FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1059】無窮天穏 山陰吟醸生もと造り 29BY

  4   0


今日は寒いっすねえ。
というわけでお燗まで考えたお酒をいくつか準備しておいたのでその辺でも。

島根県出雲市の板倉酒造さん、無窮天穏
島根とか鳥取とか山陰のあのあたりに散見されるクラシックなスタイルのイメージですがどうでしょう。

色々商品はありますが、ハイグレードっぽい無窮天穏を。
奥出雲産五百万石60、酵母無添加の生もとです。
ひやおろしとなってるのは、今年天雲という低アルな商品も出てたからかな?






とはいえまずは冷やからいきます。
生詰めだからだと思うけど、冷蔵庫で売っていたし。

おお。
柔らかく舌になじむようで、筋肉質なパワフルさもある。
そんなに味が多いお酒ではない、少なくともこの温度では。

すっきりめのイソアミル香に、枯れたようなニュアンス、わずかな熟感が溶け込んだような含み香。
旨味がすごく強いお酒ではないんだけど、その含み香が旨味として感じられるようなイメージ。

ほんのりクリームというか、清らかなんだけど舌にまとわりついてくるようなテクスチャを中盤に感じ。
酸味や渋みも感じさせつつ、かなりビシッとした辛口でフィニッシュ。
余韻にミネラルっぽい香りがはっきりと出ます。

まあこれも悪くないんだけど、もっといろいろ味が出てきそうだから常温くらいからでいいんじゃないでしょうか。

綺麗で、すごくソフトだけど、厚みのあるお酒ですね。
すごーく優しく、ほんの少し素朴な甘みがゆっくりときて。
そこに渋みとか、生もとっぽい酸がまたスローに厚みをつける。
きゅっとクリアーなんだけど、ほっと安らいで、また強さもある。
酸味の表情がいいなあと思うのと、少し渋いようなびりっと来るくらいキレ感がちょっとタニックであったりミネラルであったりするのがいい。

やさしいなあ~、さらっとふわふわ。
酸味とか渋みもキレもあるんだけど、飲んでいるうちにだんだん溶けて行っちゃう。
味わいもこれが純米ですよ~熟成ですよ~ひやおろしですよ~ってしつこくなくて。
自然に旨い。

これ18~19度でもスイスイ行っちゃうタイプなので、低アルタイプの奴やばかっただろうな。
この手ので少し構えてしまうのは、カラメルとか古酒古酒しがちなとこなんだけど、そういったことがあまりないですよね。
生もとの強さもありますし、まだまだ育っていきそうな気もするお酒です。


お燗は熱燗から。
ああ、いいね、品がある。
ドライ系で辛いですが、さらっとふわっと清らかな風味がたって、酸味もちょうどよい。
ぬるくなってくるとやはり酸味に表情が出てきます。

んーどうだろうな、常温くらいのが好みかもしれない。
30度台の人肌燗とか日向燗とかね。
その辺は色々と試し買いがありそうです。
スマートなクリーム感がいいですね。
苦み渋みもあるんだけど、エキスっぽすぎないで綺麗だからこそ絶妙の旨みが表現できてるのかなあ。
香りはないけど、酸味は滴るようなジューシーさで、そこから微かに果実味も漂います。
ひっそりブドウなんかもでたり。
そっけないくらいのナチュラルな米のあまみうまみとろみ。
びりっと切れてミネラル香的に戻り香がくるのもいいですね。
そこはもっと優しいのが好きな人もいるかもしれないけど。
上級者むけ癒し酒でしょうか。

2日目。
ゆっくりですね~ほんとにスロー。
やらかいですが、かみしめるような味わい。
でも酸味の中に、ふんわりとナチュラルな甘みとか、ちょっとした果実味とか。
んでもってやっぱ例のキレと戻り香ですよね。
うめ。










4 Comments

龍力大好き says...""
家に天穏三年ものを置いてますが、まだ開けてないので、この記事はベストタイミングで参考になります。私のやつは山廃ですが、とある酒屋さんの押しの一つなので、楽しみです。

天穏の勧めてくれた酒屋さんは滋味深いお酒と言っていました。ただ、四年ものや三年ものの話ですが。その酒屋さんが次に勧めてくれた日置桜も注目していますが、もし日誌さんも目についたら、試してみたら面白いかなと思います。
2018.10.24 19:33 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: タイトルなし"

うらやましいですねえ!
天穏の3年ものとか絶対美味しいですよ。
この辺りは当年ものだたまだまだキレイなくらいですからね。

しかし考えるとことは一緒なのか、天穏を買ったときにアレもやらなきゃなあと思ったのが日置桜でした。
好みが似てくるのか恐ろしいシンクロです(笑)
良さげなものを探して買ってこようと思います。

2018.10.24 21:56 | URL | #- [edit]
nao says...""
久々のコメントなのに、前の記事にすみません。

先日、これの天雲を開けました。
軽やかな酸とナチュラルな旨味で、余韻もふんわり長く、いいお酒だと思いますよ。
そして開封後どんどん育つので、飲みきるのが勿体なくて笑、開封から2週間も引っ張っています。

山陰吟醸も、日誌係さんが評価されてるなら試してみなければ!
といいつつ、シリーズ最新版の齋香も気になっていたりします。
2018.11.28 16:17 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: naoさん"

いえいえ、全然どこにでも書いちゃってください。
別に違うお酒の話でも何でも、一番最新の記事でいいのでお好きに書いていただいて構いませんよ!

やっぱり天雲が良かったんですね~。
もちろん通常の無窮天隠も良いんですが、天雲の評判をかなり耳にしているので。
気軽に飲みやすい味わいで冷や~お燗まで行けるし、開栓後の変化もよく、保存も常温でいいので常に手元に1本ストックおくのにベストな1本だと思います。

僕自身このあたりの鳥取島根のクラシックなお酒をそこまで好んでいなかったのですが、最近またちょっとわかるようになってきたので色々試したいと思います。

あと僕も齋香のほうも気になってました笑
かなり迷うところです……


2018.11.28 18:38 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2587-b643162f