FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1017】にいだしぜんしゅ 生もと 無ろ過生 29BY

  2   0



金寶自然酒からにいだしぜんしゅになったのって今年からだっけ?
正直前にやった時のこっぴどい思い出しかないのですが一応ね。

お米不詳磨き80の生もと無濾過生ですが、ちょっと特別な中取りだったと思います。
出荷も7月だしね、これ普通のは新酒の時期に出てたやつだから。
蔵付き酵母。







どれどれ。
ありゃいいじゃん。
だいぶモダンになったねえ、いや前のもそんなに知らんけど。

ぽちゃっと甘めにうまいこと味乗りしてるけど、その分すこーしヒネっぽいオフフレーバーもあるっぽいので。
オフフレーバーってかセメっぽさが少し残る感じかな。
新酒の時と好みは分かれるかもしれませんが。

生もとっぽいクリアーなタッチ。
酸味は鮮やかに、ぱっと抜けよく、かつ少し乳酸なんかの味わいも感じる伸びの良さ。

香りはセメダイン系に、ラムネ的な要素を溶かし、味わいとともにバニラがはっきりと表れます。
リンゴバニラなんかも感じさせつつ、ある程度はっきりと甘みが現出しますが、キレ感は文句なし。
ガスは飛んではいるんでしょうが溶存してるのと、酸味からすこしドライなニュアンスが出て、ビターさとともにややかすれたタニックなテイストでフィニッシュ。
このドライ感は低精白の特徴的な味わいだと思います。
すこーし雑味っぽい感じもあるんですが、まあこれくらいは許容範囲ということで。


まとまってきますと。
あーあれですね、仙禽の26BY赤とんぼに近いですね。
同じような構成の商品ですからね。
甘みにはバニラ感と、ただの軽薄でない複雑さも少し感じます。
今でもちょっとあるのですが、もう1歩進むとブランデー的なニュアンスになってくると思います。

酸味もやや白ワイン的なドライさからタニックなものも感じ。
さらにフィニッシュできらきらと程よい粗さのミネラル感も感じます。

ここまで書いたことは最高なんですが、これ熟成なのか元からなのかわかりませんが。
すこーし米味が強いというか、古臭い味わい、エキス感、あるいはオフフレーバー的ニュアンスでもいいですが。
そういったものが感じられるポイントがあるのが残念です。
そことあとはもう少し酸味にジューシー感やカラフルさが加わってくればとてつもない領域も見えてきそうなお酒ではあります。

おもしろい、楽しみな存在ではありますね。
もう1本飲んでみたいです。
ただもう1本飲んでも同じニュアンスがありそうな気がしないでもないのが、今一つテンションが上がらない理由でもある。
すっごいいいお酒なんだけど、これは完璧だ!って瞬間はない。

おしい、惜しいんだよなあ。
甘みもしっとりじわっと濃密で、蕩け感、バニラ感。
酸味が絡んでいい塩梅の蜜感。
さらにそこからミネラル感もあって程よくいってくれるんだけど。
ほんの少しのバランスなんだけどなあ。
これこそロックにでもしてライムでも少し絞ってみようかな。



4日目。
あーたぶん時期の分ぼっちゃりした味乗りはあるけど基本的には好みなんじゃないかなあ。
甘みはシュガー。
酸味のブライトな、明るい抜け感は、甘みで表情がついて果実味もある。
ややトロピー。
ややもたつくも、ガスもあるし、ゆっくりめにガスからの立ち上りも来るか。

うん、うまいと思いますね。
良さげなのを早めに拾いたいとこだけど30BYかなあ。
しかし垢ぬけたね。
多少エキスはあるんだろけど、生もとでバランスとってる感じか。
もう少しソリッドなのがあればもっと好みか。
まあこれラベルからしてどピンクだしな。















2 Comments

kt says..."No title"
以前のは飲んだ事ないんですが、「にいだしぜんしゅ」になってからは、「めろん3.33」の一本だけ飲みました。結構良かった印象がありますね。他がどうなんだろう?と、その後は買うのを躊躇してたので、出てきて参考になります。
最近は保守的に、以前飲んだ事があるのばっかり(写楽の酒未来とか鶴齢の愛山とか)買ってるので、久し振りに冒険してみようかな?
2018.08.22 20:26 | URL | #IQn4OT2I [edit]
日誌係 says..."Re:ktさん"

自分は金寶自然酒の番外みたいなやつしか飲んだことなくて、それがからっきしだったのでそのイメージしかなくてですね。
今回思った以上に良かったのでちょっと驚きました。
もう一声来てくれれば最高なのに……とは思いますがたぶん大好きな人いっぱいいる味ですね。
随分垢ぬけた印象で、自分の好みに近そうなものを見つけてまたやりたいと思っています。


>>最近は保守的に、以前飲んだ事があるのばっかり

この気持ちはよくわかります!
でも自分なんかは飽きっぽいので、無理やりにでも冒険を織り交ぜてかないと日本酒自体にあきちゃいそうで(笑)
Ktさんもぜひたまには未知の世界へどうぞ(笑)


2018.08.24 18:32 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2500-49a0ff6a