日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1047】而今 純米吟醸 山田錦 火入れ 29BY

日本酒
  • comment0
  • trackback0

ちょいちょい言っていた頒布会のラストバッターがこれでした。
みんなはこれ目当てだったのね。

今更而今なんてだせー、みたいなくだらないみっともないマウント取る気はないし、良いときは良い銘柄だと思うのですが。
ここで山田の火入れでカプカプしてるな、とか思ったらちょっと今後は出番ないかもしれませんね。
もうそうなると絶望的に好みが違う地平に行ってしまったということだと思うので。
改めて大吟とかは可能性あるかもしれませんが。

少なくともまあ本日2本目で開けていいか、と思う程度の銘柄ではあります。
さんざん飲んでるしね。
落としもしないけど、妙に神格化したりもしないよ、フラットで。
ただ大外しするような造り手ではないと思いますよ本当に。








あーうんうん。
ちょっとカプってるんだよな、個人的には

とはいえ而今も結構毎年進化している蔵で。
特に火入れは最近の僕の好みにも寄り添ってくれるなと思います、
火入れの山田ですからね。
とはいえ流石ですね。

含むとマスカットや巨峰系の割合が強くなったんじゃないかな?と思います。
もちろん白桃とかも感じてカプっぽいし、而今臭ではあるんだけど。
わかりやすさも出しつつ、やりすぎてはいないなと。

ついで、非常にクリアーさを感じます。
ウォータリーといってもいいような感じで、その透明感によって、前述の香りが引き立てられています。
酸味もあって、やはりクリアーさ、輪郭はきちんと立っているほうだと思います。
この辺の透明感のバランスが、おそらく今大西さんが意図しているとこなんじゃないかなあと感じますね。

カプと酸味で黄桃っぽさ、さらに少し霞んだ乳白色の甘みが抑えめに。
あるはありますが、この辺がブヨつかないですし、イメージよりきりっと酸を感じるなあ。
あとはやや辛口というか、ミネラル感をもってなだらかにゆっくりと落ちていくという感じ。

最近は僕はミネラルバカ一代なので、もっとズバッと来てくれや!とも思うのですが、
十分にそういったフィニッシュのキレはあるでしょう。
余韻のところのちょっとこー金属粉っぽいようなミネラルの舞い上がり方もはっきりと感じます。


これは僕がようやくこういう感じ方をするようになったということもあるのだと思いますが。
それでもやはり甘さ+ガスという芳香よりは、ミネラル的なフィニッシュを明らかに意識してるとは思いますよ。

まあ美味しいですね。
あとは好みとバランスの問題かな。
個人的にはもうひとサイズ縦の立体感、粒立ち、ミネラル感のキレが欲しい。
やはり少しウケるような、蕩け感のある甘みとかをまだ意識してる分、その辺が緩く、へにゃっと横に広がるとこはある。
この辺は好みの問題です。
優しい甘み感なんかでいうと、新政なんかに代表されるような生もと系のやや乳酸てきな甘みというのも感じる気もする。

ただこれがウケるのかどうかはわかんないよ。
俺なんかはこれでも煩いと思っちゃうし。
逆にシロップ系とか、はっきり甘いガス系が好きなひとが、これをブラインドで飲んでどう思うのか。
もしかしたら痩せてて物足りないと思うかもしれない。

あーでもベストなところにくるとさすがにつながってきますね。
クリアーさ、ミネラル感。
その間を流れる甘さがちょうどいいかも。
個人的にはやっぱりちょっとうるさいけど、それでも流石。


そいでこれは酒屋批判じゃなく提案なんだけど。
而今のポイント販売だの抽選販売するくらいなら、いっぺんガチのブラインド無料試飲させたら?
今期の山田火入れは飲食分以外、4合1ケースは全部店頭試飲に使います的な。
来店者に全員飲ませます的な。
そっちのが今後の全体の売上増すかもよ?
マトリクス的にさ。
而今のどこをいいと思ってんの?って。
ミネラル的なのが好みならそれこそ九平次とか、澤屋とか松の司とか飲ませていって。
逆に甘みと香りが好きですっていうんなら、もっとシロッピーなのとか、バシッと濃厚なガス系とかいくらでも提案できるし。
それこそ会津娘とか仙禽の特定の商品飲ませたっていいわけでしょ。
つーか若駒の雄町斗瓶でも福寿大吟おり酒でもこれ飲み比べさせてみ?
そんなに黄桃シロップ的な横に甘い奴みんな好きかね?
若駒雄町50なんかのが縦横正統に黄金比で仕上がってると思うけど。
よくわからんなあ。

而今扱わせてもらえるくらいなんだったら、そのくらいやっても大西さんは怒らないと思うけどね。
そんなことも言えずに蔵元におべっかつかうやつばかりだし、蔵元もそれに気をよくしてるとこあるからね。
ほら、gemの千葉と新政とか而今とかの関係見てるとそう思う。
天明の低精白ほっといてあんなクソカプ造らせるセンスの奴と、トップ蔵がうきうきでつるんでるんだからちょっと理解できないよね。
ちょっと女にすり寄られれば機嫌よくしちゃうバカおっさん化してんじゃねーのと思ってしまう。


最近すこし思うのは専業杜氏、社員杜氏、プロ杜氏の矜持?
杜氏=蔵元=社長、経営者だとやっぱ商売のほうが先に来てしまうというか。
ずっとバランスとるのが難しい。
少なくとも造り手と、経営陣で、ちょっと違う見方があってモノが言える関係が理想なのかなんて。
そんな風にも思います。



2日目。
龍力の後に飲めばある意味わかりやすくて安心する。
香りがあるし、抑えてはいても甘いし。
ミネラリーもあるけど見る気0で、それがウザかったり。










関連記事
スポンサーサイト



Comments 0