FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1088】花の露 nonal 29BY

  0   0


もういっちょ同じとこから限定。

花の露は福岡県久留米市のお酒ですがかろうじて名前は知っていました。
なぜかというと、カネセさんで純米かなんかを扱ってるのをチラ見してたから。
どういうお酒なのかは不明ですが、蔵の歴史は古く昔は大変大きな蔵(今も?)のようです。

今回の商品は山田錦55とまあベーシックな商品ですね。
ご説明は裏書を読んでください。






あーなるほど。
やりたいことはわかるけど、これはいま一つ。

バナナ系がセメっぽく香る含み香。
甘みや旨味が強いタイプではなく、スイスイ系。
酸味がややあって、なんていうんだろ。
スイっと酒が勢いよく流れ落ちるというか口内に引き込まれるタイプで。
今っぽい生もととか、あるいはそこまで強烈じゃないけど白麹黒麹みたいな酸味の表現で。
その分ちょっとクセっぽい香味なんですよね。
悪いって程じゃないけどちょっと物足りないかなあ。


程よいトロミもありつつ、つるんっとしたテクスチャ。
ややバナナがセメっぽい香りを漂わせつつ、酸味主導でストンっと急なくらい勢いよく流れ落ちていって。
ややタニックな味わいを伴ってのフィニッシュ、全体像。

エキス分は多くはなくやさーしく霞のように何となく甘い雰囲気、お米の旨味が漂うってくらいで。
でもやっぱ酸味との干渉というか少し雑味っぽい、クセっぽいのが残念ですね。
基本はダラダラ飲めるするする系というか、俗にいう食中酒系の設計。
でもここのセレクトは華やか系は少なくて、こっち系が多いってのがまあ嬉しいとこなんですよね。

このお酒に関しては冷やすより、ぬる燗とかのが良いんじゃないかなあと思って早速やってみます。
今日寒いし。
なんか夕方風吹いてたし。

うん、お燗のほうが好みかも。
味の頭から尾っぽの感覚が凄く短くて。
柔らかで軽く、スッとなじんでいきます。
やや酸とタニックが出ますが、まあドライな風合いとしてあり。
ここまで熱燗。

ああ、冷めてきて中くらいの感じがいいかなあ。
白粉っぽい、ちょいパウダリーな優しく軽い甘い雰囲気と。
酸味はジューシーで、程よいドライ。
バナナっぽいのもあるのかなあ。






Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2646-d2895655