FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1111】篠峯 櫛羅 純米 にごりさけ 30BY

  2   0


いつも高いお酒も平気で飲んでいるので正月だからどうこうということはない。
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

流れで風の森お奈良限定対決。
奈良限定で出してた櫛羅純米のにごりです。
滓の量はそれほど多くなくて、うすにごりとおりがらみの中間くらいかな?







まあまあ良いバランス。
櫛羅としてはまだ若くいささか味気ない気もするが、まあ平常運転といえば平常運転。
穏やかなラムネっぽい香なんかはまたちょっとイマドキっぽい表情かも。

味わいのほうのほうも仄かにメロン系の甘みだったり、滓のコク感、バナナっぽさなんかも出る中で。
程々のガス感、うっすらとした酸味のノビ、ややビターもありつつ、シュパッとしたキレ。
いや、ラストはむしろゴリっとミネラルっぽいキレのニュアンスも出つつ。
すっと軽く消えていく感じ、全体に味の主張の重さと軽さのバランス、良い演出が効いてます。

華やか系を求めるならお門違いだし、篠峯としてもいかにも若い時期のシュパッと系ではありますが。
仕上がりはさすがだなあと思います。
狙ったわけではないですが、お正月のごちそうにはいい感じだと思いますね。

かなり近しいところもありつつ。
甲乙つけるなら風の森のほうかなあー。

2日目。
まあまあまあ。
すっごい細かいところの質感はさすがなのかなあ。
柑橘感、ふわっと軽いようでおりの味がプラスされてて、切れはミネラリー。

なるほどねえ。
第一世代のモダンバージョンなのか?
そういうことか。
キレ感とか。
このキレ感がきちっと出るならガスは不要と思うのだけど、製法蔵癖的にしゃーなく出ちゃうとかなのかな?
別に糖残ってるわけでもないしなあ。
なるほどねえ。
しっとり、軽くありつつ、この酸は確かに。
問題は俺がさほど酸を重視してなくてむしろ不要なこと。
余韻なんかは義侠と同じ系統ではある。
ふーん、なるほどなるほど。















2 Comments

甘口酒 says...""
あけましておめでとうございます。
本年もお酒購入の道標にさせていただきます(^^♪
年末は
大信州 純米大吟醸スパークリング@30BY
幻舞 大吟醸 【Premium】@29BY(自宅冷蔵庫で1年放置)
の2本でした。
両方とも美味しくいただけました。
まだ26BYの赤とんぼが放置されていますが、完全に飲む機会を失ってます(笑

今年も肝臓をいたわりながら楽しい酒生活を送ってくださいね(^^)
本年もよろしくお願いいたします(__)
2019.01.07 07:13 | URL | #- [edit]
日誌係 says..."Re: 甘口酒さん"

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いします。

なかなかおめでたい感じのチョイスですね~。
幻舞のハイクラスの熟成なんて気になります。
赤とんぼは生だと思うので流石にそろそろやらないとどうなってるやら(笑


随分と好みが変わってきているので皆さんのご期待に沿えるかはわかりませんが今年もマイペースでやっていきます。
こちらこそよろしくお願いします!


2019.01.08 23:34 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2692-c63cab1a