざまから甘やかさは乳酸菌飲料うすめ。
うまいんだけど好みは分かれそうだな。
今開けるより、熟成で伸びてきそうな味わいだな、2日目は。










関連記事
スポンサーサイト



Comments 6

ろっく  
No title

有磯曙レビューとても参考になりました。いつも勉強になります。リンクもありがとうございます。ろっくです。


かなり個性的で複雑なお酒なんでしょうか。
でも、良し悪しは別としてスペック違いでバラつきはありそうですね。
検索すると色々と商品出てきますし。 


味わいがしっかりあって質感が高くて、軽さや明るいトーン、酸や旨味はしっかりありつつ絶妙なベタつきの無さ。
柑橘テイストあって、若い糖蜜感があったり。熟成も展開力ありそうですね。

以前にオーシャン99や白老のときに話されていた「海のお酒」のニュアンスも感じました。
ただ、明るくなくて。日本海のような重くて暗めの海のイメージです。


初嵐のうすにごりがあるので来月にでも開けます。こっちはどうかな。
日誌係さんの購入されているほうのレビューも楽しみにしています。




逸れますが島根のお酒レビューが出てきましたので。
誉池月は気になっていました。気になっているのがあるのでせっかくだから買おうかな。

智則はラベルと共に中身も変わりましたね。酒質は上がっていると思いますよ。以前よりはキレイです。
ただ、コク旨味やジューシーさ等はダウンしているかと。
代わりに月山ラベルの佐香錦直汲みが以前の智則らしい仕上がりでした。酒屋での試飲ですけど。

王琭のお勧めありましたら教えてください。
今年もう一回くらいやりたいと考えてます。


追、
来月から夏のにごり酒シリーズやります。まったく性懲りもなく。
順番整理してますのでご覧ください。

2018/06/23 (Sat) 00:16 | EDIT | REPLY |   
日誌係  
Re: ろっくさん


おそくなってごめんなさい!
最近ノリノリで更新してますね~。
コメントしたいと思いつつ……スイマセン。

有磯は初日はかなり好印象でしたね。
なんか古臭さもありつつ、造りよく、微妙に今っぽい雰囲気も、というような。
流行り系ではなく旨口系で、不思議な表現になっているな~と思いました。
面白いお酒ですよ、さすがろっくさんです。
もう2本あるので楽しみです。
たしかに言われてみれば海感もあるんですよね~。

誉池月は僕もおすすめされてなのですが、かなりいい印象ですね。
まだ掴んでいるというほどのんでないので何とも言えませんが。
いい線ついてるな~と。

最近飲んでいないくせにこんなこと言うのは違うかもしれませんが。
以前ほど勢いのない智則月山よりも、シーンの最前線に切り込んでいってくれそうな雰囲気あります。
攻守のバランスもいいですしね(笑)
智則も飲んでみないといけませんね。


王琭は丈径、あるいは意宇あたりが気にってますね。
ちょうどが意宇が冷蔵庫にあります。
渓なんかは酸があるのですが、やっぱ丈径が王琭の旨味ワールドをたっぷり表現できてる気がします。
超王琭とかその他のあたりはイマイチぴんとこないんですよね。


またろっくさん恒例の時期外れの濁りシリーズ(笑)
あいかわらず尖ってますねえw
超楽しみにしています!!



2018/06/25 (Mon) 03:30 | EDIT | REPLY |   
ろっく  
No title

誉池月買いました。
佐香錦×1401号の夏酒です。
一回火入れなので、ちょっと置いて夏の終わり頃にでも開けようかと。

お店では他に2種あったのですが、検索すると商品色々ありますね。
精力的に造られている印象です。
面白そうですね。


王禄、ありがとうございます。
丈径にしてみようかとおもいます。秋口くらいになるとおもいますが。
楽しみですね。
日誌係さん王禄レビューも参考にさせていただきます。


有磯は前々回は一升瓶だったのですが、開けてからの変化が幅ありました。
熟成の生酒でしたが、ユニークな変動でした。良し悪しは別です。

有磯。今後もチェックしていきます。

2018/06/27 (Wed) 21:27 | EDIT | REPLY |   
日誌係  
Re: ろっくさん

誉池月さっそく購入なさいましたか!
僕ももう1本くらい行っておこうか迷いますね……。
直汲みとか気にしなければ、生や火入れで商品数はかなり多いみたいですね。
酵母とかによって味が大きく異なるのか、そのあたりも気にかかります。


王禄は丈径からでいいと思いますね~。
ブルーじゃなくて普通の奴にしてください。


有磯はけっこう味の変化が多そうですよね!
ろっくさんを参考に、僕も次は2本同時に開けて長く楽しもうかな。

ろっくさんも更新頑張ってください!
最近更新頻度が高くてうれしいです、楽しみにしています!!


2018/06/29 (Fri) 02:10 | EDIT | REPLY |   
ろっく  
No title

誉池月はラインナップが色々とあり、すごく気になりますね。
今回、お店に行ったら直汲み純大山田1801があり、ちょっと迷いましたが、一升瓶のみだったので、最初からの目的だった夏酒の佐香錦にしました。
しかし他のスペックの気になりますね。


王琭、了解しました。ありがとうございます。
丈径のブルーって例のブルーボトルですか??


有磯ですが、今年はじめ頃に買い逃してしまったものがありまして。1901酵母の特注品かな。
あらばしりと中取りがあったのですが、一升瓶のみ。気になりつつ売り切れで買い逃しました。
表参道の青山三河屋さんです。
来年でたら買います。



おっと。寒菊のコシヒカリおりがらみ。持ってます。
商品違いますね。
M310の磨き50です。
にごり特集で遅めにしようかと思っていましたが、繰り上げますw



2018/06/30 (Sat) 01:43 | EDIT | REPLY |   
日誌係  
Re: ろっくさん


山田直汲み18号なんてのもあるのですか。
色々造ってますね~。
今の僕なら同じように夏酒のほう選んでしまうかもしれません。

丈径ブルーは話題のやつより薄い瓶だったと思います。
あの青い瓶問題はどうなんでしょうねえ。

あーあの表参道の酒屋さんで売ってるのですか!
まったく知りませんでした。
有磯のあらばしりは欲しいなあ~。

寒菊も9号と、18号か310の香りを出すタイプと造り分けてますよね~。
おりがらみは結構濃厚でしたが、悪い印象ではなかったです。
ろっくさんのインプレが楽しみです!!







2018/07/02 (Mon) 02:53 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  有磯 曙 純米生原酒 28BY
  • 家飲み記録 有磯 曙 純米生原酒 28BY     富山県氷見市のお酒です。  家飲み、外飲み含め初めていただきます、「酒の勝鬨」さん購入酒の5本目にしてトリ。  このお酒は「日本酒感想日誌」さんが何度か高評価で紹介されており以前から気になっていたところ、今回冷蔵棚の「残り1本コーナー」(これ面白いと思う)に発見してこれ幸いと購入した次第です。  ちなみに私はこの銘柄を...
  • 2018.11.26 (Mon) 19:02 | 酔いどれオタクの日本酒感想記