FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1058】勲碧 純米大吟醸 山田錦50 無濾過生 29BY

  0   0



愛知県、名古屋の北方で岐阜よりにある蔵元。
愛知は個性的な蔵元が多く、飲んでみたいなあと思っていたお酒の一つです。

全量10号酵母なんだそうです。
今回は山田錦50の純大を選んでみました。
無濾過生というのがこの時期は一抹の不安アリですが、蔵出し9月だし。
杜氏の目指すお酒の形が非常によく出たお酒です、と自信あふれるコメントに期待しましょう。







んん?
なんか飴っぽい含み香ですね。
何とも言えない。
メロン系なのかな、熟成感はないけどそういう効果なのか。
すこしこもったようなイメージ。

味わいはどうだろう。
悪くはないような気がする、たしかに形は良い。
滑らかに、程々の甘み。
軽く膨らんで程よい弾力の旨味もまた程々。
滑るようにシュッと流れていって、少しピリッとしたキレ。
かちっとしたミネラル感も感じ、余韻なんかでも出てきます。


搾りがいつなのかとかどの辺の情報も欲しいとこですが。
普通に考えれば生でこの時期、特にヒネとかも感じないのはしっかりしてる証拠です。

さらっとした上品な甘みから山田錦らしいしなやかさ。
しゅっとした小気味よい抑揚にピリッとくるミネラル感。
いいんです、いいんですよね。

気になるのはやはり飴っぽいニュアンス。
何かが悪くなってるというより、ちょっとオールドスタイルなのかな。
何かの工程的な問題なのかもしれんけど。
ちょっと虎変とか思い出しました。


あ、違うお酒ですが山田錦55の純吟で、酒仙堂さんに説明がありましたね。

この蔵元は一部冷蔵仕込蔵になっていまして、搾り機ヤブタも冷蔵庫に入っての準四季醸造蔵元。
このお酒も6月くらいに搾り上がったそうで、それから4か月弱、生酒の調度飲み頃なわけです。



だいたいこれと同じようなパターンかなと思います。
滑らかさ柔らかさとか、程よいボディ感とか、ビッしたキレとか良いんですけどね。
甘さもいい具合の甘さだし。
程よい味乗りに、酸がレイヤー的に重なって味わいを深めたり。
飴だけ何とかならんかなあ。
もひとつモダンになればもっともっといいお酒だと思うんだけれど。




Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2585-2050f2bf