日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【980】鏡山 純米吟醸 香味芳醇生酒 29BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

今日ちょっと用事があって川越にいってきましてね。
久々に鏡山でも。
近いんで都内でもよく見かけますが、逆に今日はええか、となるんですよね。
こんな日でもないとやらないので、いい機会になりました。

いちおう夏酒みたいな位置づけの商品らしいです。
玉栄50の無濾過生みたいですね。
基本は華やか系の銘柄だと記憶していますがどうでしょうか。





あら。
カプエチ系だけどあんまり甘くないお酒。
カプエチ系の酵母にありがちな少し苦味のある生酒で。
甘さを抑えることにより、その苦みなんかを有効に使ってきりっと夏酒っぽくという設計。

なかなかいいお酒ですね。
苦みもネガティブなものではありません。

香りも明らかに18号とかそっち系な気がしますが、出力は抑えています。
優しいメロンバナナに、確かにマンゴーっぽくもあり。
含むとさらっとしっとりした甘みが軽く。
きゅっと酸味がきいて、ボディはクリアー、するする飲めます。
軽くビターさを感じさせつつも、余韻にきちんと甘み香りが残る。

いいっすね!
レベル高い。
馬鹿の一つ覚えみたいに、へたくそな華やかで甘いお酒造ってるとこはこういうのこそ見習ってほしい。
良いところも悪いところもうまく使って、いい具合にキメてます。

さらっと滑らかシルキーな口当たりと。
穏やかな甘み、きゅっとした酸味に、苦みでカチッとダレさせない、
香りも優しくフルーツミックス的に。
18号感と苦みが苦手ならあれだけど、これは良いお酒よ。
上手だねえ。
やや内角よりに、ぴたっとキレのあるストレートを投げ込んできた感じ。
素直に感心いたしました。


もう5日目とかだけど。
いいな、これ。
ぶわっと香り過ぎるようなことはしないが、しっかり。
ケバくない、熟れてない少しそっけない熟れ果実具合。
18号とかはけばけばしいんだけど、これはいいぞ。
しっとり、ゆっくり。
さらっとしたタッチには、程よい粒の大きさ、中細というような感じで舌にも気持ちよく。
苦みの萌芽は酵母的にしゃーない感じであるが、苦い刺激的というとこまでは行ってない。
甘みもあるけど抑制的で。
勢いで激しい抑揚をtけるのではなくしっといフラット。
その中で静かに甘みと南国フルーツ香がでて、かすかにほろりと辛いようなビターなような。

ほんとに何年も飲んでいないんだけど驚いた。
上手いね。













関連記事
スポンサーサイト



Comments 0