FC2ブログ

日本酒感想日誌

【997】孝の司 こうのつかさ 純米吟醸 山田錦 生原酒 29BY

  0   0


孝の司なのか、こうのつかさなのか、众(ぎん)なのか。
わっかりにくんじゃとは思いつつ、とにかくこうのつかさ、愛知の岡崎の蔵です。
30代の女性杜氏で、硬度0.2の超軟水なんだって。

去年やったこれが良かったんだよね。
で山田錦を選んでみたんだけど、生で3月出荷なのが一抹の不安。
裏書で置いてもええんやでって書いてあるから大丈夫だとは思うのだけれど。








うーん生の分、ちょっと味出てるな。
でも光る部分はありますね。

味わいはセメダイン系か。
甘ウマに、ハーバルというか野草な感じのビターさ。
生っぽくアクセントをつけてという感じ。

一呼吸おくと酸味もつややかに出てきて。
なんだろう、バニラ系というか乳酸菌飲料系というか、その辺の甘みも軽やかな部分もあっていい感じ。
少し口内に張り付くようなビターさがあるのは元からってのもあるだろうけど生で3か月寝てるからかな。
味わいの各要素とか出かたなんかは面白くて。

さらにもう1歩。
つーか駆け足で結構変わるな。
最初よりもすっきりと、またスッと少し辛いような雰囲気のフィニッシュになってきます。
少しハーバルな苦ウマ感に、柑橘っぽい酸と甘みが入ってなかなか行けますね。

面白いなと思うのは味わいは出ているんだけど、テクスチャというよりは液体としての問題か。
凄くクセがなくて、さっと流れるような感じ。
これが水なのかなあと。
立体的な抑揚とか盛り上がりは少ないんだけど、それが嫌じゃないというか。
低いところを薄くフラットに流れていくような感じ。
ちょっと寝かせの分エキスっぽく出てるんだろうけど、基本はすっきり系なのかなあとも思う。

なかなか面白そうな蔵だなーと思います。
いい具合のスペックがあったら追っていきたいんだけど。
正直この酒質で、美山だの雄町だのコメ違いのお決まりのリリースやってもつまんなくない?
なんかもうちょっと設計のとこで変化つけたほうが面白いような……。
つーか去年のんだあれなんかをもっと主軸に据えるべきだと思うのだけれど。
あーなんかガスのある雄町にごりが夏に出てるみたいなのでそれでいいのかな。
众(ぎん)も飲んでは見たいと思うけど、この酒質だとモダン系にしろコク系にしろあんまり生もとに食指がのびないというか。

しかし愛知は面白いお酒多いですね。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2437-6f843440