FC2ブログ

日本酒感想日誌

【981】黒龍 九頭龍 純米 夏しぼり 29BY

  2   0


コメント欄でどうですかーとおすすめされたお酒。
黒龍くらいのメジャー銘柄となると、逆にこういうことがないと手が伸びにくかったりするのでありがたい。
しかも夏酒ですしね。

あ、栓とめる巻いてあるやつが樹脂になってる。
しかも緑でおしゃれ!

福井県産の五百万石65。
原酒で一火みたいですね。
搾りも出荷にかなり近くしているようで、フレッシュさも意識しているみたいです。







黒龍のこの辺のセグメントらしいお酒。
というか黒龍らしい。

とろっと滑らかなタッチ。
バナナ系の純米酒って感じのエキス、味わいの表現。
ですが野暮ったくなくて、高くはないはずの酸も数値よりも感じ、これまた伸びやか。
スムースさ、軽快さと、原酒のトロっとしたテクスチャのバランスがすごく良好。

バナナや柑橘とともに、微かに熟れたメロンのような香味が乗ってくるのが、個人的にはすごく黒龍っぽい。
すこしグレープフルーツっぽいニュアンスも感じますね。
フレッシュさ、生っぽさも生かしたしっとり芳醇めな味わいを、辛口がややドライ風に盛り立てつつ、ピシッと切れます。
ただ品の良い辛口ですね。
たとえば苦みや渋みがビリビリ来るようなものがありますが、ああいったものとは違います。
厳しさもあるのですが清々しく、なんだろう。
イケメンのすっと通った美しい鼻梁?笑
うーん、引きの切れていく曲線がなだらかで長いような、とにかく引きの味の曲線が山のなだらかな稜線を遠くから眺めるかのような。

メローでしっとりな味わい、微かに漂う香り、品よく美しい辛口。
非常にクオリティの高いお酒ですね。
黒龍はブレてない。
むしろ流行りを逆手にとって、古臭すぎないクラシックで王道を歩む。
流行りの中でより立ち位置が明瞭になってる感じありますね。
品格で、質感で勝負するんだという気概を感じます。
いや、そんな言えるほど飲んでないけどさ(笑

最近ラインナップちょっと変えてるよね?
九頭竜っていうと、黒字に赤の大吟とか、燗酒のイメージで。
夏酒ttえわりと最近出してるやつじゃない?
でもこれも、ぬる燗で行けそうだよね。
おれ夏の燗酒おしてるから。


まーでも旨いわ。
ラムネ的な香りをはっきり感じるようになってきた。
純米的な味わいもエキスエキスせず、粉っぽくなく、しっとり滑らかにちょっと生っぽい芳醇さ。
そのまろやかさのキメの細かさがワンランクツーランク高い。
そこにこー美しく立ち上り、おだやかーに着地していく辛味。
辛味とドライな旨味。
余韻もいいね~。
とにかく完成度が高い。
バランス、質感。
これは普通に素晴らしいお酒だと思います。
こういうのを自分で飲んで発掘できる大人になりたいもんですね!

もちろん毎回これだとつまらないかもしれないのだけれど。
すこし流行り系に飽きた?って時に試してみてください。
辛口なんだけど、ガス系なんかと違うのはガスがない分、しっとり芳醇さも感じさせる点。
味が多いんじゃなくて、液性としてしっとり、豊かというかそんな感じ。

何日目?
4日目かな。
へたったり、味が飛んだりするようなタイプのお酒ではないですよね。
むしろしっとりとした芳醇さ、そこから出てくる淡いメロンや柑橘、バナナといった果実味ははっきりと。
そこからドライな風味、そして辛口へのつながりもシームレスで完成度が高い。
ズバッとした辛口感はややずっぱりした感じになってくるんだけど、まだビリビリ来るようないやなものになってこない。
この辺もいいですね~。
それもまた一呼吸置くとほぐれてきて味わいや香りと良いバランス。
柔らかく軽やかなんだけど、目は細かく詰まってるし、味わいの輪郭の先の先までピンと美しい。

いやこれは美味しいなあ。
ひそやかな熟れ感が、はんなりと静かに軽く空気に溶けていく。
その中にち密な果肉と、同様に瑞々しさもあって。
華美ではいですがしっとり。
ぴっと凛とした勢いのある筆致のように、それでいてしなやかに辛味がきく。
すばらしいですね。
オフフレーバーとか、単に甘いとか辛いとかじゃあないんだよ。
美意識の問題だな。
おみそれしました、あっぱれです。
これは20代の僕では理解できなかったでしょうね。
間違いなく美味しいです。
これこそ一升でじっくりどうでしょうか?
今日のように雑味がでないで、かといって飛ばず、しずかーに熟れ感が出るなら。
まだまだ伸びていきそうな気がしますけどね。
なんなら開けずに半年くらい引っ張ったら面白いのかもしれん。













2 Comments

○○モン says..."No title"
お疲れ様です~
まさか本当に「夏しぼり」を飲んでいただけるとは。。。そしてそのインプレを伺えるなんて感激ですw
読ませていただいて私が飲んだ時のことをリアルに思い出せました!内容に本当に共感いたしました!!!

私は味の表現を文字にすることが苦手です・・・いつも漠然と飲んだ瞬間に、これは好きか好きじゃないかとしか思わないです。。。(ただ「嫌い」はないですw)
本当に今まで、ちゃんと造られた一般的に言う「地酒」を不味いと思ったことはありません♪
(もちろん大手の、例えば「紙パック酒」などは別ですけどw)

ある意味私のような人間が、酒飲みとしては一番幸せな人種だと思ってますw
2018.06.25 21:17 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: ○○モン さん"

いやいや、こちらこそ感謝です!
こういうのはありがたいです。

正直僕もそんな感じですよ(笑)
美味しいな~、まあまあだな、あーこっち系ね!とか。
感想って大体この三つで、たいていのお酒は楽しめてしまいます。
ブログなんかはじめちゃったもんであれこれ書いてはいますが、大体はこじつけか妄想みたいなもんですw

楽しく飲めるのが一番だと思いますよ!
あんまり細かいことは言わずに美味しいものを飲んで、楽しく酔っ払うのが一番良いです。
○○モンさんのような人が酒飲みの鏡です!!



2018.06.26 00:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2402-d98dadca