FC2ブログ

日本酒感想日誌

【1113】澤屋まつもと Saido 雫酒 2017

  0   0


はい、まいどまいど。
ストックもいっぱいあるので開けてきます。
相変わらずスペックとか不明ですが、味も本数飲んでるだけによーくわかってるので澤屋のなかで美味いと思えるかそれだけです。
まあ大体好きだし。

今日は最近のリリースの中で、高いものを選んでみました。
特A地区上東条西戸です。
古家も出てました。
そっちもあるけど飲み比べるより、時間あけて別な銘柄と並べて飲んだほうが楽しいよね。







こう来るか!
うすうす予想していたのですが、雫酒ということで、ガス感ほぼ無し。
それが寝かせずにリリースのタイミングでやった理由でもあります。

そして含んだ瞬間に香る。
カプ酒はもちろん、その辺の大吟醸と比べれば別に香るって程でもないんだけど。
いつものラムネじゃなくて、メロンあるいはマスカットっぽい香が、ミネラル系の辛い雰囲気とともに鋭く立ち上る。
少し青く瓜っぽいというか澤屋かというか。

しかしほんとガス感ないね。
その分とろっとしたテクスチャを感じます。
やや蜜っぽく甘みもありつつ、酸味、香り、心なしかいつもよりジューシー、いつもより味があるイメージ。
それでも愛山とかうるとらほどではなく、品よくまとまっています。
いつも通り微かにほろ苦く、スパッとしたミネラル香を伴ったキレ。
余韻も十二分に長いし、何とも言えないうっすらフルーツグミのような香味が残って素晴らしい。

流石っすね。
明らかに素晴らしい。
やはり僕の嗜好では五指に入る造りてですね。
大体外さないし、こういう新しいのも見せてくれるんだなーと。

これ凄いのかもね。
蕩けるような甘み、ジューシーさもありつつ。
この一年くらい僕が言ってるキレのズバッと感。
このバランス最の高。

やや大吟醸的に(純米大吟醸的ではなく、イメージとして)キレあがるような香り。
ミックスフルーツ的に、その中にミルキーさも微かにあって。
そこにスッとした名刀を思わせるような美しい流れ。
物足りなくない程度にチャーミングさもありつつ、冬の空気のような凛とした感じ。
まあエネルギー感といえばそうですし、張り詰めたような空気感ですよね。
キリリと身が引き締まる。

このボトルに関して言えば、やっぱり特筆すべきはバランスで。
例えば義侠にしろ龍力にしろ松の司にしろ喜久酔にしろ構成要素として似てるんですよね。
同じズバッと来るにしても、もっと硬さを感じたりとか、パワフルさとか、あるいは時が止まることにおいては上のお酒もあるけど。
その辺の中でもゴクゴク行きやすいってとこでしょうか。
世に広く問える満足感もあって、かつ張り詰めていても気軽に飲める要素もある。
カラフルで、つるっともしていて、こういうのでありがちなのは味が出すぎてブヨつくんだけど。
引き締め、空気感。

いつもと違うけど傑作ボトル。
相変わらず、えぐいなあ。
絶対手元にあって後悔しないし、買い増したくなっちゃうんだよな。
もう買わないって決めたのに。
何本持ってんだよ。
高いのとどこまで引っ張れるかってとこはあります。
これだといつもの澤屋よりは短命そうなんだけど、まあ普通の大吟ってくらいか。
味わいもよーくできたこの時期の高級酒的ですよね。
あた26BYを今まで引っ張ったものとはまた違います。


メローだなあ。
ミルキー感、微ナッツ、マスカット、蜜、ダージリン。
甘みをまた酸が膨らませるようなとこもあって。
だんだんそこのボリュームが上がってくるんですよ。
意外と十四代っぽいなあ、コレ。
つーかかなり似てねえ?
あそこまでの濃さはないけど、例えば2日目の十四代とか、かなり近しいとこあり。
あとは澤屋っぽさ、ミネラル香のばっと強く舞う感じ、キレへの流れと、余韻の圧倒的な長さ。
その辺のバランスは知らんけど。

そういや七垂のこってたな。
まあもうだいぶ変質してるから純粋には比べられないんだけど。
並べて飲んでみてもやっぱ似てるとこあるよね。
かなり似てますよ、このボトルに関しては。
意外と而今とかも意識してんのかもしんない、軽く上行っちゃってますが。
この辺はそれこそ松の司の愛山21とか、あるいはそりゃ而今の大吟醸でもいいんですが、そんな贅沢な飲み比べしないとわからんけど。
まあとにかく美味しかったです。
もう正月も終わりだけど、正月に親戚の集まりとかに1000パーセントの自信をもって持っていける高級酒。
これがダメとかいわれたら来年から酒はもっていかないでおk。
パーフェクト。
而今の大吟とかだって今飲めばこう感じるのかもしれないけど。
普段の削いだ世界観とは違うんだけど、まあちょっと本気だせばこれくらい造れるんだよってことでしょうね。



2日目。
初日のほうが良い。
以上。



















Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://osakasj.blog.fc2.com/tb.php/2696-2fef74a5