FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1013】相模灘 純米吟醸 美山錦 火入れ 29BY

  0   0


相模灘って何年ぶりだろう。
もしかしたらブログ初登場かな?
始める前に家で飲んだことはちゃんとありますけどね。

昔は僕も華やかの大好き甘いの最高!という好みだったのでいささか地味だったんでしょう。
外でもここ数年は飲んだ記憶ありませんねえ。
今飲んだらどうなんだろうということです。

関東圏の蔵元ということで見かけるようであまり見かけないというか。
300石とかその程度のすっごく小さな蔵なので数がないのかな。
そういったこともありこの時期なので火入れです。
まあでも昔から名は知れてる割にまだ細々とやってるというのは地に足がついていて好感が持てます。

あとは僕自身もうちょっと火入れのお酒をやっていくべきなんじゃないかということもあります。
基本的に生を中心に飲んできたので、今でもなにか新しい銘柄飲むときは生で、となります。
甘くなくてもフレッシュ感のあるお酒のほうが好きですし、火入れは火入れのうまくない酒ってのがまだあるもんで。
とはいえ明らかに好みが変わってきて、火入れメインの蔵元でも好きなものも増えていますし。

長くなりました。
美山錦の50、9号酵母。
火入れってこともあり蔵元ド定番の1本ではないでしょうか。






しかし樹脂の栓増えてきたなあいいこった。
怪我しない扱いやすいってのもそうだけど、あれ栓の頭の部分は空いてるんだよね。
これは違うけどガスのあるやつとか、頭抑えながら抜きやすくてさ。

結構しっかり色ついてるかなあ。
あ、やっぱいいね。
思った通りというか、今飲むとこの辺が美味しく飲めちゃうんだなあ。

滑らかなタッチが目立ちます。
滑らかですが重すぎないのがいいですね。
うすーくメロン系の香り。
穏やかに酸味を感じさせつつ、うっすらと脂がのっているような甘み。
するっとほどけつつ、少しカチッと辛口な雰囲気でまとめてる。

仕立てがいいですねえ。
きりっとしたフレッシュさ、ふくよかな味わい、キレ感、滑らかさ。
こういった要素、バランスにしっかりしたお酒だなあと感じます。

これがもう少し重ければ、あるいはもっと育つのが早ければどしっとした酒らしい酒になってくるんでしょうが。
そこまでいってないのがいいですよね。
かなりとろっとしていて、程よい味わいも感じるのですが。
上品な滑らかさと、酸味、辛口テイストがいいバランス。

火入れでも無濾過なんだよね?
すこーし苦みも出てきそうかなあって感じだけど、もっとグワっと張り付くように苦いものと比べれば全然OK。
香味はお米のふくよかな旨味、微かにメロン、ブドウ、グレープフルーツといったところでしょうか。
グレープフルーツ経由でちょっと飴っぽいかなあ。
味わい、エキス感がコントロールされていて、少しそっけないくらいの造りで育ててきてこの味わいといったところか。
その辺も心憎い。

進むお酒です。
特に品のいい滑らかさがいいですねえ、丁寧な造りをうかがわせます。
今、改めて槽場汲みとか飲んだらいいんだろうなあ。
来年はやります。
ただ新酒の時期は激戦だから、あえていまそういうお酒があると嬉しいんだけどね。
それはなかなか。

そういえば来年ってどうなるんだろう。
今から来年にかけては30BYか。
じゃあその次が1BYになるのかな。
そのうりちゃんとH29BYって書かなきゃいけなくなるのだろうか。


2日目。
軽いっすねえ。
すこし柑橘っぽいような飴っぽいような香りもありつつ。
酸と甘みがいいバランスでぱっと散って。
しっかりコクと旨味も広がってきて。
辛いって程じゃなくキレ。

地酒のレギュラー酒として素晴らしい出来。
しっかりとした味わい、その上での軽快さ、飲み口。
高レベルです。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2493-65b6260d