FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1105】羽根屋 純米大吟醸 スパークリング

  0   0


クリスマスなので、最初の1杯はシャンパン風に。
羽根屋のスパークリング、ちょっとSP。
正直言って羽根屋はあんまり好きではなくて、それも最近興味のないスパークリングなんて。
頒布会経由です、まあこういう手の出さないとこを飲ませてもらえるのも頒布会のだいご味。
無濾過生ver.というのが特別みたいです。

ちょっとおっ?と思ったのは、原材料名に炭酸ガスと記載があります。
つまり活性にごりや瓶内二次発酵方式じゃなくて、炭酸ガス注入方式ということなのでしょうか。
たしかに度数も16度ありますね。
なんちゃってスパークリングよりも逆に味にこだわって、日本酒らしさにこだわってこの方式なら結構期待できるかもしれません。

磨きは50、その他は不明、王冠です。
あってよかった栓抜き。





ワイングラスでと書いてあるんですが、とりあえず筒杯で。
どうでしょう?


ううーん?
カプなんですが、香りはまあまあかな。
隠しようもないあっち系のニュアンスがありますが、べったりではなくてちょっとフラワリーなイメージ。

含むとどうでしょう。
好き嫌いはともかく、ふわっとフェミニンな香りが舞うさまは良い感じ。
ガスは強いのと、やっぱちょっと違うなと思うのは強さ粗さ?
どっちかってとビールや酎ハイですよね。

味わいは甘すぎずにふわっと甘さを漂わせるんだけど。
砂のようなビターさがでます。
狙ってんのか狙ってないのかワカラン。

フィニッシュはOK。
スッと消えるし、度数重さを感じさせない。
好きか嫌いかはともかく、優しくふわっとニュアンスも残ります。
なんかちょっと人工甘味料みたいな味がするのは嫌だけど。

こういうジャンルにあまり興味なく飲んでるんであれこれ言うのは野暮ですね。
味わいは好ましいとは申しませんが、香りなんかの出方とかは、狙ってうまく表現できてるとも思います。
好きな人もいるだろうなという感じ。
というか日本酒を飲んでなくて、安酒飲んでる女の子に飲ませたら喜びそう。









Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2678-49ea312a