日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1042】萩乃露 特別純米 十水仕込 雨垂れ石を穿つ 生酒 29BY

日本酒
  • comment2
  • trackback1

たしか昨年だったと思いますが、コメントのほうでおすすめされたお酒。
昨年どころか今年もぼやぼやしてたのですが、つい先日にふと思い出して滑り込み購入。
5月出荷の生酒なのでどうなんだというところはありますが……。

萩乃露は好印象の残る蔵で、エチュードとかあるいは里山にごりとか。
そういえば飲んでない奴が1本寝てますが。

今回の十水仕込は今年3年目になる、江戸時代に行われていた製法を用いた商品で


現代の仕込方法に比べて少ない水を用いて濃厚な状態で仕込みを行う手法
濃密でありながら、透明感があり、口に入れた瞬間に爽やかな酸がたいへん印象的な旨口



ということでございます。
麹山田の掛吟吹雪で磨き60。
-6の1.7。





あー。
これ去年は火入れも出てたと思ったんだけど今年は出ないのかな?
やっぱり生酒で夏越しなのですこーしそういう要素は出てますが。
生で夏越しの分、余韻のあたりで少しそれっぽいニュアンスは感じますが、飲んでいれば気にならなくなってくる程度。
いいですね。

何となく説明から過激な甘酸っぱいお酒を想像すると思うのですが。
そんなことはありません。

さらっと柔らかく軽快な甘みが広がって、これが素晴らしい。
派手な香りはなく、すこし飴っぽいような、穏やかに甘い香りが漂う程度。
滑らかで潤いのあるテクスチャです。


47NEWSの酒蛙さんの記事を見たら3年前の記事ですが、飴っぽいと書いてあった。
これやっぱ飴っぽいんだよね、あんまりわかってもらえなくて他でも聞かない表現だったのでうれしい!

そこにきゅっとジューシーな酸が入ってきます。
爽やかでヌケがいい、旨口のちょっと白ワインとかあっち系も想像するような酸が、絶妙のちょっと抑えたボリュームで。
それでもとろっとした甘みも出てきて艶もあるので、そことのバランスがすごくいいですね。
拮抗して、サラッと軽い印象の程よいボリュームで、熟れた穏やかなメロンというようなイメージ。

最後は酸味がすこし厚みをつけるようなイメージで旨さとして感じながら。
ピリッとやや辛味でフィニッシュ。
この辺の加減も見事としか。

あーこれはいいっすね。
美味しいし、商品として完成度が高い。
さすが萩乃露だなあと思います。

円やかで和風な甘みですか、軽快で涼やか。
何となくリリース時期的にも、初夏に冷やしてアジサイでも見ながら。
そんなイメージの湧く品のある甘みです。
また酸味の表情のつけ方とか、全体にコントロールの利いた良い1本だなあと思います。

酒屋のWEBなんか見ると濃厚、濃醇なんて書いてあるんだけどそれは明らかに間違いで。
主張もありながら、品よく滑らか、軽快にさらさらと。
ゆるゆる飲み進められるようなキャラクターのお酒だと思います。
だからこそ、生も初夏に飲めばもっといいんだろうけど、火入れも気になるなって。
ロックで飲むとか、逆にぬる燗とかも楽しそうですよね~。

ことしはもうちょっとあれですが、来年どうかぜひ試してみてください。
好み的にはどうですかね、静岡系とか好きな人が合うかな。
これは本当にいいお酒を紹介していただきました、感謝です。


2日目。
今日はお燗から。
おお~いいですね。
ばっと辛味がドライな印象で出るのですが。
そのあとから優しい甘みとジューシーな酸味。
すこーし生っぽさ、あるいは熟感もあるのですが。
うすくクリーム感のある味わいなんかも。

やっぱりすこーし飲む時期の分あれで火入れが欲しくなってしまうところはあるけど。
広く楽しめるお酒になっています。
















関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

リンゴ酸

飲まれましたか!
多分私が紹介させていただいたものだと思います。生バージョンは未飲です。また来年飲みたいと思います。少なくとも火入れバージョンは熱燗が最高に美味かったです。もし日誌係さんのお酒がまだ残っているのなら、ちょっとやってみるのもいいかもしれません。生酒ってのもあって、保証は全くできないのですが。

地元滋賀県の酒蔵さんって、おそらくこんなお酒を目指しているのではないか?と勝手に思っています。松の司なんかは綺麗で全国的にも評価されるものを作っていると思うのですが、小さな蔵のお酒を飲んでいると、悪い表現ですが野暮ったい?でもずっと飲んでいられる、そして滋賀県の田舎臭い家庭料理と合う感じのお酒です。それがいい感じに野暮ったさが抜けたようなお酒、そんな記憶があります。それにしても覚えていて頂きありがとうございます。滋賀県の小さい蔵のお酒はかなり個性があり、正直飲み手をかなり選ぶ印象があります。そして作成年度によってかなりの味のブレがあります。正直なかなかオススメできる蔵がないのですが、試飲でバシッと合うものがあればまた、ご報告したいと思います。

  • 2018/09/22 (Sat) 22:34
  • REPLY
日誌係
日誌係
Re: リンゴ酸さん


いや~すっかり忘れていたのですがふと思い出しました!
製法的に色物なのかな~とおもいきや秀逸な出来で美味しかったです。
改めてご紹介いただいて感謝です。

リンゴ酸さんは火入れだったのですね~。
生も全然問題なく良いのですが、なんというかゆるゆる飲める感じがして火入れが欲しくなってしまいました。
今年は出ないのか、それともこれかららなんでしょうか?

確かに滋賀はいい意味で一癖あるお酒が多いですね。
喜楽長はあまり飲んだことが無いのですが、笑四季や大治郎、七本鎗、不老泉……。
なんとなくどれも味が出ていて、それでいて個性的な面々。
僕も実はわりと飲む回数の多いお気に入りのエリアだったりします。


また今後もよいものがあればご紹介いただければ助かります!





  • 2018/09/24 (Mon) 01:51
  • REPLY

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  萩乃露 「雨垂れ石を穿つ」 特別純米 十水仕込 生酒
  • 家飲み記録 萩乃露 「雨垂れ石を穿つ」 特別純米 十水仕込 生酒     滋賀県高島市のお酒です。  同銘柄は三回目の登場ですね。  この「十水仕込」は、「京都・滋賀、幸せの日本酒ブログ」さんで詳しく取り上げられていて、私も以前から興味がありました。  (なおそちらの記事は火入れ版についてですね。生酒は日誌係さんが最近記事にされてます。)  そちらの記事にはもう少し詳...
  • 2018.10.19 (Fri) 19:02 | 酔いどれオタクの日本酒感想記