FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1092】日置桜 生もと玉栄 純米酒 26BY

  6   0


山本は別な意味で凄かったし、寒いし早々にお燗でも。
最近改めて気になっている山陰スタイルから日置桜です。

先日辨天娘を買ったお店で日置桜を指定したうえで選んでもらったのですが、もうゴリッゴリですね。
26BYだし、出荷は2年近く前だし、当然常温で放置してあるわけですが。
そういうお店だって知って寧ろ喜んで行ってるので良いんですが、あまりにも流行とはかけ離れた地点にいます。

スペックも極北。
酵母無添加の玉栄70はいいとして、日本酒度14.2に酸度2.4。
しゅごいです。
山本ミッドブルーを嬉々として買っている連中にはとてもおススメできそうもありません。
でも+14とか普通であれば超辛口とか言って売るお酒なわけですが結果的にはぜんっぜん辛くもないしほんと日本酒のその辺の指標ってガバガバですよね。





もちろんお燗からいくんだけど。
これが瓶あけて旨そうな香りするんだよなあ。
モルトグラス常温でも行けそうだ。
冷やしてショットには甘みが足りないタイプかなあ、それもありかもだけど。

これが美味いんだよねえ。
古酒系の、ヒネ香なんだけど、悪ければヒネ、良ければ熟成香で。
そっち系由来の藁的な香りはするんですがむしろ香ばしく軽やかで、嫌な気がしない。

かえって瑞々しくすっきり軽やかに、チャーミングな甘みが来たかと思えば。
爽やかで清々しい酸味がすーっと。
でもそこからまた、乳酸っぽさとか、みりんのような甘いニュアンスとか、何とも言えない古酒感、滋味のあるニュアンスが味わい深い。

でもこれだけ言っておきたいが決して重くない。
むしろ綺麗でクリアーで爽やか。
これがこの山陰スタイルの、熟成系、お燗酒志向なお酒の凄いところ。
味が全くないくらいのお酒を造って、それを熟成して風味が出てきたところでやっと楽しめる。
そんな設計イメージの贅沢なお酒です。
26BYなんかじゃ全然キレイに飲めちゃうのよ。

これは燗酒好きなら遊べるよねえ。
そもそもリリースから2年寝かせてこれなんだから。
加水したり、ジャバジャバしたり、熱くても冷ましても。

しかしこの漂う滋味、野趣?
それがべたっとエキスで味がするってんじゃなくて醸し出す感じなんだよね。

例えば人肌燗くらいになってきたところで大ぶりなワイングラスに注いでみる。
何とも旨そうな香りが嫌じゃなくさっぱりと。
ビネガーやみりんのような酸味に行きそうでギリギリ行かない酸味。
優しく、ふわっとカラメル感なんかも漂ってカカオに甘やか。
それもくどくなく、恐ろしくソフトに、酸味の爽やかさもありながらすーっと。
すーっとした爽やかさの中に、また優しい絶妙な辛味のアクセント。
湧くというか、ふわっと香るような、エキスっぽくない旨味。

例えば辨天娘なんかと比べても似ているとこもあり、違うとこもある。
しかしまあ旨いですね。
俺だってこれだけしか飲んじゃダメって言われたら嫌で、そら十四代でも新酒でも飲みたいときもあるけれど。
逆にこれが飲みたいときもあるし、それこそ十四代でもマルセルダイスでも何でもいいけど、美味しいという点では同じですね。

そらノーマルタイプとエスパータイプくらいジャンルは違うわけだけど。
お酒というくくりで考えたらもう全くレベルが違う、到達点が違う、どこぞの山本さんとは。

ほんとに山本さんはあれがいいと思って出してるんだろうか。
普段何を飲んでるんだろうか。
腹を割って話したいですね。


いやこれほんと遊べるね。
少し加水してジャバジャバした上でアチアチでつけてみると、またぐっと一段香りがたつ。
ジューシーであり、良いビターさが出たり、謎。

いやーでも旨いね。
滋味とか、独特の古酒系統からくるニュアンスもそうなんだけど。
それは演出の違いで、本質はクリアーにすっと伸びる酸というか乳酸感なんだよね。
酸なんか甘みもあってそれこそ味醂にいきそうで、行かない。
爽やかで綺麗。
そのクリアーなとこから湧きたつような旨いニュアンスというか雰囲気なんてもうそりゃバリモダン。
もう気持ちいもんね。


