FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1029】山縣 アートラベル 純米 無濾過生原酒 29BY

  0   0


山縣は2年前にもやっていて、その時はタイミングでちょっと熟しぎみではありましたが好印象でした。
すっかり忘れていたのですが、今回なぜか酒商山田さんのコンセプト・ワーカーズ・セレクションとして売られていたのを発見して買ってきた次第です。

この蔵元については他の商品もあればなあと思っていたところ、ちょうどまるめちさんが毛利という銘柄を掲載してました。
むしろこっちがメインなんですかね~このへんは統一してほしいなあとも思いますが。

ちなみにもうチョコっと試飲済み。
うえもさんで、このシリーズの土佐しらぎくをみてたら試飲のボトルを出してきていただきまして。
その中で店主さんがこれ美味しいよ~といってお勧めしてくれたのが山縣でした。
前に飲んだイメージも、今回試飲した感想も、うえもの店主さんはこれ好きだろうなあと。
お勧めしてくるのも当然の流れだよなという感じでした。
あそこの取り扱いでいえば智則とかあの辺に近いことになるのかな。






ツイッターで流れてきた飲み方をやってみます。
どういうものかというと、立てて保管した日本酒で、おちょこ一杯くらい上澄みを捨てる。
そっしての上で静かに攪拌して飲む。
これで日本酒をクリアーに味わえるらしくて、理屈としてはオフフレーバー的な成分が上にたまりやすいんだそうです。
実は何度かやっていて、確かに効果を感じるなと。
4合だとなかなかやりづらいですが、1で升瓶カプ系の生で少し時間がたったものとかやると割と効果あるような気がします。


いただきます。
試飲とは抜いた後の時間経過とか温度とかもあるので一概には言え無いのですが。
飲み方の効果もあるのか、気持ち甘さ控えめのようなイメージですいすい飲めます。

それにしても良いですね。
ここ四季醸造なんかなあ。
前回も8月出荷だったからあえてこの時期に出してるんだと思うけど、この時期にこの手のムロゲンが飲めるというのはそれだけで価値があります。

程々に果物の熟れた香りがあるものの、カプエチボンバー的に鼻につくものではなくまずそこが好印象。
そしてやや甘口くらいで、そこにガス感がある最近流行りの王道タイプ。
それでも甘すぎず、雑味感も好きなく、うっすらと酸味が溶けつつ、程よくしゃきっと行ってくれる。
非常にバランスの良い、イマドキの日本酒が好きな方には万人受けする味わいで、十二分なレベルに達してると思います。

粗てめて飲んでみても、香りや甘さなんかがある程度抑制されてやり過ぎてない。
柔らかい風合いも感じつつ、締めるとこはカチッと、クリアーさやシャープさもある。
すいすい飲めますね。

一歩引きながらも熟れたフルーツ香も好ましく、まるめちさんのメロンクリームはわかりますね。
白桃なんかもイメージとして出てくるかもしれない。
ちょっとタッチも関係してるのか、いい意味でのクリーム感がある。

あえていえば、少し穀物感がところどころ散見されるのは、気になる人もいるかもね。
もっとがつっと甘くすればこの辺はマスクされてくるところなのかもしれない、
凄く上手だけど、この辺が純米って感じか。
あえて狙ってるのかもしれないけど。

ただ十二分にお勧めできるお酒なので、見かけたらどうぞ。
もしかしたもう少し時間がたつとか、明日とかのほうが味とガスのバランスでよくなってくるかも。
やや抑制されたスッキリ感で、かつサラッとした溶けの甘みなので、もうちょっと出てきたほうが好きな人も多いかもしれません。
酸味も入ってるけどぺらつくような味わいじゃないし、いい甘さだから。


3日目。
落ちないですね。
ガスも健在で、むしろミネラルがたつ。
甘みも半歩抑えてあって、率直に美味しいです。
香りも抑えてありますよね。
すげー期待されてもこまるけど、こっち系好きならこの価格で後悔ってことはないかな。
程よくクリーム感のある味わいとか、ソリッドさとか好み。
もっとフルーティに果汁感のあるのがウケるかもしれんけど、その辺は色々なバランスということで。
やっぱり楽しみな銘柄。







Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2530-91e02a4d