FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1075】義侠 純米原酒 70% 共生会特別栽培米29BY

  0   0


義侠も久々ですね。
熟成酒のイメージが強くて、はまるととんでもないものが出てくる銘柄という印象です。
磨きが良けりゃってわけでもないし、結構運次第なんだよなー。
素直に新酒から飲んだほうがいいのかもしんない、まずは。

もう新酒も出てるみたいなんですが、久々にやってみたくなり、当たり障りなく29BYで。
いわゆる有機栽培的な山田錦70の純米原酒、火入れかな。
ラベル表示はH30.3になってます。

そもそもフロンティア東条21の面々に特A山田錦を紹介したのがココってくらいお米には一過言ある蔵です。
新酒だってやっぱり“南砺”五百万石なわけですからその辺はこだわりなんでしょうね。
年一回特約店を招いて受注会するとかほんと凄い蔵元さんです。
飲んでみてですが、ここももうちょっと色々やらないとダメですね。





まあここのお酒でこのスペックなら当然でしょうが、熟成香があからさまに立ってくるというような感じではないですよね。
いただきます。

流石に美味いですね、文句はないですね。
こういうお酒へ好みがあってきてるので、新酒とかからやったほうがいいかなあ。

熟成感は全くなし。
わりかし甘みもしっかり出ますが、もたつかずにきれいで、後半は磨きもあるのかやや野趣のあるドライな風合い。
しかしいい酒造りますねやっぱり。
華やかなお酒ではないですが、今っぽいお酒が好きな人でも割とすんなり飲めるんじゃないかなあ。

独特の味わい。
甘ウマは、まあイソアミルっぽい雰囲気なのでしょうが、ミルキー系に少しだけ南国テイスト。
また独特の爽やかさは酸味なのか、少し草原的なビターなニュアンスなのか。
丸くはありますし、しっかり味わいもありますが、変にエキスがしつこかったりもたついたりはあまりしないかなと。
むしろこれだけ味わいもちゃんと出しつつなので、根底は綺麗にというようなその辺が上手いなあと感じます。
熟成感は全く感じないなあ。

基本的にはこの味わいです。
後半の展開ではやや野趣を感じるような程よいビターさが出て、ドライな風合いで引き揚げていきます。
キレるって感じではないですし、ズバッと行く感じでもないですが、シュッと引き上げてくれます。


いいねえ。
いいなあ、なんだろうね。
味わいはちゃんと出てるんだけど、濁ってなくて、コアはクリア。
また、べたっと横に広がって引っかかったり、ぺらぺらしたりしない。
立体感って程でもないんだけど、球状というか3Dで味わいが感じられるということ。
また五味がやたらとばらけて主張するのではなくて、シームレスで溶け合ったうえでの味わいという感じ。

この味わいなんだろう。
もっと純米的なイメージを抱いていたんだけど割と今っぽいんだよ。
クリアーだしさ。
酸が仕事してんのか、爽やかさ、ともすればフルーティにちょっとトロピカルなニュアンス。
わりと、てろんっともしつつ、爽やかで、個人的にはもっとズバッといってくれてもいいけど例のあれ。
もうここまでくるとミネラル感というのも怪しいんだけど、良いアルコール感?
つんと来るんじゃなくて、少しキレ感のあるようなフィニッシュ後に、立ち上るようなニュアンス。
もちろん中盤でも感じられるんだけど。
あーアルコール感か。
たしかにここまでくるとミネラリーにカチッとしたものでもないような。
アルコールの揮発が、すごく好ましいものを漂わせているような。
そんなあくまでもイメージとしての表現ですが。
しつこくないクリーミーミルキーだったり、南国トーンだったり。
いやしかし美味しいなあ、進んじゃうもの。
磨き7割とか些事にすぎんよそんなこたあ。
メシそっちのけで味追っかけてると2合くらい言っちゃうもんなあ。
ダメなのは一口飲んでしんどいからね。

うん、でも時間たつと酸が結構出てくるな。
やや味わいにワイルドなのは70だからなのかもしれんが。
お燗だとぬるいより熱めのが面白そうかも。


2日目。
お燗。
おお、ほっこりうまそな香り。

含んでもしっかり旨い。
でやっぱり意外とジューシーなんですね。
甘みもあるんですが、舌先から果汁感のある酸味が出ます。
ほっこりが出るくらい乳酸的な味わいもあるんだけどクリアーだし。
だからこそ熟成しても平気なんだろうけど。
フィニッシュはややドライに。

燗冷まし的にぬるくなってきてもまた良し。
甘酸はややトロピカルに。
中盤のクリアーさやノビなんかは生もとっぽくもあり。
きれいな中に湧いてくるようなニュアンス。
かすかにタニックなようなドライな風合いと。
こら旨いっす。


まあしかし温冷をとはず、スタイルのしっかりした、かつ美味しいお酒ですね。
冷やでもお燗でも良い意味であんまり変わらないというか。
もう少しコテコテのイメージに構えてたのですがさすがでした。
磨き70とかそういうのは語る気にもならないです。
火入れってこともあるんでしょうが、熟成感もぜーんぜん。
むしろお米のパワーや特性見るならまだまだこれからなくらい。

なんとなーくちょっと思い出すのは大倉とかかなあ。




















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2621-0ee7fcbe