やっぱ冬にお燗はいいねえ。
いや別に夏でもいいんだけど。
高アルコールで体を温めるのも良しだけど、お燗はまた染み込む良さ。









6 Comments

龍力大好き says...""
日置桜キタ━(゚∀゚)━!
本当に山陰のお酒は数年寝かせたお酒はグットな味わいばかりですね。月山とかもそうですが、ミネラルが少ない軟水が多いので、数年熟成しても所謂辛口にならないとか、寧ろ寝かせた方が好みのお酒に個人的には思います。日置桜また買いに行かないといけないですね。基本的に日置桜なんかは数年熟成とかはウィスキー好きの方が好む味わいですよね。だからこそ、田中屋に置いてたりするのでしょうが。

大分前に天穏記事があり、そこで天穏について触れましたが、私もついに天穏開けました。hy27の酵母無添加純米酒で奥出雲産改良雄町70%削り日本酒度+9色合いは琥珀色ですが、全然辛くもなく寧ろほんのり甘めの香りはすくなく味わいは紅茶とカカオ系の旨味は少なめでしたが、満足に最後までいただけました。単体でも十分な味わいでしたね。勿論お燗も最高でした。お燗にすると酸味も出てきてこれは穴子寿司と合うだろうなと思うほどでしたね。
2018.12.08 09:48 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 龍力大好きさん"

30代に入って改めてこの辺のお酒の素晴らしさに気付きつつあります。
他の地域にはないような独特の味わいの構成は何なんでしょうね~。
古臭いわけじゃなくて、流行りのお酒なんかよりもよっぽどモダン。
このお酒も26BYですがかえって綺麗なくらいで、逆にこれが29BYとかだったら物足りないだろうなと思います。
そこらの大吟なんかよりもよっぽど贅沢なお酒ですよね。
もっと寝かせてもいいし、温度帯も色々楽しめるし、ウイスキーだとか焼酎的な飲み方もできるお酒ですよねえ。

天隠の27BYなんてうらやましい!
僕が先日やったのなんかは今年のもので、あれはあれで良いのですがまだまだ先のあるお酒ですもん。
数年寝かせても濁った味わいが出ず、かといってちゃんと旨いのが容易に想像できます。
せっかくの冬で手を伸ばしやすいので、このあたりのお酒は積極的に買って色々試して遊んでみたいところです!




2018.12.09 03:51 | URL | #- [edit]
甘口酒 says...""
ご無沙汰しております。
最近めっきり日本酒消費量が減ってます(;^_^A
ちょっと前に島根のアンテナショップにフラッと立ち寄った際に
木次酒造さんが来られてていくつか試飲させていただきました。
熟成&度数も19~20%ともはや日本酒か!?って代物でしたけど
案外飲みやすかったのを記憶しています。
お燗で試したかったですが、如何せんアンテナショップでしたので(笑
同時期収穫の同じ酒米でも収穫地で味の出方が違って意図しないものができて、
作ってる側も???になるだとかの裏話もいろいろ聞けて面白かったです。
山陰のお酒ってことで久々にコメント残してみました。
そろそろ正月用に何か仕入れようかな…。
ではまた~(^-^)/
2018.12.10 15:25 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 甘口酒さん"

自分もどうも気分がのしませんね~。
新酒の時期だというのに、新酒にもあまりそそられず……。
甘口酒さんは何を飲まれてますか?

木次酒造さんは全く存じ上げませんでした。
アンテナショップですか~そういったとこで新規発掘も楽しそうですね。
今度探して飲んでみようと思います。
正月はどうしますかね~。


2018.12.12 16:03 | URL | #- [edit]
甘口酒 says...""
最近はほとんど…なので、仙禽の赤とんぼ 秋上がり、篠峯の雄町 純大あたりで時が止まってます(;^_^A
酒屋のサイトは毎日覗いてるんですけどね~。

冷蔵庫に眠っているのがあるので年始年末はその辺を消費しても良いのですが、まつもとの山田錦3年熟成も気になりますし、こちらでの評価も良く秋上がりに近い仙禽 ナチュール ドゥとかを購入してみようかなと考え中です。

どちらにせよ早めに買って冷蔵庫で休ませないと…。
2018.12.13 09:51 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: タイトルなし"

僕が言うのもなんですが、お酒は毎日飲まなきゃいけないものじゃないですからね笑

そういえば澤屋の3年熟成出てましたね。
ナチュールも僕は2しか飲んでませんがおおむねイケるみたいです。
ぼやぼやしてるとすぐにお正月なので仕入れはお早めに!
ここ数日は僕も久しぶりにまとまった数のお酒を仕入れました。

2018.12.14 22:06 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2655-5bba04bb