FC2ブログ

日本酒感想日誌

【979】誉池月 純米 改良雄町60 無加圧あらばしり 29BY

  0   0


ツイッターのほうで、誉池月が良いという情報を入手して挑戦。
あまり売ってないんですよね~。
いや池袋の東武でけっこうな種類売ってるんだけど、直汲みとかこっち系のがなくて。
こっち系があるなら、やっぱり僕はこっちからチェックしたいなと。

改良雄町60のあらばしり、直汲みというようなスペック。
酵母は王道の9号、もちろん本生。
2月出荷なのでそこのコンディション不良はあり得ます。
しかしとんでもないド田舎の蔵だなあ~。
三江線も廃線になっちゃったしさ。







ほうほう。
さすがに口コミは裏切らないですね。
不思議な香り、不思議な味わい。

ガスはどうかな?
溶けてるかなーくらいなのかな。
もしかしたらないくらいかもしれない。


優しく穏やかに香るのは、すこーしトロピカルに南国ミックスジュースな気もするような香り。
バナナにわずかなカプに柑橘などが混然一体となって、簡単にあれとは言えない感じ。

舌を包み込んでくるような滑らかで、軽く弾力のあるテクスチャ、タッチ。
優しいパステルな甘みに、しなやかなやや和柑橘っぽいような酸味が絡む。
勢いではなくて、果汁の滴り感のジューシーさ。

やわらかいエキス感もあって、味もあるんだけどちょうどよい。
うるさくないけど、物足りなさも感じない。

そして適度に軽やかなんですよねえ。
ガスの残滓のようなミネラル香というか、辛口的なニュアンスが僅かに香って。

ああ~これは素晴らしいね。
変質はしてるのかもしれませんが全く問題なし。
非常に柔らかく滑らかに、今の流行りからすると穏やかなミックスジュースてきな甘み。
さらにそれと相乗効果でお互いに高めあっている、ミネラルっぽさというか、スッとした点。
アフターまで祖のニュアンスが立ち上りつつ、いい甘酸が残りますわ。

たしかにこれは売れない意味が分からないね。
流行りっぽいのが好きな人も物足りなさを感じないし。
逆に流行り系はNGって人も飲めるレベルになっている。
程々に甘いけど、すごくは甘くなくて、きりっと酸味がきいたり。
クリアーだが、心地よく霞みがかった味わいだったりするからさ。
で、しつこくない芳醇さで、酸とか甘みのバランス加減の中から旨さを感じさせたりする。
味わいもあるけど、ゴクゴク、きりっと飲める。

あんまり他でない味わいなんだよね。
いろんな表情が出てみていて飽きない。
いろんな商品を出しているみたいなので、これがこの蔵のメイン的な味なのかは知らんけど。
これが而今なんかと並んで提供されても全く劣るところはないですね。

島根はどっしりした蔵多いけど。
やっぱ今全線で勝負できそうなのは智則(出雲月山)。
あれも最近は飲んでいないんだけど、ちょっと迷走気味な雰囲気で。
これがアベレージで出てくるなら、これが島根のトップで異論なし。
純米熟成系とか、王琭なんかは別ジャンルだけどさ。


1日あけて3日目。
あらためてもうちょっとちゃんと飲んでおきたいなと。
もうガスなんてのは感じてないです。
もちろんやや味が出てきてるってとこも感じます。

ただいいですね~これ。
きりっとしたテイストに。
やはりミネラル的な抜け感はある。
酸味がいいね~軽くて和柑だけど、そこから瑞々しい甘みも感じる。
派手じゃなく、好ましいフルーツ。
そして微かに繊細なビターさで、そのあとを追うように旨味も感じ。
わりと繊細なバランスな感じもするので、他のも飲んでみないといけませんね。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2397-db2952eb