日本酒感想日誌

ARTICLE PAGE

【1079】Ohmine 大嶺 しぼりたて純米生 3grain 30BY

日本酒
  • comment0
  • trackback1


大嶺ってオサレなカップ酒出してたとこだよね。
なんかもうググってもお酒のことは満足に出てこずに、余計な情報ばっかりあれやこれやで嫌になるんだよな。
ファウンダー()のあんちゃんの話だとか海外がガーってのはどうでもいいからだれがどういう酒造ってのかが欲しいとこなんだけど。
このやたら読みにくいわ長いわな裏書とか読む奴いんのかね。

とはいえ前に飲んだカップ酒はそんなに悪くなかった記憶があります。
なんかともかくいつの間にか商品も増えてるし、新蔵も建造して本格展開ってことらしいっす。
よくわかんねえけど3粒が純米で、2つが純吟、1粒が大吟醸なんだって。
全体的に高めのお値付けですね。

山田錦58の新酒で、14.5度の原酒だそうです。
麹は48まで磨いてるとかなんとか。






んん?
なんか変な立ち香ですね。
カプ系とかではなくて、なんかクセっぽいような感じだけど大丈夫かねえ。

あーうーん。
なかなか難しい。
個性的で、良いなと思う要素もあるけど。
この含んだ時に出る嫌なニュアンスは何だろう。
古臭いお酒をこねくり回しただけのそれっぽさにも見えるけど、それよりなんかオフフレーバーっぽいんだよな。
人工的な臭いっていうか。
樹脂とかロウっぽい、ムレたようなもので、あるいは袋香やヤブタのにおいがうつったようなものなのか。
お酒自体が変わったテイストですし、こういったものを気にしない飲み手なので自信はありませんが、ちょっとあまりにも嫌なニュアンスがはっきり感じられます。
明らかにおかしくないか?という感じ。

それはさておいて。
味わいは面白みもあります。
非常に軽いタッチでスッと舌になじむようで、また光が差し込むような明るさを感じます。
程よい酸味が適度にキリっとしつつもキュートさを失わず。
甘さも主張するんじゃなくてフルーティなものがきれいに溶けているといった感じ。
たしかにマスカットだとか白桃なニュアンスはあります。
ノイズを除去すれば非常に楽しいお酒になると思いますが。

とにかくあんまり言いたくないですけど、ぶっ壊れてません?
ありとあらゆるオフフレーバー的なニュアンスが渦巻いていて鼻が曲がりそう。
口内に張り付いてくるような柔らかい渋み苦みがあって、ともすればタニック的な演出なのかもしれない。
キリっとすっといくフィニッシュも好ましいんだけど。

いやこれヤバくない?
有識者のかたぜひ飲んでみてください。
いやこれをピュアーな状態で出てくればすっごく美味しいと思うんだけど。
破壊的、破滅的オフフレーバーの嵐。
口当たりも軽いしベースはわかるから進んじゃうけど、飲んでて気持ち悪くなってくるくらい。
この7年ほどで1000本以上飲んでますが、僕がここまで言うお酒も初めてなので、逆に答え合わせが欲しくなる気はします。








関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  Ohmine Junmai 3grain (大嶺純米3粒) 新酒生酒
  • 家飲み記録 Ohmine Junmai 3grain (大嶺純米3粒) 新酒生酒     山口県美祢市のお酒です。  ブログでの登場は(一応)2回目ですね。  大嶺は以前に100mlのミニカップ酒を紹介しています。  その印象は良く、他に外飲みでいただいた「ひやおろし」も美味しかったのでいつかじっくりやりたいとは思っていたのですが…、ホームページの商品紹介みると一目瞭然で、全体的に...
  • 2019.06.17 (Mon) 19:01 | 酔いどれオタクの日本酒感想記