日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1003】篠峯 櫛羅 純米吟醸 中取り生 29BY

日本酒
  • comment4
  • trackback0

まあ毎度おなじみのお酒です。

ただ最近は少しあえて寝かせたものとかばっかりだったので、今年の普通のものです。
まあちょっともう3か月くらいたったので寝かせっちゃ寝かせだけどこのくらいはね。
山田錦50の生。





篠峯ももっと飲みたいんだけどねえ。
逆にプレーンな櫛羅、プレーンな篠峯ってどんなだったけっと思う。

あーあー。
細かいが、はっきりとガスあり。
非常に繊細で精緻ですね、パウダースノーが舞うようなミネラル感。
これはやっぱり長陽あたりと通じてくるなというところ。

味はわりと乗ってるねえ。
まあ生で3か月だけど、それくらいは全くいに返さない銘柄ではあるので。
初めから出ているんじゃないでしょうか。

かなりコクがあって、カラメルまではいかないけど。
リンゴの紅茶煮、コンポートなくらいはある。
いやシュガー、和三盆や黒糖っぽいニュアンスなのかな?
程よい味の出方とビターさとね。
セメ系といってもいい。

ビターさは張り付く感じもでてきてあんまりかな。
それでも酸味が伸びやかに背後から出てくるのはさすが。

ちょっと上級者向けな曲者感はあるかもしれない。
まあほかの商品がたくさんあるので、櫛羅はこれくらい味を出してきていいと思いますけどね。
篠峯は味が出てなくて若いと、味気ないくらいシュパッといくだけになっちゃったりもするから、
まあでももうちょっと飲みたいんだよね。
ミネラル感ガス感の表現なんかは明らかに好みなんだけど、つかみどころがないので。

ハマると凄いけどけっこうぶれるよね。
今年去年あたりは正直イマイチじゃないか?
コダマチューニングの初年度と、60八反26BY寝かせは凄かったけど。

これだとどう見ても長陽のが大衆受けするだろうし。
やっぱり俺は気持ち良さ的に澤屋とかほかの欲しくなってくる。
今日もついつい松の司愛山21へといってしまう。







関連記事
スポンサーサイト



Comments 4

にらぞう

まーたもうかんさんディスってるんですか(笑)

  • 2018/07/29 (Sun) 14:58
  • REPLY
kt
No title

今晩は。
遅ればせながら、1000本達成おめでとうございます!
プロ野球みたいですが(笑)

櫛羅の中取りは、今年ではないけど飲んだ事あります!甘味・旨味・酸味・渋味・苦味…と、これは一言で言うと…と考えてたら、出ましたね。「曲者」正にその通りだと思います。でも、嫌いじゃないです。割と好きな方でしたね。

この蔵と言うと、櫛羅よりは篠峯の方が良く飲みますね~新酒の時期の白いラベルの「うすにごり」とかが割と好きですが、個人的に篠峯は黄色いラベルの純米山田錦「遊々」が一番好きですね!あのパイナップルの様な甘味と柑橘類の様な酸がお気に入りで。
でも今期(29BY)は何だか、例年のお気に入りの美味さとは若干ベクトルが異なった様な…わずかな差だとは思うのですが…。なので、30BYに期待したいと思います(汗)

ちなみに、現在は澤屋まつもとのSHUHARI、OMACHI×YAMADANISHIKI試験醸造をいただいております。
久し振りに好みドンピシャな一本に出会えたな~と思ってます。甘すぎず辛過ぎず、かと言って酸が主張し過ぎる訳でもないのですが、のど越しに仄かに苦味も感じられ…程良いバランス感を感じます。

店舗と共同開発の企画モノも良い(と言えないモノもありますが)けど、試験醸造の場合は、その酒蔵がどんな方向で造りたいのか、そういうのが感じられる気がして好きですね。何年経ってもプロトタイプと銘打ってて面食らうヤツもありますが(笑)そういう訳で、同じ県内の蔵元や店舗とのコラボとかよりも、最近はこの「試験醸造」にスゴく惹かれる自分なのです(^^;)

日誌係
日誌係
Re: にらぞうさん


えー、これがdisってるように見えるのだとしたらそれはそれでヤバいような……。

自分で改めて見返しても全然disってないですよ。
素直な感想です、コンディションも好みも違いますしね。

  • 2018/07/30 (Mon) 12:33
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: ktさん


こんばんはです!

櫛羅は僕も昔から大好きなお酒なんですけどねー。
冷蔵庫で3か月ほど寝てるのでそのせいもあるのかもしれませんが。
なんかもう少し爽やか要素のあったイメージがあって、曲者感が強いなあと思ってしまいました。

なるほど~遊々ですか、たしかにそれはアリですね!
篠峯は商品数が多いのでどれを飲めばいいのか迷ってしまうもんで……。
シュパッとシャープでミネラリーなもんで、きれいな若いのを飲むと物足りなかったりもしますし。
ろくまるを飲めばいいのかなあ。

雄町×山田はほんとに完璧な仕上がりでしたね。
澤屋の新酒だとドライが過ぎるときもあるのですが、大衆受けするくらい程よく味も出てましたし。


試験醸造は思うに2パターンあって、試験醸造でたまたま美味しくできたから緊急リリースしますって蔵元と。
別に美味しくもないけど造ったもんはとりあえずリリースしますって蔵があると思うんですよ。
前者だとたまに予期せぬ傑作が出てくるところがありますね~。
とはいえ自分も新しもの好きなところがあるので、何度痛い目を見ても買っちゃうのですが笑




  • 2018/07/30 (Mon) 13:06
  • REPLY