FC2ブログ

日本酒感想日誌

【139】 鍋島 純米吟醸 愛山 LOVELYラベル 24BY

  0   0

鍋島愛山。
このブログでは登場回数ナンバーワンの鍋島
もう特にいうことはありません。
いつか蔵見学に行きたいです。


DSC_0017~01

DSC_0023~01

甘やかですがしっとりとした「らしい」香り。
様様な果実を感じますがパイナップルが強いでしょうか。
抜けるような爽やかな酸が。


含むとけっこう強めのガス感。
直汲みみたいですね。

ジューシーな甘酸から、コクのあるたっぷりの旨味。
勢い良く膨らみます。
やはりパイナップルな印象。

あくまでも透明感のあるタッチ。
コメの旨みの「素晴らしさ」をしっかり感じさせ、さばけよく、やわらかく。
いや〜流石のクオリティ。

溶けやすい愛山を十分に溶かし込んだような旨味。
凝縮感があって、米の旨みとコクを感じます。
純米酒的な旨みなのかなあ。

一方でちょっと高めの酸でバランスをとっている模様。
この辺りは純大の愛山といっしょ。

なーんか特徴的な酸で。
パイナップルかなあ、キウイとか?
そんなイメージです。

コメの甘旨+特徴的な酸が印象的。
そして最高に美味しい。

なんだろうな〜細部のクオリティ、バランスが凄いですよね。
こっち系狙った酒は山ほどあるけれど。
品があってクリアーで。
全体のバランス、質感が素晴らしいですよね。
ひとくち目だけのインパクトではない味わい深
さ。
この高みにいる蔵は本当に一握りですね。

明日も期待。
もすこし寝かせておいても楽しそうですよ!
なんて言ってたら甘みがキタ━(゚∀゚)━!
やばうま。
最高。



2日目。
冷やせば微炭酸パイナップルジュース、果汁120%。
温度が少し上がれば甘旨がとろーり。
最高に美味しいです。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/259-ca1ce238