FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1016】和田龍登水 純米 山田錦 生原酒 29BY

  0   0


とすいって読むんだっけ?
しかしいつみても凄いインパクトの名前だ。

2年前に飲んでるか。
美山錦だったので今回は山田錦を、と本能でおぼえていたようです。
磨き59でその他すべて非公開。






おおお。
いいですね。

ぱっと軽やかに甘みと酸味が散ります。
香りは何だろう、穏やかに香りうるさすぎない。
バナナやバニラ、ミルキーなニュアンスと、酸に引っ張られて柑橘、チェリーとかプラムみたいなイメージ?

滑らかに蕩けるような味わいに、やり過ぎないコク感もきちんと表現されています。
酸味とか甘みのチャーミングなところと、この辺のバランスが見事。
いや、ここで控えめなバナナやメロンともいえる香りから、ブドウ系が頭を出してきましたね。

そしてフィニッシュはやや過激にビリリと。
辛味にやや渋みも絡むでしょうか。


なかなかいいですね。
少し温度が上がってこなれてくると、やはりミルキーなバニラ、セメまでいかない柔らかいバナナに、微かにブドウか。
ふわりと柔らかく、そして美しく広がるバニラ系の甘みが素晴らしいですね。
そこに絡む酸味も秀逸で、クリアーでややミネラル感もあるボディに巧みに練れたコクを感じさせ。
ピリリと程よく切れていきます。

これは秀逸ですね。
凄く良くまとまっていて、何が突出して風変わりなところがあるわけでもないんだけど。
なかなか他でない味わいです。
蔵元のスタイルが見事にキマってます。
流行りの純吟ってケバケバしさでもなく、かといってややオールドスタイルなセメダイン純米バナナでもない。
そして8月に生でこれかあ。
素晴らしいね。

常温に近くなってくるころにははっきりと強いミネラル感をフィニッシュに感じます。
ズバッと。
ズバッといった後に広がる余韻。

茶碗で。
やっぱメロンか。
バナナとかブドウとかより淡いメロンだな。
すこーし甘いというか、もうすこし研ぎ澄ませたい気持ちはあるけれど。
ミネラルの出方、世界観。
これ神レベルにコスパいいと思いますよ。
松の司の愛山21とか、あるいは龍力なんかにかなり近い世界観がこの価格で。
ややマイルドに親しみやすさがあるので、もう少し磨いて研ぎ澄ませたら?
和田龍登水、これはもしかして凄いのでは?
他のもやるの確定!!






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2498-7a2b84d0