FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1008】謙信 純米吟醸 五百万石 直汲み 29BY

  0   0


だいぶレアになってしまった謙信の直汲み。
もちろん直汲みってのは良いんだけど、あんまり重要じゃないかも。

日誌係と謙信に歴史あり。
もう5年前とかですけど、いいな~と思った後にしばらくそうでもないなって時期が続いて。
今年の頭に愛山だったかをやって一つの結論にたどり着きました。
それはぽちゃっとするくらい味の出た、寝かせた謙信が好きだってこと。
逆にそうじゃないと普通過ぎてピンと来ない。

で今回は熟成度合いのチェックです。
夏で十分飲めるのか、年末くらいまで引っ張るのがいいのか。
これも年末までは寝かそうと思っていたのですがなんか飲みたくなっちゃったので。


20180807_010850 (1)


あーどうかな。
まずまず狙い通りの方向には育ってる。
むしろ育ちすぎ?
結構熟成のニュアンスは出てるが、味乗りはまだそこまで?
もう少し寝かせればバランスよく育つのか、それ以外の問題なのか。
熟成のハマった謙信だけがいいのか。
なかなか難しいですね。

注いでガスが見えるほどではないですが、含めばやはりガス感は感じます。
それが謙信的なサクッとした捌けのの良さをブーストしてるのですが。
やや強めで辛口ともいえる仕上がりになってます。
そしてフィニッシュの後に明らかに生熟的なオフフレーバーが出てしまいますね。
ここはちょっとうまくいってないな。

最初に戻って。
爽やかな酸味、リンゴは謙信らしい。
甘みのノリはまだ決まった時の熟成には足りない、もっと乗ってきてもいい。
バニラ的なものは出てるけど、ややビターな渋みが強く、茶色いイメージ。

難しいね(笑)
方向性は間違ってないんだけども、明らかに熟成失敗という感じ。
これが自家熟成の至らなさなのか、BYとかロットとかによるものなのかは不明です。

この辺蔵元でも酒屋でもいいからコントロールして、いい状態で毎年まとまった数出してくれると助かるんですけど。
昔もややSP的な出方の商品が多かったから、はまったものはって感じなんだろうなあ。
ハマれば生熟がすっごい美味しいので、そこに焦点を当てた商品が一つでも欲しいとこですけどね。
まあ変な寝かせは蔵元にとっては手間かかるだけで儲からんからなあ。
いい酒はとりあえずさっさと出しとけってのはしゃーないかなあ。
その分値段取っていいんだけど、それを受け入れる層が育ってないからね。
ひやおろしに一縷の望みを託しますか。



Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2463-5337254e