FC2ブログ

日本酒感想日誌

シャトー・トロロン・モンド1995

  2   0



クリスマスだからというわけではなく、今日はどうしてもパンが食べたくなって。
それでワインです。
サン・テミリオン第一特別級B。





柔らかく甘い。
タンニンが溶けるというと言い過ぎかもしれなくて。
寧ろ少々粉っぽいというかざらつくようなテクスチャなんだけど。
全体に柔らかく、甘やかです。

飲みやすい。
凄みとかスケール、漲るパワーみたいのは感じないけど。
それでも美味いな。
そりゃまあこの辺はうまくないと困るんだけど。

酸味も綺麗に溶けてるし、タバコとかモカっぽいようなニュアンスが甘いとこから浮き上がって生きて良いです。
ちょっと甘苦な感じなんですけどね。
これが特徴的な感じがして、好きですね。

果実味も十分に、チェリーから黒いベリーにプルーンとか。
もちろん甘草とか。
甘いな甘草。
あとこースッと上に昇っていくというか消えていく要素があって。
それはがミンティとかあるいは杉とかまでいかない絶妙具合でそれもいいですね。

いやこれ美味いっす。
甘くて、ビターな旨味もあるけとピュア。
あートリュフか、なるほど。
各ニュアンスも突出しすぎずに調和があって、色々顔を出す。
なんだろうね、スモーキーとか?
甘い煙。

個人的には酸味嫌いなので、もっと酸味無くてもいいくらいだけど。
これはそんなにうるさくなくてちょいちょいかをお出すくらい。
これくらい甘くなってきてくれると、ワインももうちょっと頻度を上げてもいいかなあとは思う。
週イチはちょっとあれだけど、月1か月2くらいで。

おっ、凄い。
開いてくると凄いですね、鳥肌を感じます。
何だろうコレ、甘しょっぱ苦い?
わお。
とろーっと入ってくる、スローなテンポ感。
ややタニックですが、ビロードとか、溶けがいいとかそんな感じ。
少し粉っぽく残るようなタンニンも気持ちがいいんですよね。
ミネラルっぽさもあると思います。
全然味わいの余韻も長いし、全然パワーありますよ。

良いね、ヤバいな。
ワインもはまっちゃいそうだな。
値段が張るということを除けば、満たされる打率はワインのほうが高いのか?
なにせ熟成がきくもんだから、探せば在庫はあるもんな。

ああ、この甘み、とろっとした重み。
ほんとに重いですよ。
そこから立ち上ってくる各種ニュアンス。
キレ感、キレ感感じるもんね。
あとはタバコでもトリュフでもなんでもいいけどそういうちょいビターな中からくる甘みたまらんですね。

ああーいいね。
これ1万5千だったか?
これくらいで手に入るんなら、まあありがたい話。
1万台なら仮に月10本飲んでも10万台だからな~。
3万代とかなるとおいそれとは飲めないけどね~。
いや、これくらいでも十二分に幸せなクリスマス気分を味わえる酒でした。

















2 Comments

安ワインの涙 says...""
ご無沙汰しております。
日誌は度々チェックさせてもらっております。
山城屋とか九平次とか・・・。個人的には正雪にはまっています。
さて、日本酒ブログなのに何故かワイン評論にコメントしてしまいます。
今年は「日誌」様のおかげでいい日本酒もいくつか飲めました。自分的には
澤屋まつもとの 雄町&山田 が恐ろしく良かったです。
トロロンモンドー95'まだタニックでしたか?10年位前に飲みましたが、もう飲み頃かと感じました。
ただサンテ・ミリオンのこのクラスはわからないですね。今開けた方がいいのか、もうちょっと待つか
それが難しい。アンジェリスなんて当たったためしがありません。
僕は年とともにボルドーが重くなってきて、熟成物しか受け付けないようになってしまいました。
なので最近は、ブルゴーニュの熟成物をちょびちょび飲んでます。
クロ・ド・ブージョは飲みたいけど買えません。日誌を読んで気分だけでも味わっています。
ワインも続けて欲しいですが、日本酒の方もよろしくお願いいたします。
2018.12.30 23:48 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 安ワインの涙さん"

もはや日本酒関係よりもワインでコメントをもらえるほうが嬉しいです(笑)

正雪は良いですね~自分は最近しっかり飲んではいないのですが、いまだにお気に入りですよ。
杜氏さんが変わっても悪い話は聞かないですしね。

澤屋の雄町山田は良い話しか聞かないので、逆に凄かったんだな~と思います。
僕はやたら飲んでるのであれなのですが、そこまでファンじゃない人が飲んで気に入ってくださるケースが多かったですね。
2018年の傑作のひとつだったともいます。

トロロンモンドはタニックというより、タンニンの舌触りの加減の問題ですね。
ビロードというほどの驚くべき滑らかさはではないですが。一方で素晴らしいタンニンの甘さでした。
全く文句ないワインでしたね。
今開けても問題があるということはないですし、逆にまだ数年ならいけるかなという感じでした。


まーワインは難しいですね。
僕はボルドーでもブルでも若いのは酸味が苦手なので、ある程度の熟成ものが欲しいのですが。
今となっては80年代なんてまともな価格じゃ手に入らないですからね~。
ボルドーで90年代、ブルなら00年代で良さそうなのを拾っていくしかないですよ。
今から10年後に向けて寝かせるほど気が長くもないので(笑)
僕もことしはブルの良さに目覚めていたので鵜すが、冬はこってりボルドーな気分になっています。


あくまで日本酒メインなのは今後もける予定がないので大丈夫ですよ!
ワインも月に2本くらいはやりたいなーと思っていますがお金が(笑
来年もロしくお願いします!!







2018.12.31 00:36 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2677-c1fb1a51