FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1074】紗利 五割諸白 純米大吟醸 29BY

  0   0


何年か前から寿司に合うという触れ込みでリリースされたお酒。
特徴的な酸味を生かし、お寿司や酢の物、和の柑橘類に特に相性が良いらしいです。

販売店はかなり限られてますが、日本酒マニアには有名な酒屋ばかりなのですでに飲んだことのある方も多いいかもしれません。
つくっているのは福井県の毛利酒造さんという蔵元で、メインの銘柄は越の桂というようです。
初リリースは平成25年だったみたいですが、そのころに比べると生や季節酒のようなものもでてそれなりに人気みたい。
一番基本の磨き50の純大を。

福井井県食品加工研究所が開発の酵母FK-501と9号酵母のブレンド、らしいですが真偽不明。






なんかちょっと白麹とか黒麹的な酸味がウリな酒にありがちなクセっぽい香り?
含んでみてもそんな感じ半分でなかなか個性的な味わいです。

そこまで酸が主張するかけではないんですけどね。
別にもっと酸っぱいお酒はいくらでもあります。
なんか成分的な話なのかな、クエン酸多め的な。

味わいとしては割と正統派な50の純大火入れといえばいいか。
さらっと、しっとりした甘みが程々で、ニュアンス的には少々のバナナやメロン、マスカット。
甘みはしっとりしてて、ぺらく浮く感じもなく、小ぶりで程よいサシといえばいいか。
価格的には極スタンダードな価格なので、この辺はよくできていると思います。

ある意味そこは普通のお酒なんだけど。
なんだろうね。
その中から軽いレモンのような小ぶりな酸が出てきて。
軽さを演出しつつ、ほんのすこしだけピッと辛味で行く感じなのですが、その後半に少し酸のニュアンスがでてきて気持ちいなと。
ミネラル感も多少感じますかね~。
あえて気になるとすると、それなりに甘みやエキス的な味わいもあるお酒の中で、ちょっと熟成っぽいニュアンスがわずかに見え隠れする。
これは10月出荷なのですが、おそらく通年的に出してるお酒でこの時期のロットってことなのかな?

まあそんなに気になるほどじゃないんだけどね。
なんだろうなあ、カプってわけでもないんだけどそれなりに華やかな味のある吟醸酒してるので、そこがに熟成感が出ると少し目立つかなという程度。

立ち香はあんまりよくないけど、立ち香なんて家具文化は日本酒にはないから。
大事なのは含んだ時の味わい。
上質な純大的なちょっとミルキーでコクのあるような甘みもしっかり感じる中で、酸なのか軽さの演出がお見事。
また頭にびびっと酸味が主張するんじゃなく、溶けている中で特に後半にスッとシトラスな香味が舞うようなとこ。
あーこれミネラル感(と俺が呼称しているエレガントなフィニッシュの辛味)もありますね。


つーかこれをミネラル感といっていいのかねえ。
たぶんそうだと思うんだけど、全体にあるというよりはフィニッシュのところ、金属粉が舞うような。
もっとクリアーでも全般にコリコリ硬水なのもあるからね。
でも比率的に山田錦、あとはそれなりの磨きのお米はこれがきれいに出ますね。


とにかく、これ普通に飲んでおいしいですよ。
とはいえお寿司も準備してます。
どうせならカボスかスダチでも準備して少し香りつけてやればよかったか。
レモンやライムなど柑橘系なんかしらは常備してるんだが今日に限ってない。

どお?
あまりよくわからんな(笑)
マリアージュとか縁のない男だからな。
あーでもなんか生臭みのような嫌な感じは残らず、お酒の甘みがミネラル的なフィニッシュとともにきれいに出ますね。
いやそっちじゃないんだよ、問題は寿司のほうなんだがな。
寿司を食べたときに酸味は綺麗に効くような気はするけど、甘みはどうだろう。
もう少しクリアーで何ならタニックなくらいのほうがお寿司の甘み旨味を堪能できるんじゃないか?
ミネラル感は綺麗に出るような気はするけどな。
どうかな。
飲んだ後に食べたらおいしいような気もする。
食べた後に含むのはあんまり響いてこない。


いやでもこれは確かに美味い。
酸っぱいんじゃなくて、柑橘のエッセンス、香りを正しくまとった日本酒。
寿司に合うかどうはよくわからんが、普通に飲んでおいしいと思いますよ。


2日目。
義侠が相変わらず良くてあれなんですが、わかんなくなる前にこっちもね。
あーなるほどなるほど。
どっちかというと、凄く派手にやり過ぎてはいないけど。
大吟とか純大的な甘みとか風味もあるようなお酒で。
これは時期的なものでしょうが、ややしっとり熟感もでてるかなというところ。
ともすると野暮ったく田舎酒テイストになりがちなんだけど、軽やかにシトラス的なものが抜けてくイメージで、そこはやっぱいいですね。
甘みなんかはやや過熟気味かもしんないので、飲むならもう少し前のロットのがいいのかな?
飲んでみないと微妙なバランスはわかんないんだけど。
でもしっかりとした甘旨も感じる一方で軽さも出るし、酸っぱいんじゃなくてあまーい柑橘のニュアンスがきれいに出るといえばいいか。
このあたりの造りはセンスを非常に感じます。

また飲んでみたいですね。
コレの新酒に近いものでもいいですし、他の商品でも。















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2620-c82201de