FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1035】辰泉 本醸造 山廃 生原酒 27BY

  0   0



これはこだまさんの別誂えで、生原酒ですがもとから熟成使用だったこともあり期待できるか。
リリースは28.11で、それでも2年近いですね。
リリースの時点で1年弱寝かせていた商品ということになります。

これも今年の頭までは氷温、その後10度。
もはや生原酒とかそういう問題でもない気がするんだけどな。
火入れならアリだけど。






やっぱり香り面は氷温で落ち着けてあっても、生は余韻のあたりに嫌なエキス感が出てしまいますね。
これはもうしょうがないことなんでしょう。

とは言えこのお酒は面白い。
まだ甘いですねよね。
チャーミングな熟れた果実っぽさもあり、クリーミィさもある。
やや蕩けすぎなのは間違いないが、なかなか魅力的な甘みにまだ酸もキレイな溶けをしています。

同じこだまさんの取り扱いで、笑亀の普通酒直汲みなんかも同じ系統かな。
個人的にはぺらいカプ系よりはよっぽど好きな系統で。
甘み酸味もありながら、パワフルなコク感とか。
少しこーピっといってくれるようなキレもある。

どうしても余韻のエキスはありますが、氷温で落ち着けた効果もあってか含んだ時の香りとかは非常にきれいに落ち着いてます。
纏まってくると五味が溶け合った味わいが、滑らかに丸く、それでいてきれいに楽しめます。
これコシヒカリなのかよ、やるなあ。
この甘みは、例えば香りがつけばベリー感すら感じそうな感じ。
旨いね。

お燗にすればさらにまたウケるんじゃないかな。
これはまだ売ってるみたいです。
流石ですね。
なんというか田舎のおおらかな里山風景というか、そこに立つ古民家というか。
たとえればそんなポエムになります。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2541-6a6e4e96