FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1039】澤屋まつもと 試験醸造 AIYAMA×YAMADANISIKI

  4   0




思えば当年ものを飲むのも久しぶりな気がする。

ガス感とミネラル感が細かいけど強いという感じで、つきこしなんか思い出す系。

味わいはどうだろう。
やっぱ愛山だな、山田錦とは全く違う。

あんまりラムネって感じがしなくてちょっとスイート系。
バニラアイスのような甘みはむしろ蕩けるようで、チェリー的な妖艶なイメージの酸味をいつもより余計に感じるかな。
あくまでもここの蔵ではという話。

熟成を経なくてもふわっとした薄いベール的なミルキーさは出ていて。
ほんのり苦みなんかも感じさせつつ、ミネラル感は良好。
どっちかってと小気味よくしゅわっと切らして、余韻後にここらしいラムネが彩をもって。
ここは好きですね。

チャーミング寄りというか、バリエーションとしては楽しいかな。
ガスがああって粒立ちの気持ちよさもあるけど、旨味がやっぱ出てこないですよね。
あの削いだ中のエネルギーとかしなやかな強さとか。
どうしても表面的なところが出てきてします。
そんな印象でしょうか。

雄町×山田の火入れは買わなかったんよな。
生で寝かせてるのそろそろ飲むか。

かなりはっきり甘いね、銘柄比。
こっちのが好きな人はいるんじゃなかろうか。
ミネラル感は最高だし後半の僅かなフルーツの出方は鮮やかでこのましい。
これはこれでといったところでしょうか。

いやーこの時期はいつもなんだけど日本酒に対する欲望が下がる時期で。
ひやおろしってそそられないし、新規の銘柄も少なくなってきてるからなあ。
見落とし銘柄でも意識的にあさっていかない限りは、まあ澤屋でもあければとなっちゃうのがね。
最近あんまり買ってないし。

あーでも温まってくるとラムネも出てきた。
そんないチェリーっぽくもねえや。
甘いんね、だからそれにマスクされちゃう。
まあお好みで、たぶん普通の人はこっちのが好きだと思うけどなあ。


1日?2日?
あいたのですが、やっぱりいつもの澤屋とは明らかに別ですね。
山田錦も五百万石も愛山もやっぱりちがう、あるいは違うように造っているということでしょう。
あくまで静かなのですが、含んだ時の果実の熟れた香味が明らかにあります。
ブドウやメロンを感じますが、その中には五百万石で出てくるようなイソアミルもあるでしょう。
山田錦を王道としたときに五百は超静かドライかセメ方向に振れますし、愛山はやはり少しチャーミングにカプ的要素もあるというか。
明らかにイマドキの日本酒が好きな人にはこっちのほうが受け入れられやすいかな。
愛山だけだとここの蔵はまたイマイチはまらないというか違う方向に行っちゃうんだろうけど。
山田錦も入れることでその辺がうまく補正されてんのかな。

とにかく熟れた芳香がたって、甘みを感じるところに酸味が艶を出すと。
酸味はやはり愛山的ですね。
そこにわっと細かいガス感。
スローなテンポと纏う品格はこの蔵そのものですが。
やっぱり少し華やか。
ガスの粒立ち、刺激感はあるし、もちろんフィニッシュのミネラルもあるけど山田錦とはちょっと違う。
削いだ中のエネルギー感勝負ってよりも、少し周りの肉付けが多いかなという感じ。

何回も言いますが、一般の方にはこっちのがウケがいいと思います。
別にマウント取ってるわけでもなく、ここの愛山は山田と比べるとだいぶ差があるなあと感じていたんだけど。
ココの愛山としてはもっともよく仕上がっているといってよいのではないでしょうか。
熟れた香味がはっきり出るのでそれこそ而今とか好きな層はこの辺から入ればいいんじゃない?

僕はもう純粋にここのファンなのでkろえもいいなあと思うのですが。
これ飲んでるとやっぱlot.85みたいにキマったのが欲しくなってきますが。
これはこれでいいと思います。
雄町×山田と比べても、遜色はないかと。






4 Comments

こういちろ says...""
こんばんは!
私も所謂夏酒・秋酒があまりそそられないので、コチラを購入し即呑み中です。
澤屋は5~6年前にうるとらと守破離五百万石を呑んで以来です。

初日の第一印象は『この酒は世界で戦える!』(笑) 世界を語れるほど色々な種類の酒を呑んでませんが(笑)

サンマの刺身と合わせたら、脂をすっと流してくれ、口の中に心地よい青さ?苦味?が残り、とても良く合いました。
湯葉刺しと合わせると、何だか苦味だけを多く感じました。

個人的な好みでいえば、もう少し膨らみがあった方が好きなのですが(もうすこし寝かせればよかったのでしょうが)、これはこれで一つの完成形のような気がします。

開封時に瓶口からケムリが出ましたが、これは一火じゃないんですかね?生?
2018.09.17 23:28 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: こういちろさん"

コメントありがとうございます!

