FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1030】舞美人 sanQ 山廃純米 無濾過生 29BY

  0   0


舞美人は今年やろうやろうと思っているうちにもう9月になってしまいました。
出荷が4月なので半年ほど、コンディションにやや不安はあるのですが遅ればせながら購入。
まあ酸度5.6とか山廃とか、少々のことではへこたれないだろうと期待してみます。
酵母無添加。





明らかにとろっとしており、また色も濃いです。

含んでみると、少し雑味は増加しているのかもしれませんが破綻はしていません。
熟成感もそれほど出ているようには感じないところです。

もちろん酸味はあるのですが、数値ほどではないはずです。
ボディとの一体感とか、ビリビリ来るような刺激がないとか、そういったところですねきっと。
ビネガーっぽさもありますが、それよりもピンクグレープフルーツを濃縮したような爽やかさです。

テリ、光沢、艶やかさのようなものを感じ、乳酸菌飲料のような甘みをはじめその他の味わいもしっかり溶けている。
そこに微かにタニックなニュアンスが入るんですが、ウッディという感じですね。
またそれが他の要素を引き立てるというか、バニラリーなものを感じたり。
木槽とか蔵付酵母とかってことよりも、山廃とかの特徴なのかなあって気がしますが。
ただそれがスッとした清涼感を添えていて、トロっと濃醇なところから、酸味とともにスカッと切れるってわけじゃないですがキレイにひいてくれます。

相変わらずいいですね。
sanQということで、どんなのかちょっと噛めていましたが前回に飲んだ普通の五百万石とほぼ同じイメージでした。
凄くよろしいかと存じます
蔵元の芸風、スタイル、個性として成り立ってるのは完成度ですね。
バカみたいに数値で酸っぱいとか辛いとかってんじゃなくて。ちゃんと飲んでおいしい味わい、完成度高い。
このピンクグレープフルーツ濃縮のような味わいは好きです。
甘みもあるし、かじるのイメージも感じられるし、あと下品じゃなくて上品。
旨味ももちろんあるんだと思うんだけど、旨味がガツンと来るタイプじゃなくベースはクリアー。
とろっとした濃醇さで厚みをつけてくるタイプ。

熟成感は強くは感じない。
気になるのはフィニッシュ後の余韻のとこで、そこにあまりよくはないエキスっぽさが出るかな。
味わい的には円やかな味わいがマリテるのかなーとは思いますが。
酸とウッディなスカッと感でその辺はべつに何とも。
別にへたるような祖開けではないですが、無濾過生ならリリースから期間を空けずに飲んで間違いないお酒かな。
火入れはないのか?
小さい蔵でこの時期になるともう在庫切れみたいのも多いけど火入れも飲みたいな。
味わいの厚みというか、みりん的というか、日本酒的な丸さ、浪花節こってり感もあるお酒だけど。
これ火入れでちょっとモダンに出したら質のいい白ワインのスカッとしたヌケのいい酸味ですよね。
日本の空ってよりはヨーロッパの乾いた空気の空のようで、ワイン的だと思います。
いや、それを日本的に仕上げてるのが貴重なのか。

毎日飲みたいお酒だとはあまり思いませんが、なんだか疲れたときに飲むと力が湧いてきそうなお酒。
そいでまた焼き魚から肉まで案外なんでも行けちゃうんですよねえ。
あんまり刺身って感じの酒ではないですかねえ、どっちかってと山より。

夏に栄養ドリンク的に甘酒みたいのはやりましたけど。
そんな感じで夏に飲みたい気はします、それこそロックとかでもばっちしかなと。
明日はお燗でも。

え、つか舞美人飲んだの去年じゃなくて一昨年かあ。
いよいよ記憶がヤバいというか時の流れがアクセラレーションなおっさん化といか。
前回の記事のが簡潔に的確にとらえてるなという気がします。

あーちょっと梅酒テイストか。
前回飲んだ時にセットで記憶している山陰東郷にピンクラベル甘口なんかも飲みたくなりますね。
あれも飲みたいけど、山陰東郷はまた別のもあるし。
とりあえず買わなきゃ。


3日目なか?
なかなかクセっぽくなってきましたよ。
チーズのような香りに、ビネガーっぽさ。
それもまだ果実の残滓があるのと、やっぱり味わいは綺麗なんでしょうね。
味わい自体はクセなく飲めてしまうので不思議なものです。
ここまでくるとお燗かな。

これごく少数だろうがたまらねえ人はたまらんのだろうな。
チーズのような乳酸といっていいんだろうと思うけど、ビネガーに近いくらいの酸味の雰囲気。
いやお燗で増幅されとるやん。

うはあ。
すっぱいー。
甘みもあるんだけど、とにかく酸っぱい。
口が梅干しになるくらいの、唾液がじゅわっと来るくらいの酸っぱさ。
それでも雑味なく、ウッディなようなタニックなようでで、中はクリアーに飲めるからね。
程よくドライで、かすかにバニラやハチミツのニュアンス。
その前にキュン、どころかギュンギュン来る酸味にやられますが。

お燗はsanQの名に恥じぬ変態っぷり。
とはいえ普通にリリース後時間を空けずに冷で飲めばグレプル濃縮で楽しめる人老いと思うけど。
sanQだけじゃなく他のスペックも。





Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2532-161cdf77