FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1087】鷹来屋 soboku 29BY

  0   0


鷹来屋は昔むかーしマチダヤの小瓶かなんか飲んだきりかな。
大分県豊後大野市、浜嶋酒造さん。

最近話題の某店PB。
自家栽培米の磨き55。
その他スペック不明。
おそらく華やかなタイプではないと推察しますがいかがでしょう。






仄かにバナナ系の甘い香りが漂うでしょうか。
いただきます。

良いですね。
打率ぱねえ。

味わい、魅力を伝えるのはなかなか難しいお酒です。
冷えた状態でもそれなりに甘さもありますが、一方でスキっと気持ちの良いクリアーさ。
瑞々しい淡い甘みですが輪郭も出ているし魅力的ですね。
またフィニッシュへ向かう中でのこの甘みとのコントラストや絶妙なニュアンスがいい。

一瞬、酸の香りの中に熟してるって程じゃないですがそれなりの時期を感じるような香りを感じるんですが。
嫌って程じゃなくてアクセントかな。
いや、俺の言うところのミネラル香か?
んん、少し藁っぽいというか、もしかしたらウッディ系のニュアンスかな、微量だけどね。
たしか全量槽搾りの蔵だったはず。
このあたりもたまらなく美味しいです。

この時期の滑らかさや、薄味の酸主体っぽい伸びもありながら、筋肉質に粒子が密に詰まったようなところもあり。
渋いというわけではないですが、割と序盤から辛口系のアタックは、甘みとともにあります。
このあたりなんか利くと、まだまだ伸びていきそうですね。

それなりにしっかり切れて、切れた後の香味も申し分なし。
切れ方なんかズバッとってより、しっかりしたキレなんだけどさぁっと軽いような感じ。
それでも例の最近ここにすごく注目してしまうんだけど、良い辛いフィニッシュとそのあとに一瞬出るミネラルっぽい戻り香。

まったく文句ないですねえ。
ここのPBは今の僕には大変すばらしく感じられます。
これ主導してる人の話が聞いてみたいなあ、福岡の人聞いてきてよ!

微妙なニュアンスなんだけどね。
これなんか軽やかで、かつ明度が高い、明るいです。
バナナ系の甘みが繊細に瑞々しく溶けていて。
すっと美人の鼻筋のような酸味のノビと。
微妙なニュアンスの中から繊細に味わいを漂わせ。
しゅっと軽く切れて、余韻も素晴らしい。


うまいですね~。
たまらなく旨いです。
余韻のふんわりしたお米の味とか良いんですよ。
エキスっぽくなくも、もたつかなく、それでいて長ーく。
白粉的かな。
なかなか上級者向けですが、飲めば飲むほど、微妙なバランスの中にある素晴らしい味わいのとりこに。

進みますよ。
僕の1つの基準としては2合というのがあって。
やっぱイマイチままらないのはもうグラス1杯で十分ってなっちゃうし、進まない。
このお酒みたいに美味しいなと思うのは2合ラインを軽々超えて足りねえよ!となっちゃいます。



お燗もつけとくか。
アツアツから。

やっぱうめえっすなあ。
やっぱりほっこりエキスタイプではないがバランスが適切。
スッと品があるというか、清冽というか。
透明感のある中に甘みがあり、それを心地よい酸が包んで。
やっぱりあのミネラルテイスト。
もしくは微妙にウッディか。

タイトってわけじゃないが、適度な透明感からくるタイトさと。
腹八分目に適量な甘み、+で旨味のニュアンス。
あー冷めてきたとこがまたいいね。

文句なし。
冷やでもお燗でもお好きにどうぞ。
華美だったり豪奢だったりはしませんが、真の美酒でしょう。
べったり常温よりも少し冷えてるほうがいい塩梅かもなあ。



2日目。
うん美味いね。
微妙にちょっと重いかなとか、少し酸のエッジがたってるかなとも思ったのですが。
ほんのり香る微妙なこの香味が素晴らしい。
ややマスカットにも思える。
そして密やかにバニラリーが旨くて。
フィニッシュ感と。

どう見てみても地味なんだけど、細かいバランスが光って、すごく魅力的。
うまいっすわ。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2644-ab298d41