これは火入(たぶん一火)ですね。
ごく一部例外はありますが、基本火入れの蔵です。
ガス感があるのは工程で気を使ってるからで、たとえばヤブタ(搾り機)なんかはまるごと冷蔵室に入ってるそうですよ。
この銘柄だと火入れでも3年くらいは平気でガスが残っています。

最近ハマっている銘柄なので共有できてうれしいですね。
膨らみが欲しいというのは恐らくそういった方も多いと思いますが、まあこの蔵はこれですね。
これなんか愛山の分まだ味があるくらいです。

サンマは合いそうですねえ……。
どうもことしはひやおろしにさっぱりそそられないもので。
飲むとしても10月になってからだと思いますが、なにかいいのないかなあと思っています。






2018.09.18 00:07 | URL | #- [edit]
kt says...""
このまつもとの「愛山×山田錦」、買うかどうか迷っている所でして(汗)
「雄町×山田錦」がかなり良かったので気にはなっているんですが…
愛山って、銘柄によってかなり仕上がりが上振れ・下振れが激しい印象があるのです。
ちなみに個人的に気に入った愛山の酒は、一白水成と宝剣。この二つは、他の酒米とは明確に「愛山はこう!」と言う方向性を変えていた様な印象があります。それがピッタリとハマッた感じ。甘過ぎずにキレイなのど越しでキレて行く感覚がありました。
逆にガックリ来たのは加茂錦・荷札酒でした。こちらは「Ver.7.3」がかなり好みだったので期待して買ったのですが…何だか甘味はあるけど「7.3」の時に感じた明確な美味さとキレが感じられなかった。甘味が強調され過ぎた様な印象。
Takachiyoの愛山も飲みましたが、あれは酒米関係なく甘いし(汗)

なので、愛山って、意外と買う時に身構えてしまうのです。
ちなみに、僕はひやおろしも飲んでます。買うモノのネタ切れもありますが(^^;)
しかし、「もっと寝かせてほしい」ひやおろしは年々増加する気がしますね。美味いヤツもあるんですが…。逆に、「ひやおろし」とか何も出さずに出している銘柄の方が良いんですかね?
2018.09.25 00:21 | URL | #IQn4OT2I [edit]
日誌係 says..."Re: ktさん"

どうでしょうね~。
この蔵らしい安定の味わいではありますが、やはり山田錦がメインだと思っているので。
少しだけ華やか目でバリエーションとしては良い出来の商品だとは思いますが。
年に1本2本しかこの銘柄を飲まないなら他の物をお勧めします。
この銘柄のファンなら飲んでも十分な出来になってるかな?


愛山はどこも十四代にならいすぎるところがあって。
溶けやすいから甘くするのが愛山だ!という蔵元が多いんですよね。
その意味で甘いのが好きなら手を出しやすいのですが、少し大人になってみるとこれほど難しい酒米もないなと。
とある酒屋さんと話していて、愛山の1年目は溶け方がわからなくて大体失敗するから新リリースは飲まなくていいよと(笑)
鶴齢なんか、愛山でもらしい感じが出ててよかったですね。
甘いだけじゃなくて旨さとか酸味とかでも愛山らしい表現って出せると思うんで、もっといろんなお酒が出るといいんですけど。
やっぱり希少で原料も高いので、造り手も失敗できないし、仕込みタンクも少なくなるので経験値が上がりにくいのかなって。
そんなふうにあれこれ考えます。


ひやおろしも蔵元の考えが出ますよねえ。
わざとらしく熟成感をだしたりとか、かと思えば名前だけで他の商品と別に変わんねえぞってとこもあるし。
自然に、うまく育ったなあというひやおろしだと飲みたいのですが。
個人的にはひやおろしを買うほうが冒険で、それならこの時期は普通のちょっとランクが高いお酒とか。
澤屋なんかもそうですけどこの時期のほうがリリース増えてくるような蔵元の酒を買っちゃいます。
逆に毎月ポンポン華やか系の生原酒出してるようなとこはもうリリース自体が止まってきちゃってきますからね。
そういうところのひやおろしなんかは別に……となっちゃいます。
それでも年に1本2本くらいは飲んどかないと、となるのは日本人だからでしょうか笑)



2018.09.25 01:03 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2548-530fba1c