FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1009】志賀泉 夏泉 純米吟醸 生原酒29BY

  2   0


志賀泉やらなきゃあ、どっかで見たなと思ってたらこだまさんでしたね。
銘柄的には志賀泉、一滴二滴などになるようですが、夏泉として夏酒をだしてましたので。

商品自体はまだ2年目になるようです。
磨き50で13度の生原酒。
昨年は磨き59だったようです。
夏酒といいつつ詰めが4月で生なので、飲むタイミングが遅くなったことが一抹の不安。







んー、判断が難しいな。
やっぱり少し熟してるような気がするんだけど、どうかな。
ただ他の酒の数値とか見ても元からこうなのかって気もするから何とも言えん。
ガス感はギリ感じ取れるか?

ジューシーな酸味が魅力的です。
しっかり主張としてあるんだけど、柔らか。
すごく気持ちよいですね。
きゅんっと夏ミカン的な酸っぱさで、キチンと色合いが感じられる。

そこに甘みがそこそこかぶさってきます。
その中にややしっかりとコク感、お米の旨味なんかも感じられて。
そこかすこーし熟してるのかな?と思った次第。
香り的にもちょっと梨っぽいような雰囲気があるかな?

軽く柑橘的なイメージのほろ苦さに、前述の旨味の分エキスは感じるんだけど。
クリアーでさくっといってくれます。
味わいをしっかり出しつつ、低アルの良さが出ているのなんかは非常に好印象。
クリアーなのと、きゅっと酸味が効くあたり。
酸味なんかはほろ苦さへとつながって行き、ちょっとドライな風合いすら出してるのも面白い。

酸の凝縮感はちと違いますが、少しコクっぽいとことか、香りとか。
同じ長野で、同じこだまさんの扱いもある本金なんかはちょっと似てるかなと思いました。
この酸がこの商品だけなのか、ほかもなのかは不明ですが。

うん、いいね。
この酸味は気持ちよい。
甘みも程よい。
ややまったりしたとこは好みがわかれるとこだと思うけど。

少なくとも13度だけど、物足りないなって感じはしないし、失敗とかではなく狙い通りなんだと思う。
ほかの酒見ても大体やや落ち着いたフルーティさと、程よい甘ウマ、コクって感じなのかなと。
中には酸味が効いたものもあるという感じ?
軽やかさとコクのバランスは飲み進めるほどに秀逸ですね。
落ち着けてあるんだけど、それなりに香るのは長野酵母か?
もしかしたら18号とか、ブレンドかもしれんけど。

長野酒ってのはなかなか面白いなあ。
酵母のせいもあるんだけど、香りあって、味も割と田舎っぽいってたら言葉悪いけど。
ややしっかり出るのが好きなくせに、酸が出るのも好きみたいな。
なんかそういう案外他ではありそうでないバランスのお酒が多いような。
流行りに乗ってるようで、自分の好みも曲げないよ的な。











2 Comments

なまっぴ says..."No title"
こんばんは。
志賀泉酒造の「夏泉」飲まれたのですね!
私は今季の「夏泉」(精米歩合50%タイプ)を飲み損ねてしまったので何とも言えませんが、評価は悪くなかったようで安心しました。
低アルコール酒ながらしっかりした旨みがあってとても美味しい日本酒でした。
今期は志賀泉酒造さんから山恵錦のお酒も新発売されているようなので、可能であれば飲んでみたいです。
(が少し厳しそうです)
2018.08.12 23:52 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: なまっぴさん"

そうなのですよ~。
低アルながら味わいがしっかり感じられ、でもライトで、また酸味がチャーミングでした。
ご紹介いただいて感謝です。

山恵錦も出てましたね~新しいお米とのコラボは気になります。
次はリリース直後のタイミングで、なにか飲んでみたいと思っています。
どれに行くか迷うところです。

2018.08.14 20:04 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2471-d3de3abd