FC2ブログ

日本酒感想日誌

コント・ラフォン/ムルソー クロ・ド・ラ・バール[2009]

  0   0


そろそろ味覚も戻ってきたのでワイン。

この間のグラヴネルはちょっとした寄り道で。
やっぱり白でシャブリとかモンラッシェとかやってみたかったわけです。

今回はムルソー
コシュ・デュリさんは高いのでコント・ラフォンさん。
コント・ラフォンさんも1erは高くて、割と入手しやすいクロ・ド・ラ・バールです。
ぺリエールもシャルムもたけえんだよ。
ただモノポールなので、コント・ラフォンでもひとつ代表的な1本とはいえるのかもしれません。







おお~どうかねえ。
まだ若いような気がするんだけど、その辺の区別がつかない。

リンゴや桃、かりんのようなフルーティさに微かにバターのようなニュアンス。

含むとかなりミネラリーで、酸味もビシッと鋭さがあり、まさに辛口といった様相。
それでも仄かに、しなやかで舌にまとわりついてくるような静かな甘みというか旨味というかはある気もする。
すこーし渋いような旨味も感じさせながらしゅーっとキレたあとの余韻の長さはさすがでしょうか。

まあでも白ってこんな感じかなあ。
なんかもうちょっと寝かせたい、というかズバリ言えば甘みが欲しい気がするんだけどそれは日本酒党の感想でしょうか。

あーでも味はともかく、香りとかニュアンスは流石のもの。
次第にハチミツのようなアロマがはっきり表れて、またトースティというか樽香も品のある華やかさ。
すこーしブランデーちっくなニュアンスも感じられます。
含むとふんわりとエアリーに柔らかく、ほんのり熟成感のあるようで。
それをミネラル感が美しく引き締める。
酸は日本酒に比べればそりゃあビシッとどころかビリビリとあるんだけど。
slowlyな世界観でエレガンスをまとって。

凄みはあるけどまだ若いのかなあ。
果実味、香り、ミネラル感はわかるけど。
カスタードとかクリーミィな甘露はまだまだ。

でも雑っぽさはないですね。
こういうミネラル感のものを飲むと、一部の蔵元がゴリゴリ、ズバっとなミネラル感のお酒を造るのがわかります。
黄金に輝くソリッドな飲み物という印象でしょうか。
ミネラル感は凄い良いっすけどねえ。

だんだん楽しめるようにはなってきているんだけど、やっぱり根本的なところでワインより日本酒なんだよなあとも思ってします。
マルセル・ダイスのシュネンブルグは超よかったなあと思うけど、あれはちょい貴腐で甘めなんだよね。
素直にその辺やっときますかあ。

いろいろ良いな!って表情は出るんだけど。
いま一歩響いてこないな。
あえて言えば純なミネラルと酸味。
余韻は旨い。
なんか水っぽいんだよなあ。
いやあ旨いんだけどねえ。
これなら松の司ブルーでも飲んでたい。
というか奥吉川ブルーのこってり&ミネラルが欲しくなる。
値段は10倍なんだけどねえ。
香りなんかはすばらなんだけど薄いなあ。
シャンパンでもやってみるかな。


2日目。
ああ、今日の酸化した味のがすきかも(笑
甘さも出てるし、柔らかくバターやアーモンド。
熟れたエロいニュアンスが出てますねえ、ブドウの甘さというか。
それを酸味とミネラルが締める。
やっぱまだ若かったんじゃねーの。
今日は豊かだわ。


















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2584-dcaca404