FC2ブログ

日本酒感想日誌

THE SKY シードル ジャパニーズウィスキー マチュアード

  0   0


2日くらい日本酒をお休みしてました。
この後も飲みに行ったりもせにゃならんし、少し休むかもしれません。
今年はまあまあハイペースで開けてきたんで許してください。

昨日おとといと暑いし疲れたしで、久々に家でジントニックなんて飲んでました。
まあこれが消費者の自由ってことですよ。
別に美味しいしやったって悪くもないけど、日本酒のソーダ割だのロックだのそんなのは普通の人はやらないわけ。
それは日本酒が手元にあふれかえってるマニアならやろうかってなりますけど、普通はやらない。
コンビニ行ってなんか適当に買って終わりですよ。
だから蔵元も酒屋もそんなものを商品化したり、カッコいいとか自由だとかほざいて客に売りつけるのは止めろ。
特別美味しい革命的な商品だったら別だけどね。
そんなことの前に日本酒として必要とされるシーンに、きちんと美味しい商品を届けるのが先です。
それもまだ旨いにごりとかで提案してくんならわかるけど、カプのよくわかんねえちょっと薄くしましたみたいな酒で言語道断。

という愚痴はともかくとして今日は変わり種のシードルをやります。
信濃屋とバーの共同オリジナルボトリングで、結構前に出たやつなんだけどまだ売ってるなあ。
もう一つバリエーションがあってそっちは切れてるみたいだけど。

シードルは練馬の東京ワイナリー監修でメンバーが工程に参加。
あとはイチローズモルトのカスクでどの程度の熟成なのか知りませんがフィニッシュをかけているそうです。
だいぶ変わり種です。
常温で放置してたんでどうなってるのかは定かではありません。








お、おう……。
あんまうまくねえな笑

あんまり甘くないブリュットなタイプなのかな。
シードルはおれは甘めのほうが好きなんだよなあ。
というかシードル好きなんで夏のうちにもうちょっと紹介できるように買おうかな。

まあでも嫌な感じはないですし、それこそビールのようなグイグイいける感覚に近いのかもしれない。
ガスも軽めできつすぎないし、そりゃリンゴのお酒なので甘さ控えめとはいえ果実味も生きているの。
普通に美味しいです。
嫌なニュアンスなく、ほんのりリンゴっぽさと、ウイスキーのニュアンスで飲みやすい。
ウイスキー樽のニュアンスはほんとに軽ーくですね。
軽く香ばしいような樽系のニュアンスが漂います。

SPモノでちょっとした大吟くらいの価格はするのでその点はあれですが。
オモシロ体験です。
まあもう一つのアイスシードルのほうが本命なのかな、企画的には。
でも他の酒類だと気兼ねなく飲めるのがいいよね。
こんなブログやってると日本酒に対してはいささかシリアスになり過ぎちゃうから。
抜いてるときは抜いてるんだけど。

つーか満を持してシャンパンでもやるか、白ワインでも飲むかなんですが。
あれも高いのだと気合入り過ぎちゃうからなあ、安いのをやればいいのかな。
その点これはダメだけど、飲み切りのシードルひと瓶何百円とかってほんとカジュアルで夏は良いんだよね。
甘くて美味しいし。

ちなみに本場ではシードルってマグカップで飲んだりするらしいです。
シードルマグなんていうちょっと特徴的なマグがあったりするみたい。
なんでマグで飲むのかは不明ですが面白いもんですね。

でも器に注ぐと少しだけどなんかすっごくクリーミィに泡が立つな。
ビールみたいにして泡立てて注ぐのもいいのかな?
さっぱりしたドライ感もあるけど、リンゴの甘みの残滓と、樽の風味が微妙に濃厚さを与えとるような。








Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2458-4ad4af4f